ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:25万

集中力難民

 

よくスポーツ選手が「ゾーンに入る」って言うじゃないですか。ようは「めちゃくちゃに高い集中状態に入る」ってやつですね。

んで、これプログラマの人からも聞くんですよ。ゾーンに入った、みたいなことを。

確かに、人のブログとか読んでると、めっちゃ集中しちゃって気付いたら朝だったみたいな話が書いてありますからね。

 

スポーツであれプログラミングであれ、それだけ対象物に対して夢中になったってことなんでしょうが、ここであえて聞きたい。

 

それほんとか?

 

と。

 

いや、ていうのもあれなんですよ。僕、ゾーンはおろか、そんなに集中出来ないんです。

気付いたら朝だったって話がないのはもちろん、30分集中出来たら御の字(おんのじ)ですもん。

そんなポンコツゆえに、ゾーンに入る系の話が、いまいち信じられません。

 

いや、そりゃまあ本当のことなんでしょうけど、自分がそういう状態に入れないから、単純に嫉妬してるんですよ。羨ましすぎるじゃないですかw

 

てか正直な話をすれば、プログラミングを始めて4年ほどたちますが、これは「集中力との戦い」だったと言っても過言ではありません。

気を抜くとすぐにサボっちゃう性格なので、いかにパソコンに向かって集中するかを、ずっと考えてきました。

 

普通にしてても集中出来ないから、あえてジョナサン(ファミレス)に行くとかしてたんですよね。

「ジョナサン = 開発」みたいな、パブロフの犬状態を作り、それで無理矢理集中状態に入ってました。

 

本当に最初の頃、まだプログラミングの基礎を勉強してた頃は良かったんですよ。

テンション爆上がりだったんで、1ヶ月くらいは猛烈に集中出来てた気がします。

その甲斐あって、1ヶ月ほどで基本的なことをマスター出来たんですが、それ以降はダメですね。日に日に集中力が落ちてると感じますもんw

 

だからどうやって集中するかが、ずっと自分の課題なんですよ。

 

とりあえずはジョナサン、厳密に言うところの「朝ジョナ」が機能してたときは問題はなかったんですよ。

早朝のお客さんがいない頃にジョナサンへ行き、そのまま数時間開発するってスタイルですね。

 

しかし、そのジョナサンが最近になって24時間営業をやめちゃったんですよ。

これは全店舗の話でなく、僕が通ってたジョナサンの話なんですけど、開店が7時になってしまったので、朝ジョナが出来なくなってしまいました。

 

その結果、朝は自宅で開発するようになったんですけど、ずっとジョナサンでやってただけに、全く集中出来ないんです。

集中力ないながらも、なんとかやりくりしてたんですが、ここへ来てまた難民ですよ。集中力難民です。

 

ほんと、集中するって難しいですよね。理想は「集中しよう」なんて思うことなく、サクサク進められることなんですけど、それはまだ遠い話ですね。

とりあえず自宅で集中出来るように、あれこれ工夫してる段階です。

 

僕みたいなもんがゾーンに入れる日はいつか来るんでしょうか。。