読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。

アプリは知ってもらうのが大変である

 

相変わらず僕が作ってるAndroidアプリが全くダウンロードされません。。

確かに低クオリティの超クソゲーであることは承知の上ですが、それでもiPhoneでは毎月7000ダウンロードくらいされてるんで、なんでだろうと首をかしげています。

(Androidは月に100もないんですよ。。)

 

てかグーグルデベロッパーなんちゃらコンソールを見ると、そもそもアプリ自体、全然見られてないんですよね。iPhone版の職安へ行こうは、月に46万インプレッションくらいあるんですが、Android版のそれは88でしたよ。今見たら。。

アプリっていうのは、まず見てもらわなければ、ダウンロードされることはないんだなって思った次第です。

 

☆☆☆

 

しかしこれ、世の開発者さんもそうなんですよね。有名なところでいうと、この方とか。

貯金1,000万円つかって、6年で20アプリつくったが、年収は15万円。どん底アプリ開発者、コンテストで賞金250万円を獲得し、人生初勝利をおさめる。 | アプリマーケティング研究所

 

こちらの伊与田さん、アプリコンテストで優勝するくらいの実力者なんですが、優勝して注目されるまでの6年間は、年収15万なんですよ。

てか優勝する直前は、月の収益が2〜3000円て書いてます。。

 

この方は極端な例ですけど、同じような方って、結構見るんですよね。

個人開発者さんのブログを読んで、そこからその人のアプリをダウンロードしてみると、相当クオリティ高いんですよ。でも書いてあるダウンロード数が、それに全然見合ってないんです。

 

いやー、とにかくアプリっていうのは、数が沢山あるんで、まずは知ってもらうことが肝心なんでしょうね。

世の中のアプリ、また、グーグルデベロッパーなんちゃらコンソールを見ていて、そんなことを思いました。

 

僕みたいなヘッポコ開発者は、クオリティを上げる努力が必要でしょうけど、中級者からはマーケティングが必要なんですよね。

家で集中できる人最強説

 

ときに思うんですけど、個人でアプリを開発してる人って、どこで開発してるんですかね?前回紹介した本の方は喫茶店だとおっしゃってて、実は僕も喫茶店なんですよ。

まあ喫茶店ていうかファミレスのジョナサンなんですけど。

 

これプログラミングを始めた頃からそうなんですけど、家だと集中出来ないんですよね。なので近所のジョナサンに行って、そこでコードを書いています。

 

んで、まあまあこの環境でいいだろうって思ってたんですけど、愛読してる堀江貴文さんのメルマガに、こんな1文がありました。

これはQ&Aのコーナーで、読者の方からの質問に答えているところです。

 

【Q,25】
 集中できる作業場所について質問させて下さい。
 平日夜、休日に仕事外の作業をするスペースを探しております(アフィリエ
イト記事作成、個人的な趣味・勉強など)。どうしても家にいると寝てしまっ
たりネットサーフィンをしてしまったり誘惑が多く、作業効率が低くなる傾向
がある為、カフェなどで作業をしています。
 が、結構満席率が高いのと、残業で夜遅くなると入りにくいので代わりの施
設を探しています。場所は田町~高円寺の間ぐらいです。コワーキングスペー
スも検討しましたが、少々値段が高くコスパが悪いかなと思いました。これま
での経験・知見から良い作業場所があったら教えて下さい。

A,よく「家にいると誘惑が多くて作業効率が低くなる」という人いるけど、な
んで? 俺は自宅とか移動中でもなんでも集中できるんだけど……。居心地が
悪い場所に行きたいの? てか、コワーキングスペースとかめっちゃ安いと思
うんだけど……。

 

おお。そうか。

 

家が最強なのか

 

って思ったんですよね。これを見て。

 

確かに喫茶店やファミレスだと、そんなに長いは出来ないんですよ。数時間から、いれても5時間くらいで。

そういう状況だと、結局、またほかの場所で作業をすることになるんですよね。それが勿体無いなと感じていたときに、これを見てしまいました。

 

まあこのブログを書いてる今もジョナサンにいるんですが、家で集中出来るようになりたいと思った次第です。

家なら時間も気にしないでいいし、コーヒー代を払う必要もないですかね。

 

でもうちは子供があるからタバコを吸えないんだよな。。

 

タバコ吸えないとコードが書けない病気なんですよ。僕。。

 

P.S.

