ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

実に愛くるしい

 

先日リリースしたアプリちゃんたちをアップデート申請したら、仲良くリジェクトされて帰ってきました。いやー、実に愛くるしい。

 

 

これどっちもparental gateってやつを実装してなかったがためのリジェクトなんですけど、子供向けのアプリは、これに引っかかること多いんですよね。

ようは親の同意なしに、外部サイトに飛ばしちゃダメってルールなんですけど。

子供向けのアプリにparental gateを実装してみた - ホーリーのプログラミング日記

 

僕の場合は自分がリリースしてる別のアプリへのリンクに、このparental gateを付けてたんですが、なんでもソーシャルリンクもダメなんですってね。今回初めて知りましたよ。

てか今までは審査通ってたんで、シェアはOKなのかと思ってたらダメみたいです。

 

まあこれはあれですね。審査員がベテランに変わったってことでしょう。

新人のショーンからベテランのボブに変わったと観念して、今シコシコと実装しております。

しかし地味に面倒なんですよね。parental gate。

 

===

 

アプリ作った最初の頃は、リジェクトにめっちゃ怯えてたんですが、最近はいい加減慣れてきました。

ダウンロード数や収益は人に誇れる状態でないのですが、リジェクトの数はそこそこいい線いってる気がします。

まあこれこそ誇ってもしょうがないんですけどねw

 

iOSとAndroid合わせたら30回はゆうに超えてて、50回は行ってないってくらいでしょうか。

ご丁寧に数えるほどアホじゃないんで、正確な数字は分からないですけど。

 

早いところ別の数字を誇れるように精進したいと思います。

「いちねんせいの漢字」をリリースしました。

 

「いちねんせいの漢字」というアプリをリリースしました。これはその名の通り、小学1年生向けの漢字アプリですね。

1年生で習う80漢字が収録されています。

 

いちねんせいの漢字

いちねんせいの漢字

  • Taro Horiguchi
  • 教育
  • 無料


f:id:gevvoihorry:20181211162638j:plain


タイトル画面がありまして。

 

f:id:gevvoihorry:20181211162642j:plain

 

これが学習画面ですね。これをパラパラめくりながら覚えると。

 

f:id:gevvoihorry:20181211162631j:plain

 

んで漢字の読み方テストがあって。

 

f:id:gevvoihorry:20181211162635j:plain

 

書き方テストもある。

 

f:id:gevvoihorry:20181211162646j:plain

 

それらの結果が成績画面に反映されるというわけです。

 

特別何か言いたいことがあるアプリではないんですが、一応リリースしたことを、ここにお知らせしましょうw

 

何度か書いた気がするんですが、ここから6年生まで作っていこうと思います。2〜6までの5本ですね。

ザックリは出来上がってるっていうか、システムはもちろん、UIも大体同じなので、まあ完成してるようなものなんですよ。


駆け足でリリースしていきたいと思います。

時空の歪みじゃな

 

ここ一週間くらいですかね。主にアドモブの話なんですけど、表示されないときがあるんですよ。

条件は決まってて、まだ公開してないアプリ限定なんですけど、どうも調子の悪いときがあります。

 

ずっとテスト広告で作ってて、いざ公開って直前に本番用のコードに差し替えるんですよ。

それで念のために確認するんですけど、そこで表示されないんですよね。

 

まああんま悩んでもしょうがないんで「これは時空の歪みのせいだ」って思うようにしてるんですけど、どうにも気持ち悪いです。

ただそこから3〜4日たってみると普通に表示されるようになってるので、何かが正常になってるんでしょう。

 

今日も同じ現象に遭遇したので簡単にググってみたら、こんな記事が見つかりました。ようは多くの人にリクエストされないと、トラフィックが安定しないらしいですね。

AdMob - Admobの広告配信のトラフィックを安定させる方法はあるのでしょうか?(iOS)|teratail

 

広告配信の内訳を確認すると、
新たにメディエーションにより加えたInmobiとApplovinの表示数もそれなりにあるのですが、
元のAdmobネットワークからの広告の表示回数も伸びましたので、
広告表示開始の直接の原因は、メディエーションをしたからではなく、
「多くの人、異なる場所からダウンロード」された事によるようです。

 

僕のも同じことなんですかね。てか前はそんなことなかったんで、ちょっとモヤモヤしてしまいます。

まあテスト広告は100%表示されるので、あとは時間が解決してくれることなんでしょう。

広告に悩むのはすごい嫌なので、今はそう思うことにしています。

 

P.S.

