ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

副業としてのアプリ開発は収入が低くて稼げないって本当?ブログとアプリを比較してみた

 

【最終更新日 2018/04/15】

 

副業でアプリ開発をしようと思ったとき、まず気になるのが、その収入じゃないですか。どれだけ稼げるのかっていうのが、もっとも重要なことでしょう。

僕はド素人の状態からプログラミングを覚えて、それでアプリ開発始めたんですけど、毎月数万円稼ぐのに1年近くかかった気がします。まあそのくらいは大変ですねw

 

(独学で勉強する過程は以前記事にしたことがあります) 

プログラミングを独学して1年。今日までの勉強方法を書いてみる - ホーリーのプログラミング日記

 

んで、同じようなネットで稼ぐ副業と言えばブログが定番じゃないですか。

なので、この2つを比較しつつ、話をしていきたいと思います。

 

まず結論。

 

ブログがいいでしょう

 

とにかく稼ぎたいという人にはブログをおすすめします。

アプリ開発はめちゃくちゃに楽しんですが、稼げる可能性という意味ではブログに軍配が上がると思います。

 

えー、ここで双方のメリットとデメリットを並べてみましょう。

 

【アプリのメリット】

・めちゃくちゃに楽しい

・プログラミングスキルが身に付く

・アプリをリリースしてると言うと周りから「すごい」と言われる

 

【アプリのデメリット】

・大変なわりに稼げない

・プログラミングを覚えるのが大変

 

【ブログのメリット】

・誰でもすぐ出来る

・広告単価が高い(アフィリエイト)

・手数を出せるので当たる確率が高くなる

 

【ブログのデメリット】

・参入障壁が低いのでライバルが多い

・Googleの気まぐれで収入が大きく変動する(SEO)

 

アプリは楽しいし、周りからすごいと言われるんだけど、その割に稼げない。

ブログは誰にでも出来るので、自然とライバルが多くなるんだけど、広告単価が高いってことですね。

 

とにかくアプリ開発は楽しいんですよ。自分の世界観を露骨に出せますからね。

それで海外にも配信出来て、さらにダウンロードされてお金になるって素敵じゃないでしょうか。

プログラミングのいい練習にもなるんで、転職やスキルアップを考えてる人は、アプリに手を出す価値ありですよ。

 

反対にブログは転職やスキルアップを考えてる人には不向きかもしれません。

こんなことを言っては失礼ですが、誰にでも出来ますからね。

ただアフィリエイト広告の単価は高いし、毎日バンバン記事を書けるので、稼げる確率は高いと思います。

 

このブログは「アプリ開発楽しいぞー!!うぇーい!!」なブログなんですが、それでも稼ぎやすさはブログが上と言わざるを得ないですね。悔しいけどw

 

技術が身に付くのはアプリ開発。お金が入るのはブログ。

 

なんていう結論にしておきましょう。今日のところは。

 

もしもこの記事を読んで「俺もアプリ開発やりてぇ!!」なんて思った方がいましたら、ぜひ一度はやるべきだと思います。

そんな奇特な方はなかなかいないでしょうが、チャレンジするのはタダですからね。やりましょう。

 

プログラミング経験ゼロの方には、以下の記事をおすすめしています。

プログラミングを独学して1年。今日までの勉強方法を書いてみる - ホーリーのプログラミング日記

WEBサービスからアプリ開発まで。今日まで自分が買ったおすすめ本を全部紹介してみる - ホーリーのプログラミング日記