ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:7万

アプリのいいところとブログのいいところについて書いてみる

 

僕はアプリ作るのが好きで、ここ1年ちょいは、ほんとこれにハマってるんですけど、その前にハマってたのがブログでした。

まあブログは今でもこうして書いてるんで、いまだにハマってると言えばそうなんですけど、更新することに燃えていた時期があったんですよ。

そのときは窓拭きのブログを書いてましたね。窓拭きに青春の全てを捧げるような、窓拭き大好き野郎だったんで。

ホーリーの窓拭き日記

 

んで、このアプリとブログなんですが、両方にいいところがあるんですよ。ちょっとそれについて書いてみます。

メリットを上げるとキリがないので、自分が思ってる最大のメリットだけ書いてみましょう。

 

アプリのいいところ

ミニマムに作れるところ

 

アプリってミニマムに作れるんですよね。例えば何かについてのブログを作って、これを検索上位に持ってこようと思ったら大変です。

僕は「色んな関連ワードで検索1位を取れる」と思って窓拭きブログを始めたんですが、これも結果が出るまでには200記事以上書きました。期間にすると半年以上ですね。10ヶ月近くかかったかもしれないです。

(検索1位を狙ったっていうのも、ひとつの動機ですけど、それ以上に自分の窓拭き愛を公開したかったんですよw)

 

でもアプリに半年かかることって、今の僕にはないんですよ。かけるようなアプリを作れない作らないっていうか。

ただ、半年かけたゲームと一週間で作ったゲーム、どっちがヒットする?ってなったとき、この結果って分からないじゃないですか。

でもブログだったら火を見るより明らかです。半年手を入れたブログと、一週間しかやってないブログだったら、半年やってるブログの圧勝でしょう。収益とかPVにおいては。

 

つまりアプリって短距離走が出来るんですよね。だからすごく好きです。飽きる前にひとつの作品を完成させられるっていうか。

ようはミニマムって表現になっちゃうんですけど、長期間同じものに取り組まなくてもいいから、そこが僕は好きですね。メリットだと思っています。

 

ブログのいいところ

隙間時間をフル活用できるところ

 

ブログのいいところは、隙間時間をフル活用できるとこだと思います。

前に書いたことがあるんですけど、アプリを作るときって、そこそこまとまった時間が必要なんですよ。僕の場合。

ちょっと30分空いたからアプリの続きをやるか、とはなりにくいんです。

(こうやって始めた場合、絶対に30分では終わりません。そのまま時間を忘れてやりすぎて、最終的に誰かに怒られるのは、僕のあるあるですね。遅刻したりして)

 

ただ、ブログの場合は15分あればいい。最低でも15分の隙間時間があれば、そこに差し込めるっていうのが、最大のメリットだと思っています。

ほんと時間を無駄なく使えるんですよね。1日を濃密に過ごせるっていうか。

 

ブログに関して言えば、本当にこれです。隙間時間にガンガン差し込めるのがいいですね。

 

☆☆☆

 

アプリとブログ、両方のメリットについて書いてみました。

まあ両方とも好きなのは確かなんですけど、今はとことんアプリにハマっています。

やっぱリリース出来たときの喜びが好きなんですよ。分からない機能とかを、ググりながら必死に実装して、それでリリースまで漕ぎ着けたときの喜びは、何にも増して大きいですから。

 

以上、アプリのいいところとブログのいいところについて書いてみる、って話でした。