ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

やっぱGoogleは怖えぇ

 

佐木飛朗斗風タイトル。「やっぱナナハンは強えぇ」より抜粋。

 

YouTuberのアカウントBANとか、アドセンスBANの話をちょいちょい見かけるんですよ。

んで思うんですけど、やっぱGoogleは怖いですよね。

めちゃくちゃ助けられてるし、もうGoogle無しの世界なんて考えられないですが、それでも信用しちゃいけないと思います。Googleに命を預けた生活なんてしちゃいけないんですよ。

 

1年くらい前かな?「やっぱGoogleは怖えぇ」っていう出来事があったので、ちょっとその話を書いてみたいと思います。

結論から書くと、再三確認してOKをもらってるにも関わらず、広告アカウントが2回もBANされたって話です。

 

 

こんなメールが来るんですよ。それも「お客様のGoogle広告アカウントは強制停止されました」ってタイトルで。

これ一瞬アドセンス(AdMob)のことだと思うじゃないですか。初めてきたときは心臓が2秒止まったし、2度目きたときも同じく2秒止まりました。

計4秒。これ世が世なら訴えてもいい案件だと思うんですよね。4秒も心臓止められとるわけですから。殺人何とか未遂です。

 

そもそものキッカケは、Google広告を出そうとしたことでした。

Androidアプリって、やたらとeCPMが高騰するじゃないですか。バナーでも1500円くらいなったりするでしょう。

それで、このくらいの単価出るのなら広告打ってもいいんじゃないかって思ったんですよ。

 

「LTV > CPI」でしたっけ?広告打ってもプラスになるみたいなあれですよ。

これを達成してるんじゃないかと思って、競馬だかパチンコの収支管理アプリを出しました。

 

そしたら出した直後に、警告のメールがきたんですよ。これはギャンブルに接触するから事前申請が必要だってメールが。

んでギャンブル申請したんですけど、担当者から、このアプリは該当外だと言われました。

あくまでも収支管理だから大丈夫。ギャンブルではない。YOUこのまま出稿しちゃいなよ。って言われたんですよ。

 

それでそのまま出すじゃないですか。そしたら1ヶ月後くらいに、1回目のメールがきました。

 

 

これが。

 

案の定、ギャンブルに接触してるってことだったんで、これまでの経緯を説明したんですよ。異議申し立てして。

そしたらアカウントも復活するじゃないですか。そもそもお墨付きをもらってるんだから。

 

んで再度広告を掲載してたんですけど、またきましたよ。

 

 

これが。

 

2度のお墨付きをもらいながらもBANされる。まあAIがやってることなんで、このときも説明したら解除してもらえたんですけど、もう怖いじゃないですか。

AIにBANされて、そのまま復活しないって話も多々聞きますからね。

てか、こういうこと繰り返してると、広告アカウントのみならず、本アカウントへの影響を心配しちゃったんですよ。

 

怖えぇ。

 

やっぱGoogleは怖えぇ

 

この人たち、多分きっとメイビー話通じないわ。いつか笑顔で本アカもBANされる。もうやめよって思っちゃったんですよ。

 

生まれて初めてのGoogle広告でしたが、そんなこんなでやめてしまいました。

Googleの怖さを再認識できたことだけが収穫でしたね。肝心の広告スコアは覚えていません。