ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:14万

XAMPPの時刻設定が出来ずに苦戦した話

 

PHPのローカル開発環境にXAMPPを使ってるんですけど、これの時刻ってヨーロッパになってるんですよね。ヨーロッパ合わせっていうか。

んで、これを日本時間に変えてみました。別に深い理由があったわけじゃないんですけど、ドットインストールで「ローカル開発環境の時間を合わせておいた方がいい」って言われた回があったんで。

 

やり方は非常に簡単でした。php.iniのdate.timezoneを編集するだけ。

XAMPPのPHPの時刻合わせ | mawatari.jp

 

XAMPPインストール直後のPHPは、タイムゾーンがEurope/Berlinで登録されているため、日本時間からマイナス8時間ずれた状態になっています。php.iniのdate.timezoneを編集し、時刻合わせを行いましょう。

 

C直下にXAMPPをインストールしている場合のphp.iniのパスは、 C:¥xampp¥php¥php.iniです。バージョンや環境によって違いはありますが、1044行目あたりにある date.timezoneを以下の通りに修正しましょう。

 

ただ、この記事に書いてあった通りにしたのに、なんでだか変更されなかったんですよ。

 

んで他の記事もググること15分。やっぱり間違いはない。この方法であってる。

 

むーん、なんでじゃろ?って思ってたんですが、これあれなんですね。

 

 Apacheを再起動すればOK

 

f:id:gevvoihorry:20180624045812p:plain

 

Runningなってるこれを一旦Stopさせて、それでまたRunningさせればOK。万事解決でした。

 

普通は一瞬で気付くことなんでしょうけど、僕みたいに鈍くさいやつが全国には3人いると思うので、ここに書き残しておきます。