ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:11万

淡々とやるのは難しい

 

継続は力なりって言葉がありますけど、これって真実だと思うんですよ。この言葉は真理だと。

何が対象でもいいんですけど、上手くなろうとか、結果を出そうって思ったら、継続的な努力は必須でしょう。これなくして成功はありえないと思っています。

 

んで、この継続的な努力なんですけど、個人的には「淡々と」って言葉を付け加えたいんですよね。

継続的に淡々と努力すれば結果は出る。非常に長ったらしいんですが、最近はこんなことを考えています。

 

とにかく「淡々と」ってやつは難しいんですよ。最近で考えれば、Unityを触らない日はありませんけど、淡々と努力してるかって言えば、決してそうではありません。

やる日は15時間くらいコード書いてますけど、やらない日は小一時間でおしまいってこともあります。

取り組む時間だったり、そのときの熱量に波があるんですよね。これじゃ淡々とは言えません。

 

もちろん、アプリが専業でないので、自分の仕事っていうものがあるんですが、それでも淡々と努力を続けたいんですよね。

毎日やるのはもちろんで、その波をなくしたい。15時間やった翌日に、軽く燃え尽きるようなことをなくしたいんです。

 

アプリ作るのを、自分のルーティンワークにしたい、って感じですかね。

なんかそのくらい自然に出来るようになりたいです。今はまだ肩に力が入ってるんで。