ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

「とある窓拭き野郎の決意」を公開しました。

 

「とある窓拭き野郎の決意」って小説をnoteで公開しました。

16000字くらいなので、短編小説の部類に入るんですかね。そういうやつです。

 

 

価格は100円ですので、何も考えずポチッとやっていただけると幸いです。

右手でも左手でも構いません。通常押しにくいと言われてる左手薬指でも結構ですので、ポチッといってくださいw

(導入部分だけは無料公開しています)

 

☆☆☆

 

このブログでも何回か書いたことあると思うんですけど、僕は窓拭きの仕事をしていて、そういう会社を経営しています。

んで、特に10代の頃はのめり込んだんですよ。もうギャラなんていらないから、毎日やっていたいって状態でした。

まあ今でも好きですけどね。仕事が嫌だって思ったことは人生で一度もありません。

 

f:id:gevvoihorry:20180613160218p:plain

 

青春の全てだったんですよ。こうやってロープ降りたりするのが。

 

なので、僕が書く小説は100%窓拭きのことになっています。心の根っこにあるのが、これなんですよね。

 

んで、今回の「とある窓拭き野郎の決意」は親しいフリーランスの友人を見ていて書いた話です。

彼も窓拭きしてるんですけど、どうも方向性を間違えてるんですよね。努力の向きがズレてるっていうか。

そんな彼に自分からのメッセージを届けたくて、この話を書きました。

 

ステマみたいな感想を送ってくれたので、きっと本人には刺さったんでしょうw

 

f:id:gevvoihorry:20180614165038j:plain

(ちなみに小説勝負の対戦相手の1人です)

 

「時間の切り売りはダメだよ」とか、「倍働いて倍稼ぐって意味なくね?」みたいな考えが小説には出てくるんですが、これ誰でも共通のことだと思うので、どんな職業の人が読んでも、共感するポイントはあると思います。

 

導入部分だけは無料で読めますので、そこだけでも読んでいただけると嬉しいです。