ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

アホのポジションを取る

 

いつも適当にブログを書いてるんですけど、実はボツにしてる話もあるんですよ。

書き終わって見返すじゃないですか。それでつまらないとボツにしています。

具体的には5%くらいですかね。20本に1本くらいダメなときがあるんですよ。

 

むーん、真面目すぎる。

 

真面目一辺倒なのに中身スカスカで困るな

 

ってときは、お蔵入りになります。

 

終始真面目に書くならば、中身キッチリしたいじゃないですか。

それが出来ないなら適当にボケておきたいんですが、たまにあるんですよ。本当に中途半端なときが。

自分が読んで1ミリも面白くないときは、お蔵入りですね。

 

まあそうは言っても自分に対して激甘な私ですので、大概のものは通します。

「むーん、何か全然面白くない気がするなー。でも2ミリ位は面白さあるからいいか。公開。ポチー」みたいな感じですよ。

まあアプリもこの調子ですからね。だからいつまでたっても適当な結果しか出ないんだと思います。

 

===

 

えー、そんなわけで今日は「アホのポジションを取れ」って話です。

 

やっぱ中途半端な真面目が一番ダメなんですよ。

社会人でもいるじゃないですか。真面目一辺倒な雰囲気出してるのに、中身スカスカな人が。

これが一番ダメですね。中身スカスカならアホに回れ。真面目な挨拶なんかいいから、ボケてくれって思うんですが、そうはならない。

 

てかアホのポジションを取れるなら、それが一番いいですからね。

特に若い人はそう。社内に「アホ」のポジションが空いてたら、全力で取りに行くことをおすすめします。

 

もうアホって何でも許してもらえるんですよね。何か失敗しても「あいつアホだから」でお終いですし、逆に成功しようものならすごいですよ。「アホのあいつが結果出してきた」ってなりますからね。

年取ってアホのポジションに入るのはキツいし、周りも変に気を使っちゃうからダメなんですけど、若者はバッチリです。ナチュラルにアホを取れる。アホのカードを自分のものに出来るんですよ。

 

僕もいまだにアホのカードが欲しくてたまらないんですけど、やっぱ37歳にもなるとアホのカード持てないんですよね。周りがなかなか持たせてくれないんですよ。

一応会社の代表だし、窓拭きも20年以上やってますからね。こうなるとアホは取れません。

(本業っていうか副業っていうかで、窓拭きの会社を経営しております)

 

せめてアプリ開発だけでもアホのポジションを死守したいんですが、これも6~7年やってますからね。

これくらいの年月やっててアホのポジション取るのは、結構キツいと思います。

 

てかそういう意味では、初級者こそアホ取れるんで、もう全員アホ取ったほうがいいでしょうね。

これ日本人特有かもしれませんけど、「下手くそだから恥ずかしい」って文化があるじゃないですか。

まだ下手だから公開出来ないとか、だれかに紹介するのが恥ずかしいとか。

 

個人的には逆だと思うんですよ。公開のハードルが上がってるのは上級者です。

「これだけのキャリアや実績があるんだから、それはそれはすごいもの出してくるんだろう」って目で見られますからね。

その点、初級者はハードル低いじゃないですか。てかそこでアホを併用すれば無敵です。

 

結果が出れば5割増しで称賛されるし、出なくても全く問題なし。むしろアホポイントが加算されるので、さらなる無敵状態になるでしょう。

 

世の中、真面目なポジション取りに行く人多いと思うんですよ。いたることで、それが良しとされてるから。

でも本当の意味で得するのはアホです。このポジションが空いてれば、全力で狙いにいきましょう。