ホーリーのプログラミング日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:5万

今年のアプリ目標的な何か

 

何をするでも目標は大事っていうことで、今年のアプリ目標を書いてみたいと思います。

 

今年の目標はあれだ。

 

アプリを30本リリースするぞ

 

これ。これに決めました。いま。

 

えー、正月から今日までで3本リリースしてまして、今まさに4本目をリリースしようとしてるところなので、残り26本ですね。これを年内に達成しようと思います。

(この3本ていうのは、どれもiPhoneアプリをAndroidに作り変えたものなので、本来ノーカウントなんでしょうが、SpriteKitで作ったものをUnityで作り変えるっていう作業だったので、ここはカウントさせていただきます。まあ別物ですしね。あれ)

 

しかし今が4月ってことは、今年は残り8ヶ月。んで26本てことだから、1ヶ月に約3本のペースでリリースするってことですか。10日で1本。

なんか無理ゲーっぽいし、今正月に書いた記事を見たら20本になってるので、近々下方修正するかもしれません。

(修正するときは潔くするので、温かい目で見てね。ハート)

新年の抱負的な何か - ホーリーのプログラミング日記

 

☆☆☆

 

しかし目標の立て方って人それぞれなんでしょうけど、僕は数字の目標じゃないと嫌なんですよね。それも自分でコントロール出来る数字じゃないと。

「アプリを頑張る」って目標だとザックリしすぎてるし、何よりゴールが分からない。

かと言って、「10万ダウンロードを目指そう」とか「毎月の収益10万円」とかは、自分でコントロール出来ることじゃないから嫌なんです。他人頼みの部分が多いですからね。

 

その点、リリース本数だけは自分の努力でなんとかなるから、いいんですよ。

30本は達成出来るか分からない数字なんであれですけど、こういう目標が好きですね。僕は。

 

まあガチで30行こうと思ったら、問題はアプリのネタでしょうか。何を作るでもそうなんですけど、内容を考えるのが大変ですよね。

例えば脱出ゲームを作るにしたって、謎解きを考えなきゃいけないし、アクションゲームを作るでも、各ステージを考えなくてはいけない。

これが最大のハードルだと思っています。

 

大声で言えないんですけど、人のアプリを露骨にパクるのも時間かかりますしね。

何にせよども時間はかかるっていうことです。

 

とりあえず恥かくことを忘れて、なんでもポンポン出していこうと思います。

アプリごとの結果が全然出なくても、ひとまず目標達成には向かってるんで、OKってことで。

 

今年のアプリ目標的な何かは、こんな感じですかね。