ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

小1の息子に算数アプリを作ってあげた結果

 

子供が2人いるんですよ。息子(7歳)と娘(4歳)が。

んで、息子は今年小学校に入り、勉強を始めたんですが、そこまでデキるわけではないんです。

まあ、小1で勉強の心配してもしょうがないんですが、嫁は心配なわけですよ。このまま勉強が苦手な子にならないかと。

 

そこで白羽の矢が立ったのが、この僕。てか学校に入る前は、「俺が勉強教えちゃる!!任せろ!!」なんて豪語していたので、当然のように話を振られました。

「あなたが勉強教えるって言ってたじゃん。早くやってよ」って。

 

なので教え始めましたよ。教え始めようとしてみました。

 

しかし問題は時間。ここ10年くらい、近所や行く先々の人から無職に間違われるくらい暇してる僕なんですが、子供に勉強を教え始めると、自分の時間が無くなるのが問題なんです。

なんて言ってもうちの息子は勉強に対するやる気が皆無。まず机に向かわせるのが大変、んで鉛筆を持たせるまでが一苦労。隙あらば親のスマホを取ってYouTubeを見ようとする子なんで、勉強に集中させるまでのハードルが高すぎる。

 

そこで考えましたよ。これはスマホで勉強させればいいんじゃないかと。

スマホ用の勉強アプリを作って、それで勉強してもらえば、自分の時間も継続的に失わないし、息子も喜んで両得なんじゃないかと。

 

えー、そんなわけで作りました。簡単な算数アプリを。

足し算と引き算を覚えれる簡単なものなんですけどね。

 

f:id:gevvoihorry:20171224063208p:plain

 

問題は全部で4種類。各10問になっています。

 

f:id:gevvoihorry:20171224063237p:plain

 

ポチポチ入力して、決定ボタンを押す感じです。

これ最初は数字ボタンだけで合否を判定しようと思ったんですが、答えが2桁になる場合があるので、却下しました。

 

上にある数字(小数点まで出てるやつ)はタイムです。息子と勝負するためにタイムを付けました。

同じ満点でも、タイムが上の方が勝ちって勝負にしようと思ったわけです。

 

まあこれ簡単なんで一晩だったか二晩だったか忘れましたけど、そのくらいで作りましたよ。ニヤニヤしながら。

息子と勝負して、ギャフンと言わせよう。父親の威厳を見せつけようって思いながら。

 

てかそもそもアプリなんだから喜ぶだろうってことで渡したんですよ。完成してすぐに。

 

その結果、、、

 

全く興味を持ってくれなかった件

 

いや、マジで興味なしでした。最初に1回くらいプレイして、あとはずっと放置されています。

 

なんてことだ。息子がちゃんと勉強したがどうかを確認する機能まで付けたっていうのに。。

 

f:id:gevvoihorry:20171224063734p:plain

 

(間近の勉強の日付が入るようにしたんです)

 

これ興味を持ってくれたら、デザインを整えてリリースしちゃおうかな、なんて思ってただけにショックです。

てか父親の威厳も見せれずじまいだし。。

 

む、むーん。僕の算数アプリはどこへ行くんでしょうか?