ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

ゲームは最初のつかみが大事

 

これを書いてる今日はUnityインターハイが開催されてるみたいですね。詳しくは知らないんですけど、高校生以下の学生が競う、ゲーム開発大会らしいです。それで主催がUnityって感じの。

しかしまあ、ツイッター検索してる限りだと、みんなやべぇっすね。超うまい。

Unityインターハイ2017

 

んで、このUnityインターハイ繋がりで、Unityインターハイブログっていうのがあるんですよ。このブログに超参考になる記事があったので、自分への備忘録がてら紹介したいと思います。

ようはあれです、ゲームは最初のつかみが大事だよってやつですね。

 

ゲームを始めて最初の1分の「つかみ」で人を楽しませる工夫をしよう – Unityインターハイ公式ブログ

操作説明やチュートリアルで初めてプレイする人が迷わず遊べるように心がけよう – Unityインターハイ公式ブログ

 

この「最初の1分で楽しませる」というのはモバイルゲーム(ソーシャルゲーム)やアーケードゲーム(ゲームセンターのゲーム)でも非常に、非常に気を使って作られている。チュートリアルでよくある「今だけゲージを満タンにして大技を使えるようにしたわ!」とか「今だけ強力な助っ人キャラが使えるわ!」とかはまさにこれである。最初に面白いところをプレイさせ、継続してプレイしてもらおうというテクニックだ。 

 

全部大事なこと書いてるんですが、あえて引用させていただくなら、ここでしょうか。めっちゃ適当だけどw

 

いやー、しかしこれは耳が痛い。僕、オープニングが無駄に長いっていう、致命的な欠陥を持ってるので、これは何とかしようと思いましたよ。今回こそマジで。

「タイトル画面での操作がそのままゲーム中の操作になっているといい」って書いてあったんですけど、ちょっとそれを取り入れてみようと思いました。

 

このブログ、何回も見返しちゃうかもしれません。金言に満ちておる。