ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:6万

アプリを出すときはOS対応を広くした方がいい

 

こないだ知り合いっていうか、ツイッターで見かけた方がいたんですよ。初めてアプリを出したって方が。

僕の初めてのアプリっていうのは、「来世占い」っていう、もうクソを通り越して下水に流れてるようなアプリだったんで、興味を持ちダウンロードしてみようと思ったわけです。この方の処女作はどんな感じなんだろうかと。

 

そしたら、僕のiPhoneのOSが古いせいでダウンロード出来なかったんですよね。

なんでもiOS10.2だか、その辺じゃないとダウンロード出来ないって表示されちゃいました。

 

いやこれ、多分初めてゆえの凡ミスだと思うんですよ。僕もやったことがあるんですけど、リリースするときの対応バージョンを最新のものだけにしてしまうっていう、ケアレスミス。

 

確かなんですけど、Xcodeだと初期設定がそうなってるんですよね。自分で変えない限り、幅広い対応にならなかった気がします。

んで、確か僕はiOS8から使えるように、いつもやってたはずですよ。

 

やってたはずっていうのは、今はUnityだからです。Unityだと、初期設定がiOS7なんですよ。

 

f:id:gevvoihorry:20170412181827p:plain

 

ここここ。このターゲットミニマムどーしましたってやつですね。

ここの数字が高いものになってると、ダウンロード出来ない人がいるんで、気を付けた方がいいでしょう。

 

僕もそうなんですけど、OSのバージョンを上げてない人って結構いるんですよ。

そういう人にアプリが届かないのはもったいない。

 

ツイッターでリプライ飛ばす勇気がなかったんで、ここに書いてみました。

 

気を付けた方がいいですよーw

アブラカタブラの難所を超えてきました

 

アブラカタブラってゲームを作ってるんですが、やっとプログラミングの難所を超えた気がします。

「油田採掘ゲーム アブラカタブラ」を作ります - ホーリーのプログラミング日記

 

自分の中の難所っていうのは、以下の3点でした。

 

① ライフ制の導入

② みんなのゴルフ風のインパクトゲージ

③ カードガチャシステム

 

ライフ制の導入

これは石油を掘るゲームなんですが、毎日少しずつ掘ってもらいたいので、ライフ制を導入しようと思いました。

一回プレイするごとにライフを1個消費して、そのライフは時間が経たないと回復しないってシステムです。

僕がやってるゲームだと「ツムツム」とかそうですね。アプリゲームには多いライフ制ですが、これを作りたかったんです。

 

色々とやってみた結果、なんかそれっぽいのが出来ました。

 

 

動かしてみてる感じだと、問題ないですね。恥ずかしいんですが、一応コードを貼っておきましょうw

 

【追記 2017.04.27】

ごめんなさい。下記のコードなんですが、これ盛大に間違ってましたw

その後に別のやり方で実装したので、詳しくはこの記事をご覧ください。

【Unity】バックグラウンドでも時間の経過を取得する方法 - ホーリーのプログラミング日記

 

using UnityEngine;
using System.Collections;
using System;

public class TimeManager2 : MonoBehaviour {

    int life;

    int addFlg = 0;

    DateTime startTime;
    DateTime nowTime;

    double seconddiff = 0;

    double minute = 0;
    double second = 0;
    double num = 5;


    // Use this for initialization
    void Start () {
        life = PlayerPrefs.GetInt ("LIFE");
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {

        if (life >= 0 && life < 5 && addFlg ==0) { //ライフがない状態
            startTime = DateTime.Now;
            addFlg = 1;

        }

        if(addFlg == 1){
            nowTime = DateTime.Now;

            seconddiff = (nowTime - startTime).TotalSeconds;
            seconddiff = Math.Floor(seconddiff);

            minute = Math.Floor((num - seconddiff)/60);
            second = Math.Floor((num - seconddiff)%60);
        }

        if (seconddiff >= num && life >= 0 && life < 5 && addFlg == 1) {
            life++;
            PlayerPrefs.SetInt ("LIFE",life);
            addFlg = 0;
        }

    }
        
}

 

みんなのゴルフ風のインパクトゲージ

みんゴル風のインパクトゲージを導入したかったんですよ。石油を掘ってると岩が出てくるんですが、そのときにこのゲージが出てきます。

んで、上手くインパクト出来ると、岩が壊れて、コインを獲得出来るってシステムです。

これはこのゲームで唯一技術介入があるポイントですね。湘南辻堂地区において、みんゴルの腕前がベスト20に入る僕だけに、このシステムも、どうしても導入したかった。

 

