ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:14万

DOTweenが便利すぎて困る

 

しかしDOTweenて便利ですよね。僕これUnityの寺子屋で知ったんですけど。

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/27676

 

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

  • 作者: いたのくまんぼう,大槻有一郎
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2017/08/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

色々なアニメーションを実装出来るんですが、シンプルにこんなことをやってみました。

 

f:id:gevvoihorry:20171025210603j:plain

 

プニプニへこむボタンですね。僕これ好きなんですよ。

 

f:id:gevvoihorry:20171025210735j:plain

 

あとはこれ。スワイプすると、画面がスライドしながら切り替わるやつ。

これ前にSpriteKitで作ってたときは、最初からフレームワークみたいなのが用意されてたので簡単だったんですけど、Unityではどうやればいいのか分かりませんでした。

ただ、DOTween使えば結構簡単に出来ますね。

 

僕がやったのはあれです。画面スライドさせつつ遷移。んで切り替わった先の画面で、スタート時にスライドさせるってやり方です。

横の画像を引っ張ってきてる風なんですが、実際には画面遷移してるっていうことですね。

正しい方法なのか分かりませんけど、現状これで満足しています。

 

こういうアニメーションって、UnityのAnimation機能でも実装出来るんでしょうけど、DOTween使ったほうが簡単ですね。

僕が参考にさせていただいてるのは、上記の和尚本と、こちらの記事ですね。いつもこのへん見ながらコード書いてます。

[Unity]DOTweenめーも|杏z 学習帳

 

プニプニボタンも、この記事にあったSequenceを見ながら実装してみました。

Append使いながらScaleを変更して、Callbackで画面遷移、みたいな感じですね。

 

いやー、しかし便利。DOTween便利ですよ。