ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:20万

逆にしてみる

 

年末に学習系アプリを10本くらいリリースしたんですけど、その中にある「小学生の英語」ってやつが地味に調子いいんですよ。

自分の中では二塁打くらいでしょうか。珍しくiOSよりもAndroidの方がダウンロードされています。

(Androidは最近になって少しずつ上がってきたんですよ)

 

小学生の英語

小学生の英語

  • Taro Horiguchi
  • 教育
  • 無料

 

んで、ちょこちょこアップデートしてたりするんですが、画面を見てて思ったんですよね。

 

ん?これもしや、、、

 

逆にしたら日本語アプリになるんじゃあるまいか

 

って。

 

f:id:gevvoihorry:20190422220308j:plain

 

今はこうなってるものを、、、

 

f:id:gevvoihorry:20190422220337j:plain

 

こうやったら日本語アプリですよねw

 

若干強引というか、当然のように雑な部分は出てきてしまうんですが、簡単に作れるので早速作ってみました。

そしてストアに提出したのが、ついさっきのことですw

 

f:id:gevvoihorry:20190422220446p:plain

アプリ名は適当に決めたんですよ。Search Adsで検索ボリュームを見たら、複合ワードだと「Japanese learning」みたいなのが熱かったので、それにした次第です。

当然のように「Japanese」単体では全くダメだろうと思ったのと、意外と他のアプリ(アメリカのランキングに入ってるやつ)は、みんな「learning」じゃなくて「learn」なんですよね。Learn japaneseみたいな。

なので、learningをアプリ名に入れたら、もしやワンチャンあるんじゃなかろうかと思ったわけです。全く分からんですけど。

 

まあ適当にリリースして、その後の数字を見ながらあれこれやっていきたいと思います。