読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴1年。ポンコツアプリを量産しています。

作りたいから作るって理由が最強である

 

何かものを作るとき、「作りたいから作る」って理由が最強だと思うんですよね。

大人になってから作るものって、何でも理由を付けるじゃないですか。それは新しい商品であったりサービスであったりアプリであったり。まあ何でもいいんですけど、モノを作るときに、それっぽい理由を述べると思うんです。これはニーズがあるとか、お金になるとか。

 

まあ会社のお金で何かを作るときは、そういう理由が必要になるんでしょうけど、少なくとも個人は違うと思います。

 

やっぱあれですよ。

 

作りたいから作るっていうのが最強です

 

2度書きましたけど、やっぱこれだって思うんですよね。

 

ビルメンネットってWEBサービスを作ったとき、色んな清掃会社に営業したんですよ。多分1000社くらい。

そしたら、その中の一社から、「これを作った御社のメリットはなんですか?」って聞かれたんです。

 

今から思えば、突然の営業だし、無料って書いてたんで、怪しく思ったのかもしれないですね。とにかく聞かれました。

んでそのときに僕は思ったんですよ。この人は大人だなって。

 

こっちは単純に作りたいから作っただけなんだけど、向こうとすると、それは多分理由にならないんですよね。

何かを作るときは、自分(自社)にとってメリットがなくてはいけないって前提なんでしょう。それが変に大人だなって感じてしまいました。

 

アプリでもありますよね。最初はみんな初心者だから、大したもの作れないじゃないですか。僕は今でも大したもの作れないですけど、特に初期の頃はヒドかったんで、言われたわけですよ。これ作ってどうするの?何の得があるの?って。

そのときは、「まだ練習中だから」とか「何でもいいからリリースすることが上達に繋がるんだ」とか、それっぽい返しをしてたんですけど、本当は違うんですよね。作りたいから作ったんです。

そのときの技術で作れるものがあれば、とにかく作りたくてしょうがないんですよ。僕は作りたくてしょうがない。

 

もちろん返した理由も嘘ではないし、上達に繋がるとかは本当のことですけど、自分の芯の部分ではなかったなと思ってます。

 

何かサービスを出したり、商品を出すときは、世間の人に共感されるための理由が必要ですけど、それ以前に「作りたかった」って言いたいんですよね。これ自分が作りたいから作ったんだって。

今日まで自分が作った商品やサービスがありますけど、そのどれにも理由があります。こういうニーズを満たしたいとか、これがあることでもっと便利になるとか。

その理由に嘘はないんですが、一番先に言いたいのは「これは自分の作りたかったモノだ」ってことなんです。今さらながら、この想いに気が付きましたよ。

 

自分が作りたいから作ってる。誰かのためになるかどうかは二の次だ。

 

こう言える状態がクリエイターとして最強だと思います。

XAMPPでCSSが反映されなかったのはキャッシュが原因だった件

 

PHPを書くときは、とりあえずXAMPPでテストしてるんですけど、これでハマりました。まあタイトルそのままの話なんですけどね。

(XAMPP知らない人はググってください。僕も2割くらいしか分かってませんw)

 

CSSの変更が反映されなかったんですよ。これがどうやっても反映されない。なんならファイルごと消去しても、反映されないんです。

無いファイルを読み込むってどういうこっちゃ?と謎に思ってたんですが、これ「キャッシュ」てやつの仕業なんですね。

 

キャッシュについても2割くらいしか分かってないんですけど、ブラウザにはそういうやつがあるみたいで。

ブラウザのキャッシュとは~ホームページが更新されていない!?~

 

ようは金持ちのオッサンが現金ちらつかせながら、悪さをするんですよ。

「金が欲しいんだろう?ほらほら、早くしないと灰になっちゃうぜ」って。

 

f:id:gevvoihorry:20170214173159p:plain

 

書くのもアホらしいくらいの嘘なんですけど、ようは前のデータを残しとくんですよね。ブラウザの方で。

今回はその善意がアダとなりました。キャッシュのせいって分からずに、小一時間くらい右往左往してしまいましたよ。ああ、自分のヘボさ加減が憎い。

 

ちなみにブラウザはChromeを使ってるんですけど、ここでキャッシュを消去するのは、command+shift+Rでした。これやれば、変更が反映されるんですね。

 

同じところでつまずく人なんて、まずいないでしょうけど、いらすとやさんの絵を見つけたらキャッシュのことを書かずにはいられませんでした。

かわいいフリー素材集 いらすとや

 

