ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

継続のための脱力

 

僕のネット歴は5年とかそのくらいで、33歳という歳を踏まえれば、かなり短い方なんですけど、どうもネットっていうのは継続が大事みたいじゃないですか。

これはネット上のコンテンツの話ですね。ヒカキンさんの動画しかり、イケハヤさんのブログしかりで、結果を出してる人は継続的にコンテンツをアップしてますよね。

上記のお二方は「毎日更新」て形で継続的にコンテンツを上げてますけど、これが非常に大事なことなんじゃないかと思います。

 

インターネットが一般的になって、みんな発信するようになりましたけど、継続的に発信してる人って少ないじゃないですか。

コンテンツを継続的にアップしてるって言い換えてもいいんですけど。

 

一回だけ盛大にバスって消えるみたいな、一発屋の人もいますけど、やっぱ結果を残そうと思ったら継続ですよ。とにかく続けること。

継続は力なりって言いますけど、ネットをするようになってから、これを強く意識するようになった気がします。

 

===

 

僕の継続と言えばブログを5年、プログラミングを3年ってところなんで、続けることに対して何か言えるわけじゃないんですが、「石の上にも三年」という言葉を借りて、ちょっと思ってることを書いてみたいと思います。

最低3年何かを続けれてば、書く権利くらいはあるでしょうw

(ネット関係ないんですけど、仕事に関しては同じジャンル、てか窓拭きを16歳から17年間継続しています。これは今回関係ないから、どーでもいいんですけどw)

 

物事を継続するコツは、ハードルを下げることとか、習慣化することとか、まあ色々あるんですが、意外と大事なのが「脱力」だと思っています。

ようは力を入れすぎないってことなんですけど、これ重要だと思うんですよね。

 

主にブログでよく見かけるんですよ。ブログ開設して、めっちゃ力の入った記事を連投するんですけど、割りとすぐに辞めちゃう人を。

書いた記事は結構いいんですよ。内容も充実してていいんですが、いかんせん息切れが早い。

 

失礼な話で、見ると分かるんですよね。この人のブログは長続きしないだろなって。

5年くらいほぼ毎日書いてると、なんとなく分かってしまうんですが、悲しいことに大体当たります。

 

まあ別にブログなんか、続けても続けなくても、どっちでもいいんですけどね。めっちゃ気合の入ってたブログが終わるのを見ると、なんか悲しいんですよ。

もう少し楽にいけば、長続きしていいものになったんじゃないのかなと思ってしまうんです。

 

えー、まあアプリとかもそうですよね。プログラミングを勉強して、一作目からめちゃくちゃ力の入ったものを作ろうとすると、辞める確率は高いと思います。

どうせどれだけのハイクオリティでも、当たるかどうかも分からないんですから、最初は力抜いた方がいいと思うんですよ。特に最初は。

 

適当にちょこちょこリリースしてみて、それで感じを掴んでから、少しずつ力を入れてくくらいがちょうどいいでしょう。

 

これ物事全部そうっていうか、仕事も露骨にそうですよね。新卒で入ってすぐに辞める人もいますけど、あれ力入りすぎてたんじゃないのかな、とも思います。

入ってみたら上司が嫌だったり会社の仕組みが合わなかったってこともありますよ。でも大前提として、本人が相当に力んでたんじゃないでしょうか。

 

「うおお!!今日から社会人だ!!やってやる、俺はやってやるぞ!!」なんて思ったが最後、これは退職フラグが立ってますよw

力むと期待値が勝手に上がりますからね。実際はまあまあ我慢出来ることでも、我慢出来なくなっちゃったりするんですよね。

継続して続けることが最大の結果に繋がると考えれば、これは良くないことです。

 

別に他人が会社辞めるも何も、自分には関係ないし、それは本人の自由なんですが、変に力を入れすぎると結果に繋がりにくいってことを言いたいわけです。

 

自然体で楽に物事を感じてれば、継続率も高まるし、それが一番いい結果に繋がるでしょう。

 

とにかく、何でも続けることが大事で、そのためには脱力して、ある程度楽に構えてた方がいいと思うんですよね。

 

P.S.

当たり前の話なんですが、脱力って言っても本当に力を抜いて、低クオリティの仕事を連発しちゃダメですよ。

たまに俄然適当なブログを見るんですが、それはそれで早々に終わるだろうなって思いますw

 

 P.S2

継続的に努力するってことで言えば、梅原大吾さんのこの本がおすすめですね。

ちょっと脱力からはズレるんですが、非常にいいですよ。

  

勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書)

勝負論 ウメハラの流儀(小学館新書)

 

 

努力がなかなか実らず、長いトンネルの出口が見つからない状態でも、自分を信じてコツコツ続けていこうって気持ちになります。

「最短距離で早く結果を出したい」みたいな力みは取れるかと。