ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:10万

マズイ中華屋を見分ける唯一の方法

 

知らない街を歩いてて、結構きわどい中華屋に入るときってありませんか?

仕事で訪れた知らない街で、これまた所見の中華屋に入るときって緊張するんですよね。

ボロい外観、漫画が無造作に置かれた店内、それでも期待して注文するんですが、まあ基本的にはあれですよ。

 

思いっきりマズイのね

 

まあ外れることがほとんどでしょう。

 

ここ10年でこちらの期待値を大幅に超えてきてくれたのは、高井戸にある「ほづみ亭」以外ありません。この店のマスターはマジで神です。

んで牛乳味噌ラーメンが美味すぎる。僕は美味すぎて2杯食べたことがありますよ。そのくらいの名店です。

ラーメン ほづみ亭(高井戸/ラーメン) - Retty

 

さて、それでは本題に入りましょう。マズイ中華屋を見分ける唯一の方法、それは麺の重さを見ることです

なんでだか不味い店のラーメンて、麺が重くないですか。箸で持ち上げようとすると、麺が全然ほぐれてないんですよね。だからめっちゃ重いです。

 

いやいやいや、百歩譲ってマズイのは良しとしましょう。一生懸命頑張って作ったけど、万人受けするラーメンではなかったと。百人受けか十人受けがやっとのラーメンしか出来なかったことにしましょう。

 

でもだ、

 

麺がほぐれてないことは分かるだろ

 

これを良しとする神経が理解できん。

 

ラーメンを注文して麺が重い中華屋は、その時点でマズイと思ったほうがいいでしょう。

この見分け方、店に入る前に適応出来ないのがツライところです。