ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:7万

プログラミングはテストに時間がかかる

 

プログラミングしてるときって、コードを書く以上に、テストに時間がかかりますよね。

僕はいつもそうなんですよ。ちゃんと間違いなく書けたと思ってても、実際に動かしたときに、バグが見つかります。

これ自分の中では99%間違いないと思ってても、そうなんですよね。

 

とにかく、実際に動かしてみるっていうのは、本当に大事だなと思います。

 

プログラミングから話がズレるんですけど、会社で決めるマニュアルとかにも、同じことが言えますよね。

会議で決めたマニュアルも、実際に現場で動かしてみないと分かりません。どんなバグ、欠点があるのか。

 

でも、なかなかそうはならないんですよね。現場でミスがあると、「なんでマニュアル通りにやらないんだ」ってことになりがちです。会議室で決めたおっさんが怒るわけですよ。

でも、マニュアルっていうのは、言ってしまえばプログラミングのそれです。自分がどれだけ完璧だって思っても、動かしてみるまで分からないわけですよ。

 

だから、現場に実際に導入してみて、それでエラーがあれば直せばいいんです。

てか、エラーが出るのが当たり前だって意識を持つのが大事でしょう。自分のコードは完璧なはずがないっていう、意識を持つことが。

ほんと、動かしてみないと分からないですからね。

 

えー、話戻ります。んで、このテストですよ。大事なテスト。

これにほんと時間かかるんですよね。書いたコードを正常な使い方をしてみて、ちゃんと動くのかはもちろん、イレギュラーなことをしてみても大丈夫なのかと。そういうチェックに時間がかかります。

 

てかこれを書いてる今もあれですよ。

 

申請中のアプリにバグが見つかりました

 

おお。なんてことだ。iTunesConnectへアップデート出来ないエラーをくぐり抜け、ドヤ顔で、「おやすみなさい」なんて言ったアプリにバグがw

XcodeからiTunesConnectにアップロードしようとしたときに出る、This action could not be completed. Try Again (-22421)っていうエラーについて - ホーリーのプログラミング日記

 

 

最後に実装した機能への、チェックが甘かったんですよね。そんなに難しいコードじゃないんで、まあ大丈夫だろって気持ちで申請までしたら、その後にエラーが見つかりました。

 

テストには時間がかかる。でもそれを適当にしちゃいけない。なんて話でした。

 

P.S.

そいや前にテスト繋がりで、こんな話を書いたことがありました。

テストっていうのは、どこまでいってもテスト、実験でしかないんですよね。

プログラミングをしてて思ったテストの意味 - ホーリーのプログラミング日記