ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:6万

得るものがない人と酒を飲むのは無駄である

 

酒を飲むのがメチャクチャに好きで、独身だった22歳くらいまでは、毎月30万円以上を酒代として使ってました。

結婚してからは、さすがにそんなに使うことはなくなったんですが、それでも酒が大好きなことに変わりはありません。

毎日飲むのはもちろん、具合が悪い日でもせっせと飲んでます。

 

んで、ただ最近思うんですよ。

 

得るものがない人と酒を飲むのは無駄じゃないかって

 

週に1度くらい他人と酒を飲むことがあるんですけど、結構翌日に後悔することが多いんですよね。あれはマジで無駄な時間だったって。

 

やりたいことがない人はつまらない

誰かの愚痴を言うような相手とは、そもそも飲みに行くことがないんですけど、さらに言えば、やりたいことがない人とも、飲みに行く意味がないですね。最近そう思うようになりました。

だってやりたいことがない人ってつまんないんですもん。さらに言えば、そういう状態だから、今の自分に効果的なアドバイスをくれることもないし、逆にこっちのアドバイスが相手に届くこともありません。

ようは深い話が出来ないんですよね。やりたいことのない人とは深い話が出来ないので、つまらないんです。

 

しょうもない人と飲む時間は自分のために使おう

しょうもない人と酒を飲むくらいなら、その時間を自分のために使いましょう。僕は最近、本当にそう思うようになりました。

愚痴を言う人は論外。やりたいことのない人と飲んでもしょうがありません。

有意義な時間を過ごせないようなら、飲んでもしょうがないし、そもそも会ってもしょうがないんですよね。

 

最後に

そんなわけで、人と酒を飲むことがますます減りそうな今日この頃です。

一緒に飲んで有意義な人も何人かいるんですけど、そういう人は結構忙しいんで、そんなに飲みに行けないんですよね。本当は毎日のように一緒に飲みたいんですけど。

 

酒を飲むのはとってもいいことなんですが、飲む相手には気を付けていこうと思いました。得るものがない人と酒を飲むのは無駄ですからね。