ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約60本。総ダウンロード数:50万

個人開発に必要なもの

 

最終的にビールになってしまった話。

 

個人開発に必要なものって沢山あると思うんですよ。技術力はもちろん、企画力や宣伝力もそうですね。

ただ、個人的にはモチベーションが一番大事だと思います。

モチベーションさえ保ててれば、個人開発は続くでしょう。逆を言えば、これがないとダメ。簡単に終わってしまいます。

 

個人開発って結構メンタルやられがちじゃないですか。簡単にダークサイドに落ちるでしょう。

 

頑張って作る→リリースする→反響なし→収益なし→やってられん→ダークサイド行き

 

この流れですよ。まさにあるあるだと思うんですが、こうなってはお終い。試合終了です。

 

なので、個人的にはモチベーションを保つことを最優先に考えています。

 

===

 

んで、このモチベーションなんですが、僕は「親しい友人に頻繁にテストプレイしてもらうこと」で保ってますね。

バグチェックや機能の感想を聞くことも兼ねてるんですが、一番はモチベーションの維持です。

 

テストプレイしてもらう日を決める→その日に向かって頑張る

 

みたいな感じですね。

 

元々怠惰な性格なので、あんまり日にちが遠いと、簡単にモチベーション下がっちゃうんですよ。なので7~10日くらいの間隔で、友人に開発中のアプリを触ってもらっています。

 

個人開発は当たり前に自分一人なので、気を抜いたらすぐにビールを飲んじゃうじゃないですか。

コード数行書いたらビール飲みたくなるのが常だと思うんですが、それじゃダメですね。

モチベーション高くゴリゴリ書いて、それからビールを飲みましょう。

 

まあ、サボって飲むビールこそ美味しいんですけど。