ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:25万

ビジネスクラスから課金を学ぶ

 

人生で初めて飛行機のビジネスクラスなるものに乗ったんですよ。

めっさ金持ちになったとかではなく、座席がない&マイル溜まってるってコンボの結果、ビジネスクラスに乗ることになったみたいです。

妻がやってくれたんですが、僕空港でチケット取るまで気付かなかったんですよ。なので、変な緊張感の元、日本に返ってまいりました。

 

 

多分、次乗る機会があったとしても、10年後とかそこらでしょう。

なので「ビジネスクラスから何かを学ぼう」と思い、乗りました。

マイルとは言え、上乗せされた分、きっちり何かを持って帰ろうと決意したわけです。

 

とりあえず言えることは、ビジネスクラスとかファーストクラスって、アプリで言うところの「課金」じゃないですか。

エコノミーっていう無課金ユーザーがいて、それよりも優遇される形で課金ユーザーがいるっていう。

まあ厳密にはエコノミーは無課金じゃないし、むしろみんな大枚はたいてますよね。移動するために、めっちゃ大金使ってると思います。

 

えー、何はともあれ構図は似てるわけですよ。アプリの課金と、飛行機のビジネスクラスは。

なので、これは課金を学ぶ絶好のチャンスだと捉えました。

 

このブログでも何度か書いてますが、僕は課金を実装したことないし、なんならビビっております。

「課金実装した挙げ句、何か不具合あったらどうしよう。。」なんて思っちゃうチキン野郎なわけですね。

そんな自分を変えるべく、ビジネスクラスに乗り込んだわけですよ。

 

ただ、乗ったら案の定あれです。通路挟んだ僕の横に、資本主義の勝者みたいな欧米人が座ってたんですよね。

んで、それにビビってたのも束の間、今度は自分の横に「愛人5人いるでー」みたいなおっさんが座ってきました。

 

予想はしていたが、これがビジネスクラス。。えげつない連中に囲まれてしまった。。

 

というのが、そのときの正直な感想です。

なんせ資本主義の勝者と、愛人5人ですから。

 

しかも飯も豪華っていうか、よく分からんワインとか出てきますからね。

ナイフとフォークも2セットあるわで、終始テンパっておりました。

 

その結果、、、

 

課金については何も学べておりません

 

むしろ「学び」自体ゼロに等しいです。

しいて言えば、リクライニングシートの倒し方を覚えたとか、そのくらいですね。

椅子にボタンが沢山あって、倒れ方のバリエーションが豊富だったんですよw

 

===

 

えー、ビジネスクラスから課金を学ぶことは出来なかったんですが、最近自分の中で思うことがあるので、ちょっとそれについて書いてみたいと思います。

結論から言えばあれですね。広告収入は不安定なので、いずれは課金も実装したいってことです。

 

広告って調子のいい日と悪い日があるじゃないですか。

んで、それってそもそものクリック数の差だったりもするんですが、個人的には広告単価が大きく影響してると思うんです。

「お、今日は広告の調子がいいな」って日は、大体単価が良く出てるんですよね。

 

なので、広告だけに頼ってると、どこまでいっても単価(つまりは収益)が不安定じゃないですか。

それを考えれば、課金にそんなことはないですよね。100円の課金はいつも100円。

AppleやGoogleのマージンが増えることもあるかもしれませんが、とりあえず一定のものでしょう。

 

こういう性質の差があるんで、いずれは課金をって気持ちは持ってます。

 

やるからには飛行機のビジネスクラスよろしく、えげつない課金を実装したいですね。