ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:7万

Appアナリティクスを覗いてみよう。面白い数字が並んでいるぞ

 

ときにアプリの検索流入数って、どのくらいありますか?

ようはAppStoreの検索から来て、そのままダウンロードされた数ってことです。

 

僕、Androidはダウンロードが少ないんで見てないんですが、iOSはたまに見るんですよ。

んで、アプリによっては、この検索流入が相当多いんですよね。

 

☆☆☆

 

もしかしたらご存知でない方もいるかもしれないんですが、iTunesConnectのAppアナリティクスから、個別にアプリを選ぶと、その数字が書いてあります。

 

f:id:gevvoihorry:20170613145128p:plain

 

数字丸出しで地味に恥ずかしいんですが、ここですね。このソースってところをクリックしましょう。

 

f:id:gevvoihorry:20170613145840p:plain

 

すると出てきました。これ。

この緑のやつが検索流入数なんですが、僕の「職安へ行こう」の場合、88%がAppStoreの検索からダウンロードされていると書いています。

これ人によると思うんですけど、僕のアプリは検索からってのが多いんですよ。

 

この解析が出来たのって、わりと最近だと記憶してるんですが、結構役に立つので、たまにチェックしています。

 

☆☆☆

 

んでそうそう。このページのグラフに、「AppStoreの閲覧」ていうのがあるんですけど、これ正直意味が分からないんですよね。

AppStoreのおすすめ、カテゴリ、ランキングからの流入って話なんですけど、僕のアプリでそんなとこに入ってるものはないと思うんですが、タイトルによっては40%くらいがAppStoreの閲覧になってます。

はたしてどこから来てるのか、本当に謎なんですよ。本当に。

 

あと、参照元Appとか参照元WEBとか見ると、ちょっと面白いですね。

他のアプリに広告リンクを貼ってるんですよ。「アインシュタイン」に「職安へ行こう」のリンクを貼ってたりするんですが、その効果が分かります。

 

もちろん、このブログからのダウンロード数も分かりますよ。ただ、思ってる30倍はダウンロードされてないですけど。。

 

まあまあ、こんなことが分かるので、たまにAppアナリティクスを覗いてみると面白いって話でした。

 

次回予告(明日の朝6時に更新予定)

「iPhoneアプリのタイトル(アプリ名)にASO狙いのキーワードを入れることが出来なくなった件」