ホーリーのプログラミング日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:5万

脱出ゲームの収益性について晒してみる

 

こないだこんな記事を見つけました。

脱出ゲームって本当にダウンロードされて収益性が低いのか実際にリリースして試してみた | furuApplicationsの真顔で読むブログ

 

脱出ゲームの収益性が低いのは本当なのか、実際にリリースして確かめてみたって内容ですね。いやー、ここまでやれるのはすごい。

ちなみに1ダウンロードあたりの収益は、よくて3円とか、そんな感じだったらしいです。

 

んで、これを読んで思いましたよ。

 

自分も公開してみよう

 

って。

 

僕が出してる脱出ゲームは「ニート専用脱出ゲーム 職安へ行こう」ただひとつ。

てかこれが自分のアプリのエースなんですが、これの収益性について公表したいと思います。

 

まあ自分でも今日まで計算したことなかったんですけどね。1ダウンロードあたりの収益とか。

 

 

 

さて、まずは今日までのダウンロード数を調べてみました。

 

iPhone 24100

Android 270

合計 約24400

 

iPhoneはリリースして9ヶ月くらい。Androidは4ヶ月くらいっていう期間の差はあれど、両者の開きがすごいですね。

多分Androidユーザーは脱出ゲームが嫌いなんでしょう。今はそう結論付けてます。

 

んで、今日までの収益なんですが、これはNendの時期とAdMobの時期に分かれています。

 

Nend 26643円

AdMob 70843円

合計 97486円

 

この97486円を24400で割ってみます。これで1ダウンロードあたりの収益が分かりますね。

 

えー、結果はこれ。

 

3.995327円

 

まあ約4円てことですね。僕の場合はこの数字になりました。

 

入れてる広告はバナーとインタースティシャルだけで、動画広告は入っていません。んでバナーの収益が3分の2を占める感じです。

動画広告の実装がよく分からないっていうか、Unityのそれしか分からないんですけど、何だか面倒なんで放置しています。

「広告を見てヒントを見る」っていうボタンはあるんですが、出てくるのがインタースティシャルっていう、非常にダサい仕様になってます。今。

 

動画広告を入れたら、もうちょっと伸びるのかもしれないですね。でも現状は1ダウンロード4円ていう結果でした。収益性が低いのは間違いありません。

ただこの職安へ行こうなんですが、まだまだダウンロード数に衰えはありません。安定の低空飛行を続けてますよw

 

以上、脱出ゲームの収益性について晒してみるって話でした。