ホーリーのプログラミング日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:5万

クイズアプリに対するモチベーションは低いです

 

僕は古畑任三郎が好きなんですけど、同じくらい好きな友達がいるんですよ。てかその友達は古畑に対する思い入れがヤバイんです。もうなんでも知ってるって勢いで。

「鶴瓶さんが犯人の回で、鶴瓶さんがホテルで頼んだメニューはなに?」とか「赤い洗面器の男は作品中何回出てきた?」とかっていうクイズをお互いによく出し合うんですが、たいがい僕が負けています。

(最近出した「唐沢寿明さんが出てくるクイズ王の回の、ラッキナンバーはなに?」って問題は僕が勝った気がします。これ「16」なんですよw)

 

んで、その友達から言われたんですよ。「古畑検定」っていうクイズアプリを作ってくれないかって。

「そんなんありえないでしょ」って返したんですけど、いやはや世の中は広い。

 

すでにあるんですね

 

「クイズ for 古畑任三郎」ってアプリが。

 

クイズ for 古畑任三郎

クイズ for 古畑任三郎

  • takashi nagata
  • エンターテインメント
  • 無料

 

まさかあるとは思ってなかったので、ビビりましたよw

 

☆☆☆

 

えー、ここからが本題なんですけど、僕はクイズアプリに対するモチベーションが低いです。正直、上記のアプリを見つけてなくても、古畑検定を作ることはなかったでしょう。

なんでかというと、クイズアプリからは、あまり得るものがないからです。

それはお金であったり、知識であったり技術であったり、ようは自分のプラスになるものが少ないと思うんですよね。

 

世のクイズアプリを作ってる方をdisろうとか、上記アプリの方をdisりたいっていう話ではないんです。ただただ、自分のモチベーションが低いってことなんです。

 

もちろん、アプリ初心者にはオススメですよ。クイズアプリ。簡単だから。僕もそんな形式のアプリを3つくらいは出してます。

でも中身を変えて何本も出そうとは思わないんですよね。そもそもクイズアプリって、面白いコンテンツになりにくいし、それゆえ収入も伸びないしで。

極めつけは自分のスキル向上にならないことなんですよ。アプリを作るときは、常に新しいことに挑戦するっていうのが、自分のポリシーなので、上達に結びつかないことはしたくないんです。

 

まあそんなわけで、クイズアプリに対するモチベーションが低いっていう話でした。