ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

毎朝7時にKindleの無料漫画を20冊紹介するサービス「Kindleマンガ無料仙人」をリリースしました。

 

f:id:gevvoihorry:20181126084015p:plain

 

毎朝7時にKindleの無料漫画を20冊紹介するサービス「Kindleマンガ無料仙人」をリリースしました。

Kindleマンガ無料仙人

 

これどんなサービスなのか、ザックリ3行で説明しましょう。

 

・毎朝7時にKindleの無料漫画20冊をお知らせ

・通知はメール

・サービス利用料は無料

 

えー、こんな感じですね。

 

メールでおすすめ漫画がランダムに送られてくるんですよ。

 

f:id:gevvoihorry:20181117063240p:plain

f:id:gevvoihorry:20181117063253p:plain

 

それと、仙人が毎日書く「今日のおすすめ漫画」のコーナーがあります。

これはKindleはもちろん、マンガアプリからもピックアップしてますので、非常にいいですよ。マンガアプリ好きの方にもおすすめです。

 

んで、このサービスを作った理由なんですけど、最初はあれだったんですよ。僕、頻繁にKindleの無料漫画をチェックしてるんです。何か掘り出し物はないかと。

でも、そうやってしょっちゅうサイト見に行くのは面倒なんですよね。

「こっちから出向かずに、向こうから来てくれればいいのにな」って思って作ったのが、このマンガ仙人です。

 

それで最初は身近な知り合い数人にテスト配信してたんですが、やってるうちに気付いたんですよね。これは自分が求めてた場だと。

僕、めっちゃ漫画好きなんですよ。アホみたいに好きなんですけど、それを発信する場がなかったんです。

 

このブログに漫画のこと書いてもいいんですが、それもちょっと違うじゃないですか。プログラミング日記って言ってるし。

何かを発信するときは、極力そのジャンルに特化した場所を作りたいんですけど、漫画はそれがなかったんですよね。

 

漫画のブログを立ち上げたこともあったんですけど、漫画の情報って流れが早いから、すぐに変わっちゃうわけですよ。無料の期間であったり、アプリの公開期間が。

それでどうしようかなと考えてたんですが、そこに仙人がハマった感じです。

 

サービスとして云々以前に、ここで自分の漫画愛を発信していきたいですね。

 

俺は漫画が好きだどー!!

 

って叫びたいわけですよw

 

それを仙人口調で言うのが大変なんですが、毎日コツコツやっていこうと思います。

興味にある方は是非どうぞ。一緒に漫画ライフを楽しみましょう。

Kindleマンガ無料仙人