読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。

アプリは知ってもらうのが大変である

 

相変わらず僕が作ってるAndroidアプリが全くダウンロードされません。。

確かに低クオリティの超クソゲーであることは承知の上ですが、それでもiPhoneでは毎月7000ダウンロードくらいされてるんで、なんでだろうと首をかしげています。

(Androidは月に100もないんですよ。。)

 

てかグーグルデベロッパーなんちゃらコンソールを見ると、そもそもアプリ自体、全然見られてないんですよね。iPhone版の職安へ行こうは、月に46万インプレッションくらいあるんですが、Android版のそれは88でしたよ。今見たら。。

アプリっていうのは、まず見てもらわなければ、ダウンロードされることはないんだなって思った次第です。

 

☆☆☆

 

しかしこれ、世の開発者さんもそうなんですよね。有名なところでいうと、この方とか。

貯金1,000万円つかって、6年で20アプリつくったが、年収は15万円。どん底アプリ開発者、コンテストで賞金250万円を獲得し、人生初勝利をおさめる。 | アプリマーケティング研究所

 

こちらの伊与田さん、アプリコンテストで優勝するくらいの実力者なんですが、優勝して注目されるまでの6年間は、年収15万なんですよ。

てか優勝する直前は、月の収益が2〜3000円て書いてます。。

 

この方は極端な例ですけど、同じような方って、結構見るんですよね。

個人開発者さんのブログを読んで、そこからその人のアプリをダウンロードしてみると、相当クオリティ高いんですよ。でも書いてあるダウンロード数が、それに全然見合ってないんです。

 

いやー、とにかくアプリっていうのは、数が沢山あるんで、まずは知ってもらうことが肝心なんでしょうね。

世の中のアプリ、また、グーグルデベロッパーなんちゃらコンソールを見ていて、そんなことを思いました。

 

僕みたいなヘッポコ開発者は、クオリティを上げる努力が必要でしょうけど、中級者からはマーケティングが必要なんですよね。