えー、結果はこんな感じ。

 

 

現状、自分でもジャストインパクト出来ないんですが、まあいいでしょう。

デザインを整えれば、いい感じになると楽観視していますw

 

カードガチャシステム

実はこれを実装するのが一番手間取りました。ガチャなんですけど、カードを引いていくんですよ。例えば1000コインで一回引けるんですが、引いてハズレの場合、次回はそのカードがオープンになってるって仕組みです。

下の動画を見ていただければ、なんとなく分かっていただけるかと。

 

 

9枚あるんで、9回引けば、必ず当たります。

ここで「動画を見るともう一回引ける」みたいなことにしたいんですよね。お金ほしいんでw

 

最後に

えー、こんな感じで、アブラカタブラの難所を超えた気がします。プログラミングの。

 

ただ、ここからが難しい。なんせあれですからね。

 

イラストが待ってますから

 

大嫌いなお絵かきの時間がやってくるわけですよ。ここからは。

いやー、憂鬱だわ。マジで。

 

四苦八苦した結果、現状はこんな感じになっています。

 

f:id:gevvoihorry:20170412180043p:plain

 

ああ、憂鬱だわ。。 

 

P.S.

ツイッターに貼ってある動画なんですが、どれも直撮りしてるだけあって、見にくいですね。しかもカメラ構えてる自分も映ってるし。

お恥ずかしい限りなんですが、凝視されなくていいかなと思っていますw

「いらすとや」さんのイラストはアプリに使えるのか

 

みんな大好き、フリー素材の「いらすとや」さんですが、もちろんこれアプリにも使えます。

かわいいフリー素材集 いらすとや

 

どうでもいい話なんですけど、僕が一番好きなイラストはこれなんですよ。

 

f:id:gevvoihorry:20170409161342p:plain

 

サイト内を「成金」で検索すると出てくるこれが、大好きなんです。いずれ何かのゲームで使おうと思っています。なんなら主人公でw

 

えー、それで「いらすとや」さんなんですが、よくある質問に、アプリ使用のことが書いてあるんですよ。

 

スマートフォン用のアプリに利用できますか?

問題ありません。ただし広告を掲載しているものや課金システムが導入されているものについては商用利用となりますので点数制限があります。

また「課金をすることでイラストやキャラクターが手に入る」といった形ではご利用できません。

 

「点数制限」っていうのは、以下のことですね。商用利用の場合は20点までしか使ってはいけないみたいです。それでも十分ですけどね。さすが太っ腹のいらすとやさんですよ。

 

イラストは何点でも利用出来ますか?

非商用目的の場合、点数に関係なく無料でご利用いただけます。

商用目的の場合、一つの作成物の中に20点までは無料でご利用いただけます。それ以上の点数をご希望される場合、有償で対応させていただきます。尚、重複したイラストや、ひらがな・カタカナ・国旗・単純な色違いでセットになったイラストなどについては、複数回使われてもまとめて1点として数えていただいて構いません。

 

また、イラストの一部を加工することも、ほぼほぼ認めているみたいです。ほぼほぼっていうのは、下品な加工はお断りってことです。以下の通りなんですが。

 

イラストの一部を加工して使うことはできますか?

問題ありません。ただし、過激な表現やグロテスクな表現、法的に問題のある表現など、素材の印象を著しく損なうようなことはやめてください。また、いらすとやのものと分からなくするための加工もご遠慮ください。

加工・トレースをしても素材部分の著作権は作者に帰属しますので規約に沿ったご利用をお願いいたします。

 

そしてそして、、、

 

取材はお断り

 

いらすとやさんは取材お断りなのでご注意くださいw

 

取材できますか?

