ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

ゴールから逆算する

 

15年くらい前かな?窓拭き仲間が「副業しようと思う」って言ってたんですよ。

実際に何をしようとしてたのかは忘れちゃったんですけど、それを聞いて自分でもちょっと考えてみました。

ハイエース持ってるから運送業はイケるなとか、ガラス屋(窓拭きのプロ)と言えばロープワークが持ち味だから、これを活かして何か出来るぞ、みたいな。

 

(ガラス屋固有のアビリティ、ロープワーク)

 

んで、あれこれ考えた結果、泥棒に行き着いたんですよ。

マンションの屋上からロープで降りて、ベランダに侵入する泥棒。

今自分が副業するなら、これがベストだって結論に行き着きました。

 

実際にちょっとした高級マンションのガラス清掃をすることもあるんですが、屋上へ出るのって簡単なんですよ。

もちろん鍵がかかってて、管理人さんが開けてくれたりするんですが、そんなもんなくても出られることがほとんどです。

脚立の1個でもあれば、屋上へ行けるマンションて結構あるんですよ。

 

なので、夜中に屋上へ出てロープで降りる。んで留守の部屋を狙ってベランダから侵入すれば、結構イケるんじゃないかと思いました。

ベランダの窓を開けっ放しにしてる家庭って多いですもんね。何気にうちもそうなので、結構あるあるなんだと思います。

不謹慎な話ですが、ガラス屋が副業するなら泥棒がベストなんですよ。やっぱこれ以外は考えられない。

 

黒ずくめの格好。黒いザイル(ロープ)。2人1組。侵入役とロープ回収役。

ここまでやれば無敵ですね。たまに元鳶職の泥棒とかいますけど、本気出したガラス屋には勝てません。

 

===

 

んで、この話で何が言いたいのかっていうと、「ゴールから逆算しないとダメ」ってことですね。

スタート地点から考えるから、おかしなことになっちゃうんですよ。自分はロープが出来るから泥棒しかないとか、理にはかなってるけど、めちゃくちゃじゃないですか。

でもこの手の話って世の中のあるあるだと思います。今自分に何が出来るのか、つまりスタート地点から考えるから、思ったゴールに辿り着かないんですよ。

 

「私は〇〇が出来るから〜」って考えで始めると、まあろくなことにはなりません。

「デザインが出来るからこれを活かして〜」っていうのも大いに結構。その瞬間は一番稼げるでしょう。

でも、じゃあそれでなりたい自分になれるのかって言えば、そんなことはないと思います。

 

誰しも理想の自分っていうか、憧れる姿はあるわけじゃないですか。

年収1000万ほしいとか、遊ぶように働きたいとか。

でもスタートから積み上げるように働いてると、まずそのゴールには辿り着かないんですよね。

 

「寝ててもお金入ってきたらいいなー」とか、みんな考える話じゃないですか。んで、これは実現可能なんですよ。

投資家とか経営者とかアプリ開発者もそうか。実現出来るポジションてありますよね。

でもそれはそのポジションを取らないと実現出来ないんですよ。勤め人なのに寝ててもお金入ってくるとかなったら、何かがおかしいですもんね。会社組織が壊れてる可能性大です。

 

つまり、ゴールから逆算すれば実現可能なことでも、スタートから積み上げてると無理ってことです。

ラッキーで理想のゴールに辿り着く人もいるでしょうが、そんなもん極々少数でしょう。普通は辿り着きません。

ゴールから逆算して、今やるべきことを決めないと、普通は達成出来ないんですよ。

 

===

 

えー、それで話をアプリ開発に移したいんですが、アプリでもいるんですよ。スタートから積み上げ過ぎちゃってる人が。

僕もそうですけど、素人の状態から独学で始めた人っているじゃないですか。

これ初期の頃はマジで何も作れないんですよ。簡単なクイズアプリとかその程度で。

 

んで、とにかく作れるのもをバンバン作るのがセオリーなんですけど、その状態で止まっちゃってる人がいるんですよね。

ザ・作れるものを作ってるだけ。ユーザーのニーズがどうこうとか、マーケットどうしたは全く関係ありません。

 

僕も最初の数十本はそうでしたよw だから他人のことは全く言えないんですけど、たまに100本近くてもそれをやってる方がいるんで、さすがにそれは間違ってるぞと言いたいわけです。

最初にバンバン作るのは、自分の技術の幅を広げるためじゃないですか。僕は大して広がってないんですが、まあそうなんですよ。そう思ってください。

 

んで、そうやって慣れてきたら、今度はゴールから逆算するわけですよ。「売るためにはどうしよう」ってことですよね。

プログラミング始めました。アプリ作ってます。慣れてきました。ゴール決めましょう。なんですよ。

スタートして慣れてきたら、今度は逆算しないと成功しないでしょう。

 

ザ・お前が言うなって話の典型なんですけど、たまに同志を見かけるので、どうしても言いたくなっちゃいました。

 

同志よ。無駄に量産するのは分かる。今のストアを見渡しても、無駄に量産してるのは俺とお前と、あと数えるくらいだ。

でも同志よ。お前のアプリは独りよがりだ。自分が作れるものを作ってるだけ。全然ゴールに向かっちゃいない。

ゴールから逆算するんだ。同志よ。人が欲しがってるアプリを作れ。それは巡り巡って幸せに繋がってると、俺は信じてるぞ。

 

同志よ。お前の幸せを決めて、そこから逆算するようにアプリを作るんだ。