ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:7万

アプリを作るのには時間がかかる

 

自分がヘッポコなせいなんでしょうが、アプリを作るのに、やたらと時間がかかってしまいます。

iPhoneで出してるゴロゴロ覚える古文単語をAndroidで作り直してるんですが、これがどうにも苦戦してるんですよね。

 

 

仕組みは単純だし、最近Unityに慣れてきたんで、1日〜2日(20時間くらい)で出来ると思ったら、全然そんなことはなくて、愕然としています。。

 

うーん、自分のヘッポコ加減がにくいぜ。

 

なんか速い人なら、サクッと作っちゃう気がするんですよねー。

 

☆☆☆

 

話はちょっと変わっちゃうんですが、一般の人って、プログラミング=難しいって認識を持ってるくせに、やたらと舐めたことを言いませんか?

「こんなアプリ作ってもらいたいんだけど、簡単でしょ?10万円で頼むよ」とか、「ホームページ3万円で作ってくれない?」とか。

 

自分の手が遅いのを差し引いても、こういうのって相当舐めた発言だと思うんですよね。

そもそも何かを作る時点で、そこそこ時間はかかるし、なおかつ自分のWEBサイトやアプリだからこそ、適当に決めれるわけですよ。

(僕が作るものは大半が適当仕様です)

 

それを人と打ち合わせつつ、また確認をしてもらいつつ作ったら、自分のものを作るときの3倍は時間がかかると思うんですよね。

プログラミングを始めて一年、受託開発をしたことはありませんが、世の受託してる人たちはすごいなと思った次第です。

 

まあまあそんな世の中の舐めた発言はどうでもいいんですが、自分の手が持っと速くなればいいのになと、最近思っています。

まあこれは実際に手を動かして何かを作ってくしかないんですよね。

 

タイピングが速いとかじゃなくて、作る際の段取りが大事な気がしています。

いつも作りながらの行き当たりばったりなんで、その辺が作る前から「見える」ようになればいいなと思うんです。

 

ヘッポコ脱出の日はいつになることか。。