ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。全然分からない。俺は雰囲気でコードを書いている。現在の総ダウンロード数:14万

井上雄彦先生の気合をいただく

 

こないだ書いた話なんですけど、最近仕事仲間と小説対決をしてるんですよ。

対決のすゝめ - ホーリーのプログラミング日記

 

もちろんアプリ開発もちょこちょこやってるんですが、いかんせん小説が気になって思うように進んでおりません。

なんとかしてこれを終わらせねば。小説を書ききらなきゃいかんって思ってるんですけど、一気には終わらないんですよね。

(一気に終わらせるなんて言うと、ガチで小説書いてる人たちに失礼なんですけど)

 

んで、どうにもこうにも悩んだりするんで、気合の入る動画を見てみました。

 

えー、それっていうのがこれ。

 

(リンク切れちゃったらごめんなさい)

 

スラムダンクの作者、井上雄彦先生の動画ですね。プロフェッショナル仕事の流儀に出た際の。

 

これがめっちゃ参考になるっていうか、気合が入るんですよ。

プロフェッショナル仕事の流儀のあれなんで、井上先生に密着しているわけなんですけど、井上先生も話を一個書くのに、相当苦労されてるんですよね。

このときはバガボンドの連載に追われていて、毎週締切があるんですが、それをギリギリでこなしている様子が映っています。

 

実際にこの番組が放送されたのは、もう結構前になるのかな?そのへんのことは分かってないんですけど、とにかく苦しみ抜いてます。苦しんでるんですよ。天才、井上雄彦が。

 

当たり前の話で、僕が書いてる小説なんかは、井上先生のそれと月とスッポン、藤原拓海のハチロクと、イツキのハチゴーくらい違うんですが、それでも感じるものはあるんです。

 

井上先生もこんなに大変な思いをしている。だから俺も頑張らないと

 

って。

 

物語でなくて、もう何でもいいんですけど、何かを作ろうと思ったら、みんな大変なんですよね。

 

そんな当たり前のことを再認識して、気合が入った次第です。

 

P.S.

書けないとは言いながらも、ちょこちょこは書けてきました。僕の窓拭き小説第3弾。

えー、これが書き出しの部分ですね。物語の導入部分。

 

f:id:gevvoihorry:20180605172237p:plain

 

僕が何か物語を書くっていえば、もう青春の全てを費やした窓拭きしかないんですよ。

悔いの残らないように、ビシバシ書いてみたいと思います。