【追記】

これ書いた直後に、またキャッシュでハマりましたよ。。JavaScriptの変更もキャッシュですか。もうキャッシュ分からん。現金嫌い。

やっぱPHPは初心者におすすめだなって思った話

 

タイピングスキルが著しく低いせいか、いつも「話」って打つところを「藩士」って打ってしまいます。

心の奥底で、幕末の志士に憧れがあるんだとも解釈してるんですが、どうにも直りません。

 

はい、そんなわけで「やっぱPHPは初心者におすすめだなって思った藩士」です。

 

☆☆☆

 

最近はアプリをちょっとお休みして、WEBのコードをガリガリ書いてるんですけど、やっぱPHPって分かりやすいですね。

Rubyには触れたことなくて、WEBはPHP一本なんですけど、これが簡単で気に入ってます。

 

そもそも最初にプログラミングを始めたときは、PHPから入ったんですよ。

(始めて一年間くらいの勉強内容は過去記事に書きました)

プログラミングを始めて1年。自分がしてきた勉強内容を書いてみる - ホーリーのプログラミング日記

 

んで、また最近PHPに触れてるんですけど、これ本当プログラミング初心者向きだなって思ってます。

まあ上級者はPHPでも色々と難しい処理を書くんでしょうけど、僕がやることは非常にシンプルなんですよね。

 

作ってるのはビルメンネットっていうマッチングサイトなんですが、特に難しい処理はありません。

 

会員登録

ログイン

案件登録

案件が他の会員にメールで通知される

サイトに案件が反映される

 

まあ他にもありますけど、主だった機能はこんな感じです。

 

入力された情報、例えば案件のタイトルが抜けてたら、抜けてるよって文章を出して、問題なければデータベースに登録。

データベースに登録するのはMYSQLって言語ですが、これも簡単なので問題なし。

 

他の会員さんにメールを送るのも、メールの関数を使えば楽勝。

サイトに案件を反映するのはデータベースからデータを引っ張ってくるだけ。

 

まあこんなことしかしないんで、特に難しいことはないんですよね。今は全然迷わずに書けるようになりました。

もちろん、ログインも簡単です。セッションでやつに値を持たせて、それを判定するだけだから。

 

このブログは僕と同じような初級者の人も見てくださってるようなので書きますが、WEBはPHPがおすすめです。

僕は下記の本を読んだんですが、これほんと神ってるんで、WEBのコードを書いたことのない人は、ぜひここから入門してみてください。

 

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

 

 

これ読みーの、ザックリ理解が出来たら、こっちも読みましょう。

 

気づけばプロ並みPHP~ショッピングカート作りにチャレンジ!

気づけばプロ並みPHP~ショッピングカート作りにチャレンジ!

 

 (なんか今見たら、もうじき改正版が出るみたいですね。そっちの方がいいのかもしれません)

 

この2冊を読めばPHPはバッチリです。ほぼほぼバッチリ。

 

僕は基本的にこの2冊しか読んでません。

 

えー、そんなわけで、 やっぱPHPは初心者におすすめだなって思った話でした。

動いてるものを作るより止まってるものを作るほうが簡単である

 

あくまでもプログラミング初級者向けの話。

(まあこのブログは100%そうですけどw)

 

最近WEBサービスの改善をしてるんですけど、やっぱ動いてるものよりも止まってるものの方が簡単だなと感じています。

今触ってるのはビルメンネットっていうサービスなんですけど、これは普通のマッチングサービスなんで、画面に動きはないんですよ。アクションゲームのように、何かが常に動いてるって状況ではないんです。

 

んで思ったんですけど、やっぱ止まってるものの方が、コード書くの楽ですよ。

複数のものが画面上で動いてて、それらを制御する処理って、僕には結構難しいものに感じます。

だからこのビルメンネットより、泳げおっさんとかの方が、難易度高く感じるんですよね。

 

ビルメンネットを作ったのは、本当にプログラミングを始めた最初の頃なんで、難しく感じてました。てか相当手こずった覚えがあります。

でも、今触ると難しいことはないんですよね。アプリで出してるポンコツゲームの方が何倍も難しく感じます。

 

だから、やっぱ止まってるものの方が簡単なんですよ。僕が作るようなレベルのものだと、本当にそうですね。

 

なので、プログラミングをこれから始めるって人は、止まってるものから作るといいでしょうね。

アプリなら脱出とかクイズ。WEBは、、、よく分かりませんw まあ基本的にWEBサービスなんてもんは、止まってるからいいでしょう。

 

