ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。全然分からない。俺は雰囲気でコードを書いている。現在の総ダウンロード数:14万

副業としてのアプリ開発は収入が低くて稼げないって本当?ブログとアプリを比較してみた

 

【最終更新日 2018/04/15】

 

副業でアプリ開発をしようと思ったとき、まず気になるのが、その収入じゃないですか。どれだけ稼げるのかっていうのが、もっとも重要なことでしょう。

んで、「アプリ開発 副業 収入」とか、そんなワードで検索してみると、まあこれ悲観的な情報が多いわけですよ。1年で数千円にしかならなかったとか、プログラミング学習の時点で挫折してしまったとか。

 

そういう人が多いのは事実でしょうけど、それでも僕は副業としてのアプリ開発をおすすめしています。

毎月10万以上の収入がほしいってことなら話は別ですけど、とりあえず数万円でいいのなら、アプリ開発はいいですよ。

とりあえず自分がそのくらいは稼げているので、稼げると思っています。

 

最近は公開してないんですが、ちょっと前までは収入を公開していました。

アプリ収益 カテゴリーの記事一覧 - ホーリーのプログラミング日記

 

これを書いてる今の時点では、多い月で独身の頃の家賃くらいですかね。

まあ、この額はご想像にお任せしますけどw

 

僕はプログラミングを30歳すぎてから始めて、それも全部独学ですが、このくらいは稼げるようになりました。

だから、とりあえず毎月数万円っていうことなら、そんなに難しいことではないと思います。

 

あ、そうそう。ちなみに生まれて初めてパソコン買ったのも、30歳のときです。

高校をマトモに行かずに、ずっとガテン(肉体労働)系の仕事をしてたので、マジでパソコンに縁がなかったんですよね。

そんな僕でも、アプリを20本くらいリリース出来たので、プログラミング未経験の初心者でも、アプリ開発を副業にするのはありでしょう。てか大いにありですよ。

 

ちなみに、今日までリリースしたアプリは以下の通りです。しょーもない感じのゲームがメインですが、よかったら見てやってくださいw

Taro Horiguchiの App を App Store で

Taro Horiguchi - Google Play の Android アプリ

 

(プログラミング未経験の方は、こちらの記事を参考にしていただけると幸いです。始めて1年間の勉強方法を書いてみました)

プログラミングを独学して1年。今日までの勉強方法を書いてみる - ホーリーのプログラミング日記

 

☆☆☆

 

さて、冒頭からアプリ開発をプッシュしてきましたけど、副業っていうのは他にも選択肢があるわけです。

人気なのはブログですよね。これは誰にでも出来るので、非常に参入障壁が低くて始めやすい。

しかも稼いでる人はめっちゃ稼いでますからね。年収数千万はゴロゴロいるし、なんなら億超えもいる世界なので、夢があるでしょう。

(個人アプリ開発者でも、そういう化物はいますけどね)

 

ただ、忘れてはいけません。

 

ブログも現実は厳しいってことを

 

僕もちょこちょこブログ書いてるので、マネタイズ(収益化)の知識は、そこそこあるわけですよ。

ただ、今自分がブログもアプリも始めてない状態で、どっち選ぶかと言われれば、これは間違いなくアプリですね。アプリ開発を選びます。

プログラミング初心者の状態であっても、です。

 

アプリ開発で数万円稼ぐのは割と簡単だって書きましたけど、ブログで数万円稼ぐのは大変ですよ。

有名なのはGoogleのアドセンス広告ですよね。これをブログに貼り付ければ、クリックに応じてお金が発生します。

ただこれ、1PVに対して0.2円くらいなんですよね。つまり10万PVあっても2万円にしかならないわけです。

 

ちなみに僕のこのブログは毎月2〜3万PVくらい。結構書いてますけど、まあそのくらいです。

記事下にアドセンス広告張ってるけど、3千円にしかなってないのが現実です。

また、アマゾンやA8のアフィリエイト広告を貼ることでも収益になりますが、まあ思ってるほどは稼げないでしょう。

 

仮に今、「先にどっちが10万円稼げるか」の副業対決があったとしたら、僕はアプリを選びますね。ブログは厳しいと感じてるので。

 

また収入の面でもアプリが有利だと思ってるのに加えて、スキルアップっていう意味でも、僕はアプリをおすすめしています。

プログラミング未経験者の場合は、プログラミングスキルが身に付きますからね。これはいいでしょう。

エンジニアの需要は年々高まってるので、転職とかするときにも有利だと思います。

 

そしてここからが大事っていうか、本当は最初からこれを言いたかった。

 

アプリ開発ってマジ面白いですからね

 

マジで面白いんですよ。僕はブログ書くのも好きですけど、アプリ作るほうが10倍好きです。

 

だって、言語関係ないゲームとかなら、それこそ世界中の人がプレイしてくれるじゃないですか。それでなおかつお金も入ってくるなんて夢のようですよ。

僕のアプリの総ダウンロード数は13万くらいで、そのうち2万強が海外ですが、この数字をいまだに信じられませんw

 

中学生の頃に、RPGツクールとかサウンドノベルツクールにハマったんですけど、あのときのノリでお金がもらえるんですもん。こんな楽しいこと、他にはないでしょう。

 

今は世界中どこ行っても、みんなスマホいじってて、なんならゲームしてますが、そこに自分のゲームもあるんですよ。ダウンロードしてくれてなくとも、ストアには並んでる。いやー、すごい世の中になったものです。

 

毎月数万円の収入ならハードルが低い。プログラミングの勉強になる。めちゃくちゃに楽しい。

そんな理由から、僕は副業としてのアプリ開発をおすすめしています。

 

(本当は本業にしたいんですけどね。それは密かな目標として自分の胸にとどめておきますw)

 

P.S.

ずっと数万円は簡単って書いてきましたけど、今現在エンジニアとして働いてる人ならば、普通に10万以上狙えるんじゃないでしょうか。技術とアイディアのある人ならば。

とりあえずド素人でも数万はイケるよってことが言いたかったんですが、もちろんそれ以上も普通にある線だと思います。

 

バカ売れアプリ生活 自作ゲーの集客とマネタイズぜんぶ教えます!

バカ売れアプリ生活 自作ゲーの集客とマネタイズぜんぶ教えます!