苦手なのでお断りをしております。本当に申し訳ありません。 

 

アプリに使えるフリー素材って沢山ありますけど、やっぱいらすとやさんも王道ですよね。作風によっては、俄然使用させていただくのもありだと思います。

 

とりあえず僕は成金野郎で一本出しますよ。

【Unity】DropDown内にあるitem Labelのサイズを変更する方法

 

前にUnityのDropDownについて書いたんですけど、これちょっと間違いがありました。

UnityのDropDown(ドロップダウン)で値を取得出来るようになりました - ホーリーのプログラミング日記

 

この記事の最初に書いた「文字がぼやける」ってやつ。これDropDown内にあるitem Labelのサイズを変えればいいことに気が付きました。

 

f:id:gevvoihorry:20170409054015p:plain

 

このブルーになってるところですね。ここのフォントサイズを大きくすれば大丈夫です。

ただ、単純に大きくすると、文字を表示するための幅が確保されていないので、表示されません。

それはitemのheightを変更すればOK。

 

他にも上下の余白をContentで設定するとか、Scrollbarのwidthもあわせて広げたほうが自然になるとかあったんですが、まあこんな感じで対応することが出来ました。

SSL化の波が来てるで

 

サイトのSSL化って言葉を、最近よく目にします。これグーグルさんも推してるんですよね。てか近い将来義務になるとかなんとか。

アメリカ政府が義務化?! Googleも推進する常時SSL化の波 | 常時SSL Lab. by Zenlogicのファーストサーバ株式会社

 

自分事で言えばビルメンネットをSSL化しようと思ってるんですけど、これが結構面倒に感じています。

そもそも、サーバー自体を変えようと思ってるんですよ。エックスサーバーに。

今使ってるサーバーは、知り合いが契約してくれたところなんですけど、正直エックスサーバーの方がいいので、変えようとしています。

(最初にビルメンネットを作ったときは、自分が無知だったので、知り合いがいつも使ってるサーバーを用意してくれたんです)

 

しかしこうなるとあれですよ。サーバー移行しーの、SSL化しーのなんで、ちょっと手間なんですよね。

てか全くの初体験なんで、怖いって気持ちが先行していますw

 

でもこれやらなきゃいけないんでしょうね。SSL化は早めにやった方がいいと感じています。

 

とりあえず年内にはやろうかな。

 

多分。

 

P.S.

WordPressの記事なんで、自分がやろうとしてることとは微妙に違うんでしょうが、この記事は参考になると思いました。

WordpressをhttpからhttpsにSSL化した全手順まとめ(エックスサーバー環境)

2017年3月のアプリ収益

 

毎月恒例の収益報告をしたいと思います。

 

さあ、先月の収益はこれだ!!

 

29404円

 

相変わらずの変動なしです。この収益報告を書き始めてから、全然変わらない気がしてなりませんw

 

最近はNendを完全にやめているので、これ全部AdMobですね。

ただ、これから作るアプリに関しては、UnityAds(動画広告)を入れていきたいと思っています。動画熱いらしいですしね。

 

☆☆☆

 

アプリを作り始めて約一年。おかげさまで今日までの総ダウンロード数が4万を超えていました。

 

 

ただ、収益といいダウンロード数といい、超低空飛行なんで、面白くないんですよね。

今年は時間を取って、バンバン作っていきたいと思います。

「油田採掘ゲーム アブラカタブラ」を作ります

 

サウジアラビアでアプリを出すのが熱いってツイートしたら、知り合いからゲームのアイディアをもらったので、近日中に作り始めようと思いました。

 

 

とにかく言いたい。

 

なきにしもアラブ

 

この言葉がツボにハマったので、制作を決めましたw

 

☆☆☆

 

ザックリなんですけど、今の草案はこんな感じ。

 

① 一攫千金、国王になることを夢見る少年が自宅の庭から石油を出すゲーム。

② 毎日穴を掘っていく。

③ ライフ制にして、何回も掘れないことにする。

④ 基本は連打。10回くらい連打すると岩にぶつかる。

⑤ 岩にぶつかるとみんなのゴルフみたいなゲージが出る。ジャストの場所でゲージを止めれると岩を破壊出来る。

⑥ 岩からはコインが出てくることもあるし、ゴミやモグラが出てくることがある。

⑦ コインを貯めると、アイテムが買える。初期装備はスコップ。最終的には大型重機まで買える設定。

⑧ 200プレイくらいで全クリ出来るように設定する。

 

みんゴルのゲージさえ実装出来れば、あとはそんなに難しくないと思うんですよ。

ライフ制のゲームも作ったことはないんですけど、この記事を参考にさせていただく限り、そんなに難しくないかと。

アプリ内とアプリ外、2つの経過時間について - テラシュールブログ

 

そんなわけで、「油田採掘ゲーム アブラカタブラ」を作ろうと思います。

「命の時間」の次はこれですね。

 

P.S.

ちなみにサウジアラビアからのダウンロード数は、いまだにゼロです。。

ゲームを出すのならサウジアラビアが熱いらしい - ホーリーのプログラミング日記