読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。

初心者がゲームアプリを作るのなら最低限これだけ勉強すればOK

プログラミング入門

 

 

 

プログラミング初心者なんだけど、僕と同じくらいのポンコツゲームを作りたいって人に向けた記事です。ちなみに今日まで作ったポンコツゲームは以下の通り。

Taro Horiguchiの App を App Store で

俺はもっとクオリティの高いものが作りたいんだよ!!って人は、ここで読むのをやめてください。そのポンコツアプリ最高です!!痺れる、憧れるぅうう!!って人は、ここから刮目してくださいね。

 

ちなみに自分がiPhoneアプリをリリースするまでの記事は前に書いたことがあるんですけど、今回のはゲームに照準を合わせてガンガン端折ってます。

プログラミング初心者が1ヶ月でiPhoneアプリをリリースする方法 - ホーリーのプログラミング日記

マジで最低限これだけはってことを書いていきますね。でも大丈夫、これやるだけでもそれなりのものは出来ますよ。

 

まずはXcodeの使い方を覚えよう

あ、そうそう。ここまで書き忘れてましたけど、ゲームアプリっていうのはiPhoneのゲームアプリですからね。Androidのそれが作りたい人は、どうぞ別のブログを参考にしてください。僕はサッパリ分からないんですよw

さて、んでiPhoneアプリと言えばまずはXcode。このXcodeっていうやつを使ってアプリを作ります。

その使い方なんですが、それはこの動画サイトを見てください。ドットインストールですね。

iPhoneアプリ開発入門 (全13回) - プログラミングならドットインストール

これ以外の動画は有料会員じゃないと見れないと思うんですが、そこはOK。このiPhoneアプリ開発入門て回だけで十分ですよ。

 

変数、if文、ループ文を覚えよう

iPhoneアプリはSwiftっていうプログラミング言語で作るんですが、それを学ぶためにも、まずは書籍を1冊買いましょう。おすすめはこれです。

 

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 増補改訂第4版【Swift 2 & iOS 9】完全対応

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門 増補改訂第4版【Swift 2 & iOS 9】完全対応

 

 

この本がいいですね。ど素人にも読みやすいですよ。

んで、注意してほしいのは本に書いてる内容を全部理解しなくてもいいってことです。

 

クラスとかインスタンス、メソッドにプロパティなんて言葉が出てきますが、これは理解しなくても大丈夫です。そんなものもあるんだなって感じで抑えておきましょう。

 

え?マジでいいの?大丈夫?なんて不安になる方に言っておきます。

 

これ僕も知りません

 

プロパティとかマジで助っ人外人の名前くらいにしか思ってないんで、これは理解しなくても大丈夫ですよ。

 

んで、最低限理解しておきたいのが、変数、if文、ループ文ですね。これ3つ覚えておけば、あとはなんとかなります。

(つまりこの本は3割くらい読めば十分ってことですね)

 

iPhoneのゲームアプリを作ろうって本を買う

上記の3つを最低限理解したら、次はiPhoneのゲームアプリを作ろうって本を買いましょう。

 

iPhoneのゲームアプリをつくろう!

iPhoneのゲームアプリをつくろう!

 

 

なんか本を買わせてばっかりなんですが、これで終わりです。上記の絶対に〜ってやつとこれだけ。2冊ですね。

この本はゲームの初心者向けの本なんですけど、これを読めば簡単なゲームがいくつか作れるようになります。んでそれを自分なりにアレンジするときに必要なのが、変数、if文、ループ文の知識なんですよ。

この本に書いてるコードをパクりつつ、それを自分なりアレンジしてみましょう。

 

画像の移動とタップしたときのアクションが基本

ゲームの基本は、画像の移動とタップしたときのアクションだと思います。

例えば敵キャラが向こうからやってくるっていうのは、これ画像の移動です。んで、タップすると攻撃するってやれば、なんかゲームっぽいですよね。てかそんなゲームあるでしょう。

上記の本を読めばその辺も分かるから大丈夫です。とにかく画面上で画像を動かして、あとはアップでアクションさせる。これをすればゲームになります。

 

Appleにアプリを申請しよう

さて、ここまでやれば、あなたの手元にはオリジナルのゲームがありますね。そしたらそれをAppleさんに提出しましょう。提出後に審査があって、それを通れば無事リリースされます。

んで、その提出の仕方だったりが非常に面倒くさいんです。最初にデベロッパー登録っていうのをしなくちゃいけないんですけど、これがやっかいなんですよ。

僕は絶対挫折しない〜って本を見て、その辺をこなしました。でも気を付けてください。僕は見たのはひとつ前のバージョンなんですよ。Swift2.0に対応した最新版じゃなくて、その前の本を見ました。これですね。

 

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【Swift & iOS8.1以降 完全対応】

 

 

最新版を読んだわけじゃないんで保証することは出来ませんけど、多分書いてるはずです。なにか書籍とかサイトを見ずに、自力でやろうとするとかなり難しいです。最後の難関なので、ここは気を付けてください。

 

最後に

えー、今回書いたことをまとめると、こんな流れになりますね。

Xcodeの使い方を覚える→変数、if文、ループ文を覚える→ゲームの本を見てパクる→Appleに提出

この通りにやれば早くて一週間から10日くらいでアプリをリリースすることが出来ると思います。マジの初心者でゲームを作りたいって人は参考にしてみてください。