ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:7万

スマホの最適化をするだけで既存のサービスと勝負出来るんじゃないかって話

 

いよいよもって、スマホオンリーな人が増えてるみたいです。

ネットの利用環境は「スマホのみ」が最多、「スマホとPC」を上回る結果に | gori.me(ゴリミー)

 

週1回以上ネットを利用している人のうち、スマホでの利用は全体の85%となっていて、その内訳としてスマホのみを利用しているユーザーは46%、スマホとPCを併用しているユーザーは39%という結果に。一方、PCでネットを利用するユーザーは全体の46%となっていたが、PCのみというユーザーは全体の6%にとどまっている。

 

これってつまり、パソコンを持ってなくて、スマホだけでネットをしてるユーザーが増えてるってことですよね。

リンク先の記事にも書いてますが、10代にいたっては70%がスマホオンリーみたいです。

 

てかビックリなのは、30代でも54%がそうだって数字になってるんですけど、これって本当なんですかね?

職場のパソコンでネットにアクセスしてるはずだから、もっと多いと思うんですが、もしもこれがガチなら大変なことですよ。

 

つまり、今の若い世代(いちおう30代までをそうとしましょう)は基本スマホでネットにアクセスしてるってことになります。

んでその半数以上はスマホオンリーだってことに。

 

いやいや、これはWEBサイトやWEBサービスを作る場合も、基本スマホで考えなくちゃいけないですよね。

もちろん、スマホファーストの流れは前から知ってましたけど、僕が思ってる以上に、スマホオンリーユーザーが多いのにビックリしました。

もうみんなパソコン見なくなってきてるんですね。10代はもちろん、大人でも、職場にパソコンがなければ、基本スマホオンリーなんでしょう。

 

てか僕は元々逆で、前まではスマホオンリーだったんですよ。それで数年前にパソコンを買ったんで、スマホオンリー→スマホ+PC、って流れになってます。

(どうでもいいんですが、生まれて初めてスマホ買って、それで人生変わったって話を前に書きましたね)

iPhone買ったら人生変わった - ホーリーのプログラミング日記

 

んで、僕の場合は、今頃になってパソコンの便利さに気付いてるわけですよ。

なんでもっと早くに買っておかなかったんだろうって。

 

これ別にプログラミングに限らず、ちょっとした調べ物をするのも、パソコンの方が便利じゃないですか。

複数のウィンドウを一気に開けるし、ページの移動もサクサクといくので、ググるのはパソコンの方が圧倒的に速いと思っています。

 

あとはAmazonで買い物をするときもそうですね。商品の一覧や詳細情報は、パソコンの方が見やすいでしょう。

僕の場合に限っては、元々スマホで十分だと思ってた→やっぱPCの方が便利、って順で変わってきてるんですよ。世間の流れとは逆にw

 

普段も思いますもん。出先でちょっと時間のかかりそうな調べ物があるときは、あとでパソコンで調べようって。

でも今の若い世代はそういうことをしないんですよね。もうスマホで何でもやるのが当たり前なんでしょう。

 

☆☆☆

 

ここからが本題なんですけど、スマホシフトってまだまだ全然進んでないと思うんです。

ユーザーは完全にスマホにシフトしてますけど、WEBサイト運営側はスマホシフトが進んでない印象があります。

 

スマホから見たときに、見づらいサイトやサービスっていっぱいありますもん。

それは実際にレスポンシブデザインとかを組んでて、スマホの最適化をしてるにも関わらず、見づらいサイトが。

 

これって考えようによっては、すごいチャンスだと思うんですよね。

既存のサービスとなんら変わらないような内容でも、サイトをもっとスマホに最適化したり、もしくはアプリにシフトするだけで、既存のそれよりも俄然使いやすくなるってことですから。

 

アプリもまだまだ見づらいの沢山ありますよね。

スマホでブラウザからサイトを見てるときに、「アプリでサクサク読む」ってボタンが出てくることがありますが、実際にアプリからアクセスしてみても、全然サクサクじゃないときって多々あるでしょう。これならブラウザの方がマシだよってときが。

 

なので、ガチのスマホ最適化をするだけで、既存のサービスと勝負出来ることって沢山あると思うんですよね。

まあこのガチの最適化が結構難しいわけですがw

 

僕はプログラミングを覚えて、最初はWEBサービスを作りました。んで今はアプリをやることの方が多いんで、やっぱスマホからの操作性ばかり考えちゃうんですよ。

でも今回の記事を見て、WEBサービスをスマホにシフトするだけで、既存のサービスと戦えることって多いなと思いました。

 

んー、なんかありそうなんで、考えたいですね。

 

P.S.

ところで、側アプリってありますよね。あれの詳しい定義を知らないんですけど、あれは一応アプリの形をとってるけど、中身はブラウザって認識でいいんでしょうか。

Androidに多いらしいですけど、あの側アプリってiOSの審査も通るのかって疑問があるんですよ。

もしも通るのなら、開発自体も楽そうなんで、既存のサイトを側アプリでも出すだけで、サービスが大きく伸びるってことはないんでしょうか?

 

これAppleの審査通るようなら、俄然やった方がお得ですよね。

これだけでもユーザビリティが向上しそうな気がします。

(Androidは当たり前のように通るって認識でいますw)

 

P.S.2

今はほとんどのブログがスマホからのアクセスの方が多くて、なんなら大半がスマホアクセスだと思うんですが、このブログはパソコンアクセスの方が多いんですよ。

やっぱプログラミングしながらググってる方が多いんでしょうね。僕の記事を見て、何か役に立つことがあればいいですがw