読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。

Swiftでスワイプを実装する方法(Spritekitでやってみた)

プログラミング入門

 

iPhoneアプリを作り始めて半年くらいになるんですけど、今さらながらスワイプを実装してみました。指でシュッシュ画面をなぞると、横に遷移していくやつですね。

 

 

そんなスワイプの実装方法を、自分への備忘録もかねて書いてみます。

ちなみに僕はSpriteKitで実装しました。なので普通のシングルビューアプリケーションとかだと、どうやるのか分かりません。

まあやることは簡単ですけどね。指が触れたところと、指が離れたところの座標を取得して、それを引き算、んでプラスかマイナスかで、どっちの方向にスワイプされたか判定すればいいわけです。

 

僕が書いたコードはこんな感じ

僕が書いたコードはこんな感じです。

 

var beganPos:CGPoint!

 

〜省略〜

 

override func touchesBegan(touches: Set<UITouch>, withEvent event: UIEvent?){

    for touch:AnyObject in touches{

        let location = touch.locationInNode(self)

        beganPos = touch.locationInNode(self)

        let touchNode = self.nodeAtPoint(location)

        

    }

}

 

override func touchesEnded(touches: Set<UITouch>, withEvent event: UIEvent?){

    for touch:AnyObject in touches{

        let location = touch.locationInNode(self)

        let endedPos:CGPoint = touch.locationInNode(self)

        let _ = self.nodeAtPoint(location)

        

        

        let testPos = beganPos.x - endedPos.x

        if(testPos > 0){

            

            let swipeL = SKTransition.pushWithDirection(SKTransitionDirection.Left, duration: 0.3)

            let skView = self.view! as SKView

            let scene = StudyScene(size: self.size)

            scene.scaleMode = SKSceneScaleMode.AspectFill

            skView.presentScene(scene , transition: swipeL)

            

        }else if(testPos < 0){

            

            let swipeR = SKTransition.pushWithDirection(SKTransitionDirection.Right, duration: 0.3)

            let skView = self.view! as SKView

            let scene = StudyScene(size: self.size)

            scene.scaleMode = SKSceneScaleMode.AspectFill

            skView.presentScene(scene , transition: swipeR)

            

        }

    }

}

 

touchesBeganが指が触れたところ、touchesEndedが指が離れたところですね。これらの詳しい意味は分かってませんが、SpriteKitに最初からあるやつなので、活用しています。

んで、まず最初にbeganPosを宣言しておいて、そこに触ったところの座標を代入。その後の指が離れたときに、endedPosを宣言して、離れた座標を代入します。

あとはそれぞれを引き算するだけですね。公開するのも恥ずかしいくらい簡単なコードなので、多分見ればすぐに分かるかと思います。

 

トランジションを使って画面遷移

上記のコードで、どっちからどっちに向かってスワイプしたのかが分かるので、今度はその方向に合わせて画面遷移すればOKです。

普通にパッと切り替わる遷移方法だと、スワイプ感が出ないので、スライドするように移り変わればいいわけです。

僕はそのためにSKTransitionってやつを使いました。詳しくはこういうサイトに書いてあるんで、自分で色々と見てください。ようは画面遷移時のアニメーションですね。

[iOS 7] Sprite Kit の画面遷移アニメーションまとめ | Developers.IO

 

最後に

一度やれば非常に簡単、だけど今日までやることがなかったスワイプは、こんな感じに実装しました。

以上、Swiftでスワイプを実装する方法(Spritekitでやってみた)、の話でした。