ホリエモンこと堀江貴文さんのメルマガ、面白いんでおすすめですよ。僕は下記リンクの「まぐまぐ」で読んでいます。

堀江貴文のブログでは言えない話

アプリ開発者におすすめの本を見つけてもーた

 

アプリ開発者におすすめの本を見つけてしまいました。それっていうのがこれ。

 

 

これは個人アプリ開発者さんの本で、どうも相当な上級者さんのようですよ。

KindleUnlimitedだと無料だったんで、速攻でダウンロードして読んでみました。

 

☆☆☆

 

この本に説得力はあるの?なんて見出しが最初にあるんですが、そこにこんなことが書かれています。

 

著者は1人開発のゲームアプリにおいて、「無料 ゲームアプリ※ 1」 と「 ゲーム 内 課金※ 2」で、 割と個人の限界くらいまで行った人です。つまり両方の知見があり ます。

また、「アプリ 評価※ 3」と「 継続 率※ 4」においても、個人の限界くらいまで行きました。 今回はその手法を本にまとめています。

 

これ、どうもガチみたいなんですよね。この方、ガチの方ですよ。

 

んで、本の中に書かれてることは、主にマネタイズが中心となっています。

 

ちょっと前まではアプリバブルがあって、みんな100万ダウンロードを目指すような状況だったんですが、最近はそれが10万ダウンロード、いや数万ダウンロードまで減っています。

こういう状況だと、1DLごとの単価を上げるのが得策だって話で、そのノウハウについて書いてらっしゃるんですよね。

 

効果的なレビューのもらい方とか、アプリの継続率の伸ばし方、また著者の失敗談などが、結構余すこと載っています。

 

正直、今の僕にはちょっと早い話題の本なんですが、トップ開発者さんのリアルな姿を知れてよかったです。

個人的には、今後サーバーと連動したアプリも作りたいなと思ってて、そのへんのことも書かれてたんで、非常に参考になりました。

 

多分、中級者向けの本だと思うんですが、初級者も一度は読んでおいたほうがいいと思います。

前に紹介した、「れんとさんのトーク」くらい参考になりましたね。

755にあるアプリ開発上級者のトーク - ホーリーのプログラミング日記

SpriteKitで作ったゲームを、そのままUnityに直してみる

 

こないだリリースした激ムズ4段ジャンプってゲームを、ちょっと修正してみました。

激ムズ4段ジャンプのAndroid版をリリースしました - ホーリーのプログラミング日記

 

なんかリリースしたのはいいんですけど、iPhone版のそれに比べると、どうもゲームバランスがおかしかったんですよね。普段以上におっさんが挙動不審になってました。

んで、最近になってSpriteKitのゲームをUnityに上手く直せるようになってきたので、ちょっとそのことについて書いてみようと思います。

 

 

 

とにかくUnityでは座標が分からなかったんですよ。SpriteKitで開発してたときは、いつもiPhone6のサイズにしてたんですが、Unityの基準が分かりませんでした。

iPhone6のサイズ、ようは横750px、縦1334pxのそれに慣れてたんですけど、Unityは全然違うんですよね。

「UnityではじめるC#」って本にも、「単位のない座標系」なんて言葉があって、マジで混乱した次第です。Unityの画面サイズってなんやねんと。

 

UnityではじめるC# 基礎編

UnityではじめるC# 基礎編

  • 作者: 大槻有一郎,いたのくまんぼう
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2016/10/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

僕はとにかく画面のサイズを知りたかったんですよ。Canvasを使うときは750*1334の慣れたサイズに設定して、そこにuGUIを置いていけばよかったんですが、ゲームオブジェクトを配置するときは、そうならないんですよね。

