ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:11万

未来の自分に期待するな

 

未来の自分に期待して、それだけで満足してしまう状況って僕にはよくあるんですよね。これ非常にいけないことだと思っています。

ブログを毎日更新するとか、アプリを毎月1本出すとか、そういう目標を立てることがあるんですけど、その目標を立てた時点で、何かを成し遂げた気分になっちゃうんですよね。

実際の自分は何も変わってないのに、意識が変わったことで成長した、進歩したと思い、満足してしまうんですよ。

 

これがいけないと思ったのは、この本を読んだから。

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 

夢をかなえるゾウ。これ一見ふざけた感じの本なんですが、内容はちゃんとしています。買ってから結構たつんですが、今でもときどき読み返すことがあるんですよね。

んで、この本の中に上記した内容の話が出てくるんですよ。未来の自分に期待して満足するなって話が。

 

その場で「今日から変わるんだ」て決めて、めっちゃ頑張ってる未来の自分を想像するの楽やろ。だってそん時は想像しとるだけで、実際にはぜんぜん頑張ってへんのやから。つまりな、意識を変えようとする、いうんは、言い方変えたら「逃げ」やねん。

 

たとえば自分は「今月から本を毎月5冊読む」と決めても実際はできへんのに、未来の自分に期待してしまいよる。読める思てしまいよる。

 

本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。意識やのうて「具体的な何か」を変えなあかん。具体的な、何かをな

 

3箇所引用しましたけど、まあこんなくだりが出てくるんですよ。意識を変えるだけでは何も変わらない。自分を変えるには、もっと具体的な何かを変えなくてはいけない、っていうくだりが。

 

ここで言う具体的な何かっていうのは「行動」なんですよね。実際に手を動かして何かをしない限り、今の自分は変わらないんです。

 

この本を読んで、そのことを理解してるつもりなんですが、僕はまだまだやってしまいますよ。意識を変えただけで満足してしまうことがあります。未来の自分の期待して、それだけで終わっちゃうことが。

 

とにかく行動なんですよね。自分を変えるには行動することしかない。