読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。

Unityで2Dの脱出ゲームを作ろうと思ったんだけど早々に挫折した話

プログラミング入門

 

前回書いたんですが、最近になってUnityに入門してみました。

【Unity5の教科書】Unity初心者に最適な入門書はこれである - ホーリーのプログラミング日記

 

んで、とりあえずやりたいことは、職安へ行こうのAndroid版を出すってことなんです。

今日まで出した11本のアプリの中で、絶対エースと言える職安へ行こう。これをAndroidでも出せば、月のダウンロードも1万は超えるだろうなっていう、ムフフな考えがありました。

 

 

んで、前回書いた入門書も読み終わったし、さあやろうと思ったわけですよ。脱出ゲームを作るぞと。

 

そしたらあなた、あれですよ。

 

全然分かりませんがな

 

もちろんUnity5の教科書は最高の本ですよ。入門書にはピッタリの一冊です。でもこれだけだと、具体的なゲームを作るのには、ちょっと内容不足なんですよね。

Unityってかなり大規模なゲームエンジンだから、入門書で網羅する限界があると思うんです。それで、いざ作ろうと思ったときには、本当にザックリとした知識しかないことに気が付きました。

 

なので、ほんとはすぐにでも作りたかったんですが、一旦諦めた次第です。

 

んで、その後に買った本のおかげで、バッチリ作れるようになったんですが、その辺の話はまた次回に書こうと思います。脱出ゲームを作るのに最適な本を見つけたんですよ。

 

【追記 2016.11.06】

四苦八苦しながら、なんとか1本リリースすることが出来ました。慣れると、Unityで脱出ゲーム作るのは簡単ですね。

職安へ行こうのAndroid版をリリースしました - ホーリーのプログラミング日記