ホーリーのプログラミング日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:45000

【Unity5の教科書】Unity初心者に最適な入門書はこれである

 

Androidでもアプリを出したくなって、Unityの勉強を始めました。

実は前にもAndroidに手を出そうとしたことはあるんですけど、早々に挫折してしまったんですよね。そのときはcocos2d-xだったんですけど、ヘッダーファイルと実装ファイルを分ける書き方だったり、そもそもAndroidシュミレーターのビルドが遅すぎるって理由で、さっさと辞めた次第です。

 

んで、そのときはUnityイコール3Dゲームなイメージがあったんですけど、実は2Dも出来ると気付きまして、さらに言うと、どうやら時代はUnityに向いてるんじゃないかと思ったんです。

テックアカデミーのサイトを見たんですけど、Unityコースっていうのがあるんですよ。Cocos2d-xはないのに。

こういう大手のスクールで採用されるってことは、Unityは信頼できるゲームエンジンなんでしょう。多分きっと。

TechAcademy [テックアカデミー]

 

えー、ついでに言うとこんな記事も見つけています。

UnityとCocos2d-xを比較 開発環境で割と本気で悩んだ話 | Taiyo Project

 

む、これは来てる。

 

Unityの時代が来てるぞー

 

ってことで、このたびUnityを始めました。

 

最初に選んだ入門書

最初に選んだ入門書っていうのが、タイトルのこれ。Unity5の教科書ですね。

 

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

Unity5の教科書 2D&3Dスマートフォンゲーム入門講座 (Entertainment&IDEA)

 

 

いや、この教科書がとにかくあれですよ。

 

激当たりでした

 

こんな良書に出会ったのは、いきなりはじめるPHP以来じゃないですかね。そのくらい親切な本でしたよ。

 

(僕はいきなり始めるPHPって本を読んで、プログラミングを始めました。その辺のことは前に書いた気がします)

プログラミング初心者にマジでおすすめしたい本はこれ1冊 - ホーリーのプログラミング日記

 

とにかく環境設定が分かりやすい

僕みたいなヘッポコは、新しい言語やプラットフォームに手を出すとき、最初の環境設定が一番不安なんですよ。開発環境を整えるって、マジでハードルの高いことだと思っています。

んで、そんなハードルの高いことなのに、ほとんどの入門書は、それをサラッと終わらせちゃうんですよね。出来て当たり前みたいに書いてあるんで、そこで挫折したことが何度もあります。

 

でも、この本は環境設定について優しく書いてありました。もちろんページ数も結構割いてありますよ。画像付きなんで、全然迷わずに設定することが出来ました。

最初の設定がうまく出来るっていうだけで、もう良書ですね。プログラミングの入門書では、ここが一番大事でしょう。

 

ゲームの作り方が丁寧に書いてある

Unityってことで、作るのはもちろんゲームなんですけど、その作り方が非情に分かりやすく書いてあります。

プログラムどうこうはもちろん、設計の仕方を書いてくれてるんですよ。

オブジェクトを置いて、ジェネレーター(工場)を作って、ゲームを管理する監督スクリプトを作ってと、まあそういうゲーム制作の流れがよく分かる内容でした。

 

最後に

この本を最後まで読めば、Unityのことがよく分かるのは間違いありません。

とりあえず始めて、ザックリ理解したい場合には最適な一冊ですね。つまり、ガチの初心者向けの本です。

僕と同じくらいのヘッポコさんは、迷わずこの本を買ったほうがいいですよ。

 

以上、Unity初心者に最適な入門書はこれである、って話でした。