 

「UnityではじめるC#」 を読んだUnity初心者の人なら共感してくれると思うんですが、あれって脱出ゲームと物理ゲームの2つを作るじゃないですか。

んで脱出ゲームのときは、Canvasだからいいんです。普通にピクセルで部品を置けばいいでしょう。

でも物理ゲームになると、途端に座標が分からなくなるんですよね。基準が全然分からないっていうか。

 

☆☆☆

 

えー、前置きが非常に長くなりました。自分なりの変換方法について書いてみます。

上記したように、SpriteaKitでゲームを作っていたときは、僕はiPhone6のサイズ(750*1334)にしていたんです。

んで、Unityでは、基本的にiPhone5Tall(9:16)で開発しています。

 

まずSpriteKitで画面ちょうどだった画像を、Unityに持っていくと、画面からはみ出るんですよ。

んでscaleを0.75にするとちょうど良くなりました。なので、僕がSpriteKitで作ったアプリをUnityで作り直すときは、全ての画像を0.75倍縮小しています。

 

f:id:gevvoihorry:20170115194743p:plain

(750*1334の画像があります。)

 

f:id:gevvoihorry:20170115194816p:plain

(Unityにゲームオブジェクトとして置くと、画面をはみ出します。ちなみにサイズはiPhone5Tall)

 

f:id:gevvoihorry:20170115194903p:plain

(んでこれのscaleを0.75倍すると、、)

 

f:id:gevvoihorry:20170115194931p:plain

(ちょうど良くなるんですよね)

 

それで肝心の座標なんですが、これも変換する公式を見つけました。

UnityのiPhone5Tallの場合、横の幅が5.6。縦の幅が10になります。んで真ん中が0ですね。縦0、横0の状態が真ん中って感じの。

 

それでSpriteKitは左下が0だったんですよ。画面サイズは750*1134で。

つまり750→5.6。1334→10に変換すればいいってことですね。

 

5.6 / 750 =  0.00746667

10 / 1334 = 0.00749625

 

四捨五入すれば、縦横ともに、0.0075をかければいいことになります。

 

んで座標の真ん中が0なので、これを加味して、横は2.8を、縦は5を引けばいいことになりますね。

 

さあ、そんなこんなで導き出した公式がこれだ。

 

横:0.0075x - 2.8

縦:0.0075x - 5

 

この場合のxは、SpriteKitのときの座標ですね。つまり横400、縦800って位置に置いてた画像は、Unityに直すとこうなります。

 

0.0075 * 400 - 2.8 = 0.2

0.0075 * 800 - 5 = 1

 

Unityでは横0.2、縦1って場所に置けばいいということです。

なんか説明が下手すぎて、伝わってるのかどうか怪しんですが、とにかくこういうことなんですw

 

☆☆☆

 

まとめますと、僕がSpriteKitのゲームをUnityに直すときは、画像のサイズを0.75倍して、座標の位置を上記の公式に当てはめて変換していました。

こんな原始的な方法じゃなくて、もっと現代人ぽい、スタイリッシュな方法がありそうですが、とりあえず僕はこうしたっていう話です。

 

自分なりの基準が出来たんで、またひとつUnityに慣れた気がしますね。多分。

3Dよりも2Dが好きであります

雑記

 

「3Dの女性には怖くて話しかけられない。俺は2Dが好きだ」

っていうのは友達のN氏の口癖なんですけど、今回の話はこれではありません。

ゲームは2Dと3D、どっちが好きかって話なんです。

 

僕は1984年生まれだけあって、やっぱ2Dに思い入れがあるんですよね。人生で一番やりこんだゲームも、スーパーファミコンのマリオカートでしたし。

(これは9年間やってました)

 

てかゲームは途中から、ただ単にグラフィックを追求する方向に行ったと思うんです。

それでゲーム性は上がってるのかと言えば、むしろ下がってる。難易度を下げて、大衆向けになっていったと思うんですよ。ゲーマーを置き去りにしたというか。

 

