ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:5万

Appleの審査基準は不公平であーる

 

朝からアップルさんにリジェクト(審査落ち)の連打を喰らっております。

理由なんですけど、何かこんな風に書いてました。

 

Your app name or subtitle to be displayed on the App Store includes keywords or descriptors, which are not appropriate for use in these metadata items.

Specifically, the following words in your app name or subtitle are considered keywords or descriptors:

 

これを翻訳すると、こうなります。

 

App Storeに表示されるあなたのアプリ名またはサブタイトルには、これらのメタデータアイテムでの使用には適していないキーワードまたは記述子が含まれています。

具体的には、あなたのアプリ名またはサブタイトルの次の単語は、キーワードまたは記述子と見なされます。

 

ちょっと前から、アプリ名に「無料」とか、値段のことを入れるとリジェクトされてたんですが、今度はキーワードが入っててもダメになったみたいですね。

 

こないだAppleのWWDCだか何かあったじゃないですか。イマイチ何の発表会なのか分かってないんですけど。そこでアプリの変更点も沢山あったんですよ。

くまんぼうさんの、このツイートが分かりやすいですね。ザックリとメインの変更点が書いてあります。

 

AppStore系の変更をまとめると

・新しいフィーチャー枠登場
・ランキングがほぼ死亡
・ASOがより重要に
・サブタイトル追加
・アプデでレビューリセットされない設定登場
・フィーチャー申し込みメアド廃止、今後はフォームから
・さよなら32bitアプリ

って感じ?

— いたのくまんぼう・Unity入門書発売中 (@Kumanbow) 2017年6月6日

 

この中にサブタイトル追加ってあるんですが、これ確かに追加されてました。

んで、これが追加されたことによって、今まで以上にアプリ名の審査が厳しくなったんじゃないでしょうか。

なんせあれですからね。朝一で審査落ちして、そのあとに前のアプリ名に戻して提出したんですが、これもリジェクトでしたから。

 

まだご存知でない方は、iTunesConnectを除いてみてください。こんな感じに追加されてますよ。

 

f:id:gevvoihorry:20170613121058p:plain

 

☆☆☆

 

しかしAppleの審査基準が変わるのはいいんですけど、前の審査基準で通ってるアプリに対してはお咎めなしっていうのが解せないです。

めっさ共感するツイートを見つけたので、ご紹介しましょう。

 

AppStoreはアプリのタイトル名がASOに効くんだからタイトル名にキーワードを入れるのは当たり前で、それを理由にリジェクトするくらいならアプリ名をASOに効かないようにしてほしい。
現状だと審査を通るギリギリの量のキーワードを詰め込むという不毛な行為が最善になってしまう。

— 榊原 洋平 (@y_sakaki) 2017年5月12日

 

マジでこれ。ほんとこれなんですよ。

 

だってちょっと前に「無料」ってワードがダメになったんですけど、今AppStoreで「無料」って検索すると、最初に出てくるアプリのタイトルには「無料」って単語が入ってるんです。

もしもそうやってレギュレーション、基準を変えるのであれば、前の基準になってるアプリの順位を下げて、新基準で通ってるアプリの順位を上げるべきでしょう。

 

新たに審査を受けた人から、順に不利になってくのは、おかしいですって。

受け損じゃないですか。審査受け損。

 

まあほんとAppleさんに言いたいのはあれですよ。基準を変えてもいいんだけど、それは全てのアプリに反映してねってことです。

新しい基準を満たしてないアプリは、AppStoreから除外するか、順位を下げる措置を取ってほしいです。

 

じゃないと不公平でしょう。

 

次回予告(明日の朝6時に更新予定)

「Unityで簡単なシューティングゲームを作ってみました」