ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:6万

優秀なプログラマーとは納期に間に合わせる人のことである

 

ホリエモンこと、堀江貴文さんのメルマガを見てたんですが、その中にこんなことが書いてありました。

これはQ&Aコーナーに寄せられた質問に対する解答ですね。

 

プログラミングに興味を持ち、自分のあったら良いなと思うサービスを気ままに作っています。

色々調べ、できるプログラマーというのは、仕事の納期を守り、APIなどもイジリ良いコードを書いて他社と違いが出せ、アプリによってどの様にコーティングできるのかを考えられる人なのかなと思いました。
堀江さんから見たできるプログラマーとはどんな人なのか教えていただきたいです。そこに向かいたいなと思っています。

A,納期に間に合わせる人。

 

前回の記事で、受託はしたくないと言った僕ですが、これは非常に参考になりましたよ。やっぱ納期なんですね。納期厳守。

仕事を請けたいなと思ったことが一度もありません - ホーリーのプログラミング日記

 

自分に納期はないんですが、いつも「○月×日までに、このアプリ出したいな」っていうのは思ってるんです。

でもこれ、一度も守れた試しがないんですよ。ほんとに一度も。

 

言いようによっては、自分のアプリリリース目標っていうのも、納期じゃないですか。自分ていうお客さんに提示している納期です。だから、これに間に合うようになりたいなと思いました。

作ろうと思った時点で、日数を見積もって、何が何でも間に合うように努力する。

こうすると、今以上に成長出来るんじゃないかなと思ったんですよね。

 

自分の納期だからこそ、守りたいですよ。