だから、なんですよ。だから僕は2Dゲームを作りたい、、、

 

わけではないんです

 

だって3Dゲームって、色々と面倒くさそうじゃないですか。空間に奥行きがあるってだけで、面倒臭さはスカンク級だと想像します。

2Dゲームは好き。だけど、その理由で2Dゲームばかり作るわけではないんですよね。自分にとっての難易度の問題で2Dゲームばかり作っています。

 

Unityでゲームを作ってる方のブログとか読むと、結構皆さん3Dなんですよね。それも凝った感じの。

あれ単純にすごいなと思います。多分僕が3Dを作ることは当分ないでしょうね。

755にあるアプリ開発上級者のトーク

雑記

 

前回、755ってアプリを見てアプリ開発を始めたって話を書きました。

久しぶりに755を見たら、アプリ開発のモチがベーションした件 - ホーリーのプログラミング日記

 

んで紹介した「かずぴ〜」さんのトークもいいんですけど、もう一人すごい方がいるんですよ。

「れんと」さんて方なんですけど、アプリを個人開発していて、ランキングの1位も取ってるし、売上が年間1000万を超えてるしで、本当の上級者だと思っています。

 

「アプリ ご飯」みたいなワードで755を検索すると出てきますね。僕はこの人のトークも全部読みました。

(かずぴ〜さん同様、今は更新されていません)

 

f:id:gevvoihorry:20170109061033j:plain

 

同じアプリ開発者の人からの質問が多く寄せられてるトークなんで、かなり参考になりました。んでご本人の人柄も本当素敵。

ニートからアプリ開発者に転身したって経歴も、魅力的なんですよねw

 

このトークも、また最初から読んでみたいと思っています。

久しぶりに755を見たら、アプリ開発のモチがベーションした件

雑記

 

久しぶりに755を見てみました。これは芸能人と会話が出来るって触れ込みで広まったアプリですね。

なんか前にも書いた気がするんですけど、僕がアプリを作ろうと思ったのは、この755にあるトークを見たのがキッカケなんです。

 

かずぴ〜さんて人のトークなんですけど、この人はパソコンに全然触ったことがなかったのに、数ヶ月の間にアプリをガンガン出して、50万ダウンロードくらい行った人なんですよ。

パソコンで小さい「っ」を打つのも分からなかったって言うのに、あっという間にアプリ開発を覚えていく様に、かなり影響された次第です。

僕もパソコンすら持ってない超アナログ人間だったんで、自分と同じだなって思ったんですよね。

 

興味のある人は755のアプリをダウンロードして、「かずぴ〜」で検索してみてください。これ「かずぴー」じゃダメですよ。「かずぴ〜」って検索しないと出てきませんw

 

f:id:gevvoihorry:20170109055151j:plain

 

一番上がそうですね。んで、この人のトークを久しぶりに読んだんですけど、多分に漏れず、アプリのモチベーションが上がりました。

「最初から読む」っていう機能があって、最初からトークを読むことが出来るんですけど、やっぱすごいんですよ。マジでガシガシ作っています。

 

最初の一本目は一週間で提出したとかあるんですけど、僕もこれに影響されて10日で出したりしてました。

アプリ入門の本を買って、速攻で作ってみたりしたんです。

 

上級者の人が読んでも参考にならないと思いますが、僕のような初級者、またこれからアプリを始める人には参考になるトークだと思います。

 

結構適当な感じの人なんですけど、この人の背中を追いかけると、意外や意外、結構な獣道なんですよw

かずぴ〜さんすごいな、こんなところを一気に通って行ったんだなって思います。

 

最近はアプリを作ってないみたいですけどね。また再開してほしいです。

 

P.S.

755は最初からトークを読めるんですが、スクロールしてるうちに別のトークに飛んじゃったりして、おかしなことになるんですよ。そうなると、さっきまで読んでたトークがリセットされちゃって。

この辺を直してほしいなって思います。最初から読みたいトーク、結構あるんで。