動より静。プログラミングに入門するならこれですね。

iPhoneアプリをアップデートするとレビュー数が消えるのが残念である

 

タイトルそのままの話です。

 

iPhoneアプリをアップデートすると、レビュー数が消えるじゃないですか。

これ厳密には消えてないんですけど、パット見、なくなっています。

 

f:id:gevvoihorry:20170210191556j:plain

(最近アップデートした、職安へ行こうの画像)

 

普通はこの画面にレビューの星が並ぶじゃないですか。ある程度の数、書き込みがされてると。

でもアップデートすると、これが一旦なくなるんですよね。

 

個人的には、ここで見えるレビュー数が非常に大事だと思っています。

何かをアプリをダウンロードしようとしたとき、真っ先に見るのがここですから。

 

もちろん「レビュー」を選択して、「すべてのバージョン」ってところを押せば出てくるんですけど、普通はそこまでしないですよね。

 

f:id:gevvoihorry:20170210191848j:plain

(ここまで選択すれば書いてます。ここまで選択すれば。。)

 

基本的にiPhoneユーザーなんで、Androidのことは分からないんですけど、多分Androidも同じでしょう。

あくまでも今のバージョンのレビューを表示するっていうのは、ごもっともなことなんですけど、なんらかの形で、今日までのレビューが最初の画面に映ればいいのになと思っています。

 

何度も書きますけど、ここ大事ですよね。マジで大事。

得意なパターンが増えると楽になる

 

プログラミングって特に最初が大変だと思うんですが、あれは無知なのに加えて、自分のパターンを持っていないからなんですよね。

例えばWEBサイトの問い合わせページだったり、アプリの横スクロールアクションゲームだったり、初めて作るときは大変です。

でも一度出来ると、あとは楽じゃないですか。基本的に前のそれをコピペしてイジればいいから。

 

まあこういう自分の得意パターンっていうかライブラリですかね?そういうのが増えると、プログラミングって楽になるし、面白くなると思います。

 

アプリのSNSボタンや広告なんかモロにそうなんですが、一度作ったものを露骨に使い回してるんですよ。

こういう風に自分の得意なパターンを積み上げられるのが、プログラミングのいいことろだと思います。

 

僕はビリヤードが大好きなんですけど、あれは一度出来たことでも練習しないとできなくなります。まあスポーツは全般そうですよね。

でもプログラミングはそうならない。一度出来たことは何度でも出来る。だから素晴らしい。

 

色んなことをやってみて、自分のパターンを増やすっていうのが、僕の楽しみのひとつなんですよね。

スマートなコードを書こうとすると行き詰まる

 

僕みたいなヘッポコだと、プログラミングで行き詰まることがしょっちゅうあります。てか行き詰まってないときの方が少ないくらいで。

んで、どこでそんなに行き詰まるんだろうって考えたんですよ。1〜2時間くらい進展しないことが多々あるんで。

 

そしたら分かりましたよ。

 

スマートなコードを書こうとしたとき

 

なんですよね。

 

今日までやったことのない機能を付けようとかするときに、スマートなコードが分からないって状況、僕には多々あるんですよ。

原始的な力技みたいなコードは思い付くんですが、それだと極端に言えば100行くらい書かなきゃいけないって状況があるんです。

 

ゴリゴリ100行書けば、それっぽく動くんでしょうが、それじゃダメなんです。

メンテナンスも大変になるし、その過程でエラーも山のように出るでしょうから。

 

こういうの、中学生の頃によく感じたんですよね。数学のテストで。

公式が分からないんだけど、ゴリゴリに計算すれば、なんとか答えに辿り着けるぞって状況なんですけど。

 

一発勝負のテストなら、ゴリゴリに行ってもいいんですが、プログラミングってやつは後から必ずメンテンナスが入るじゃないですか。それを考えるとゴリゴリは出来ない。

んで、スマートなやり方をググるんですが、ここで大体行き詰まります。

 

それっぽいのは見つけるんですけど、何をやってるのか分からない。

んで1個1個を理解しようとすると時間がかかるんですよね。

 

まあ結論を書けば、スマートなコードにした方がいいんですよ。

ゴリゴリやってみることもたまにありますが、大抵はスマートなやり方を選んでいます。

 

上記のそれと同様、極端な例なんですけど、原始的に100行書くんだったら、スマートな10行で終わるやり方を学んだ方が、今後の自分のためになると思います。