ホーリーのプログラミング日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。ポンコツアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:45000

Androidアプリでも「スーパーマリオ」ってワードはリジェクトされた件

 

前回書いたんですが、虚偽の広告を理由に、Androidアプリがリジェクト(審査落ち)されました。

Androidアプリを提出したら、虚偽の広告を原因にリジェクトされた件 - ホーリーのプログラミング日記

 

んで同じ日に「激ムズ4段ジャンプ」のアップデートもリジェクトされたんで、ちょっとそのことを書いてみようと思います。

ちなみにこっちの理由は「メタデータに関するGoogle のポリシーに違反している」ってことでした。

 

これも同じようにAndroid TVのスクショかと思ってたんですけど、違うんですよね。

ストアの掲載情報に「スーパーマリオ」ってワードがあったせいでした。

 

前回と同じようにGoogleさんに確認してないんですけど、何回かアップデートしてはリジェクトされて、やっと通ったときっていうのが、マリオを抜いたときなんで、多分間違いないと思います。

 

☆☆☆

 

アプリの説明文に「スーパーマリオに憧れるおっさんが〜」なんてことを書いてたんですよ。

んでこれでもアプリは公開されてたんで、Androidの方では大丈夫だと思ってました。

(iPhoneは確実に審査落ちしますよね。てか経験済みですw)

 

これ実際のアプリがそうなんですけど、主人公のおっさんがマリオの格好をしてるんですよ。だからなんとなくこの文章にしてたんですけど、どうやらマリオに対する縛りがキツくなったみたいですね。

 

任天堂がマリオのアプリを出したことによって、便乗する不届き者が増えたんでしょうね。

マリオのコスチュームをパクってる僕が言うのもなんですが、やっぱこういうのは良くないと思いますよw

 

とにかく、Androidでも「スーパーマリオ」ってワードは使いにくくなったみたいです。