ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:20万

2つのラッキー

 

アプリでもWebサービスでもいいんですけど、作るのって難しいじゃないですか。

特に素人が独学で挑戦しようとすると、高い壁が20個くらいはあると思います。これマジで。

 

必死になってプログラミングを覚えるものの、出来上がったアプリ(ないしサービス)は見た目がヒドイ。んで大した動きをするわけでもない。

さらにリリースしたはいいものの、反響ゼロ。たまに付くレビューは星1つ(最低評価)なんてことはザラにあるでしょう。

 

まず完成させるのが難しくて、さらにリリースしたあとの結果を見て心が折れちゃうんですよね。

リリースまでいけるかどうかも難しいところですけど、心が折れるポイントは沢山あるでしょう。

 

んで、これは僕もそうだったんですけど、今にして思えばラッキーだったなと思うポイントが2つあったので、ちょっとその話をしたいと思います。

 

===

 

まず最初のラッキーは嫁がデザイナーだったことですね。あのー、あれなんですよ。グラフィックデザイナーなんです。

飲食店の看板やメニュー、あとは名刺なんかのデザインをするっていう。

当然ながらアプリやWebは素人なんですが、デザインはバッチリなわけですよ。だから、これはマジでラッキーだったなと思っています。

 

全部のアプリを手伝ってもらうわけではないですが、主にツール系を作るときは嫁の力を借りてますね。

こないだリリースした「いちねんせいの漢字」なんかも、嫁に手伝ってもらいました。

 

f:id:gevvoihorry:20181211162638j:plain

f:id:gevvoihorry:20181211162642j:plain

 

デザインが素人だと、なかなかいい感じにするのは難しいので、これは本当に助かってます。

自分がデザインしてたら、リリース一ヶ月でダウンロード5とかでしょう。

 

プログラミングを覚えたあとに立ちはだかる、「見た目がクソすぎるの壁」は嫁のおかげで越えれたと言っても過言ではありませんw

 

次のラッキーは割と最初の頃に作った「ニート専用脱出ゲーム 職安へ行こう」が、自分なりに当たったことです。

これマジで見た目がヒドイんですよ。ゲームなんで、嫁の力を借りることなく自分で作ったんで。

(嫁はゲームデザイン出来ないって言うんです。。)

 

f:id:gevvoihorry:20181230051215p:plain

 

始まりの画面がこれですね。画面奥にドアがあるんですけど、その前にダッチワイフのフジコちゃんがいて、自分の部屋を脱出出来ないっていう。

主人公は30歳手前のニートなんですけど、一念発起して職安へ行こうとするんですよ。いい加減働かないといけないと思って。

しかしそれを防ぐフジコちゃん。ここが脱出の始まりですw

 

これは確か現時点で6万ダウンロードくらいされてるんですよ。98%がiOSなんですが、そのくらいされてます。

リリースして割りとすぐに5万DLくらいまでいってくれました。

脱出ゲームとしては全然ダウンロードされてない方だと思うんですが、アプリ初級者にしては十分じゃないですか。

 

リリースした頃は、動画広告なるものがまだ全然普及してなかったので、バナー1本でした。

今なら動画を見てヒントを見る、みたいなことが出来たんですけど、当時はバナーのみだったんです。

でも1ヶ月1万円くらいになったんですよ。アプリの初期に1万円稼げると、テンション上がりますよね。

 

途中で何度もアップデートして、結構レビューが消えちゃったんですけど、嬉しいレビューも沢山いただきましたし。

(今は違いますけど、ちょっと前まではAppStoreでアップデート申請するとレビューがリセットされてたんですよね)

 

えー、これも非常にラッキーだったと思います。

 

しょーもない脱出ゲームなんですが、お暇な方はぜひw

 

ニート専用脱出ゲーム 職安へ行こう

ニート専用脱出ゲーム 職安へ行こう

  • Taro Horiguchi
  • ゲーム
  • 無料

 

===

 

嫁がデザイナーだったことと、初めて作った脱出ゲームがそこそこダウンロードされたこと。これら2つが、今にして思えばラッキーでしたね。

「見た目がクソすぎるの壁」と「リリースしたものの反響ゼロの壁」を越えれたのは、多分これらのおかげが強いでしょう。

 

だから僕みたいな境遇の人はあれですよ。友達にデザイナーがいれば協力してもらうことと、まずはダウンロードされるだろうジャンルのアプリを出すことをおすすめします。

完全オリジナルのゲームとかはあれですからね。思いついたときはテンション爆上がりですけど、反響はないのが普通ですから。

 

思いつく→テンション爆上がり→リリース→反響ゼロ→テンション爆下がり

 

という流れになるのがスタンダードです。結構リスキーですよw

 

自分ごとで言えば、「石油採掘ゲーム アブラカタブラ」というものを出したことがあるんですが、これは見事にスベりました。全然ダメですw

 

石油採掘ゲーム アブラカタブラ

石油採掘ゲーム アブラカタブラ

  • Taro Horiguchi
  • ゲーム
  • 無料

 

素人がアプリを作ろうとすると、まずプログラミングじゃないですか。むしろプログラミングのイメージしかなくて、これを越えれたときに一安心するのが普通なんですが、気を付けてください。壁はその後にもあります。てかその後の壁はかなり高いw