ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

LINEで仕事の連絡をするときはノート使うと便利

 

前回に引き続きLINEのお話しです。

LINEの1人グループを使ってスマホからパソコンに画像転送しています - ホーリーのプログラミング日記

 

LINEを使って仕事のやり取りをすることもあると思うんですけど、そんなときに「LINEノート」を使うと便利だなってことに、最近気が付きました。

LINEに最初から入ってる「ノート」って機能を使うと、タスクごとの連絡が非常にしやすいですね。

 

僕はLINEで仕事の連絡をすることが頻繁にあるんですけど、それを普通の「トーク」でやっちゃってるんで、場合によってはよく分からなくなっちゃうんです。

案件が1つしかなくて、それについてだけ話してるときはいいんですけど、複数の案件について話してたりとか、または世間話が間に挟まると、もう履歴がめちゃくちゃになるじゃないですか。

自分が書いたスパゲッティコードを読み解くかのような作業になるでしょう。

 

んで、そこでノートを使えばいいってことに気が付いたんですよ。これを使えば案件ごとに会話が出来るんで、非常に分かりやすいですね。

 

f:id:gevvoihorry:20171128084516p:plain

f:id:gevvoihorry:20171128084544p:plain

 

非常に恥ずかしいんですが、これ僕のノートです。

こんな風に、案件ごとにスレッドを立ち上げて、それでコメントで会話すると便利なんですよね。お互いにタスク管理がしやすいっていうか。

 

実際の使い方は、下記記事が参考になると思います。

LINEノートを使いこなそう!LINEノートの便利な使い方3選

 

以上、LINEで仕事の連絡をするときはノート使うと便利って話でした。

 

P.S.

エンジニアの場合、仕事の連絡でSlack使ってる人も多いと思うんですが、実は僕Slack童貞です。まあ必要に感じてないし、そうやって連絡取る相手もいないので、いまのところ不要ですね。もっぱら何でもLINEしてます。