そう言えばこんなつぶやきを見つけました。

 

 

24時間は様子を見られてるんだとか。とにかく、すぐにアドモブが表示されない人は自分だけじゃないんですね。

 

P.S.2

なんでだか嫁のスマホにはすぐ表示されるんですよ。広告が。

こないだリリースした「にねんせいのさんすう」もそうだったんですが、なぜだか向こうは表示されます。

自分のスマホに出るまでは時差があるんですよね。

 

てかよく見たら、アドモブのサイトにも、そんな記述がありますし。

サイト運営者向けのよくある質問 - AdMob ヘルプ

 

AdMob にアプリを新たに登録した場合、広告リクエストを何度かテストしてから広告枠を運用できるようになるため、実際の広告が掲載されるまでには多少の時間がかかります。

アプリで広告リクエストが頻繁に発生するようになると、広告の掲載精度も高くなります。なお、テスト用広告も実際の広告と同じチャネルを通じて掲載されるので、テスト用広告が適切に返されれば、アプリと広告ネットワークが適切に連動していることになります。

 

個々人の時間差は謎ですが、まあある程度の時間がかかるってことなんでしょう。テスト広告は出てるので、とりあえず心配するのをやめておきます。

虚偽の広告を理由にAndroidアプリがBAN

 

一昨日だったかな?朝もはよからアプリがBAN(削除)されたんですよ。

Androidにのみ出してたアプリで、「友達に借りたゲームのデータ消しちゃった」ってやつなんですけどね。

まあ駄作ですよ。自分で言うのもなんですが駄作です。駄作サウンドノベル。


んで、Googleさんからメールきてたんですけど、どうも「虚偽の広告」があるということでした。

「きみのアプリには虚偽の広告があるね。これいかんよ。ダメ。てかアプリ消しといたから。ちゃお」ってことだったんですよね。

 

んで、メールにはこんな画像が添付されてました。

 

f:id:gevvoihorry:20181209183500p:plain

 

ようはヘッダーに自分のアプリ広告を貼ってたんですけど、これが広告だと明記されてないってことですね。

 

それでみんなどうしてるんだろうと思い「Android 虚偽の広告」でググってみると。

 

f:id:gevvoihorry:20181209183840p:plain

 

なぜだか2位と3位が自分

 

いや、全然忘れてたんですが、虚偽の広告を理由にリジェクトされるのは、これが3回目だったようです。

 

気付けばベテランだったようですが、このスマートな解決法が分からなかったんです。

「広告」っていうラベルを付ければいいんでしょうが、日本語で書くよりも英語で書いたほうが、今後に活かせるのでいいじゃないですか。もうそれで全部通せるから。

 

むーん。英語で広告は「ad」だったかな?これでいいんだろか?しかしまたリジェクトされたら面倒なことになりそうだし、どうしようか?

なんて考えること5分。そいやブログには「Sponsored Link」って貼ってることを思い出しました。

アドセンス広告に付けてるわけですよね。そんなラベルを。

 

なので、アプリにもこれを貼ってみます。

 

f:id:gevvoihorry:20181209184717p:plain

 

右上に小さく貼ってアップデートを送信したところ、無事に通過しました。

 

これがスマートなやり方なのかどうかは分かりませんが、当面はこれでいこうと思います。

挫折する人の99%は意識高い系である

 

最近は意識高い人のことを「意識高い系」なんて揶揄(やゆ)する風潮もありますけど、僕は意識高いに越したことはないと思うんですよ。

自分が意識高いかどうかは置いといたとしても、高く出来るものは高くした方がいいでしょう。

一度しかない人生ですからね。熱く生きるのは、結構カッコいいことだと思います。

 

ただ、意識は高くしてもいいですけど、目標は低くするべきだって思うんですよ。僕は。

「挫折する人の99%は意識高い系である」って言葉、どっかで聞いたことありませんか?

これ僕が今適当に考えた言葉なんで、聞いたことあったらおかしいんですけど、多分そんなことはあるんですよ。意識を高くするからこそ、そこに挫折が生まれるっていう。

 

3日坊主なんていうのは、その典型例ですよね。身の丈を超える目標を掲げたがゆえに、あっという間に挫折する典型例だと思います。

多分なんですけど、世の中の意識高い系には、三日坊主の人多いんじゃないですかね。

挫折を経験してる人は多いと思いますよ。意識高いがゆえに。

 

そんなわけで僕のおすすめは「意識は高く目標は低く」ってやつですね。

最初に書いた通り、意識高くするのはいいんですよ。でも目標まで高くすると、結構キツくなると思います。

 

まあ長期的な目標は、どこまでも高くていいんですが、日々の目標は低いに越したことはないでしょう。

 

毎日の目標を高くする→毎日達成出来ない→どんどん自分に自信なくなる→鬱(うつ)

 

こんなパターンに陥らないように、こうするんです。

 

毎日の目標を低くする→毎日達成出来ちゃう→俺すごい→成功

 

簡単に言えばこんな感じですね。

 

自分のことで言えば、僕は「毎朝ジョナサンに行く」っていうのを日々の目標にしてるんですよ。ファミレスのジョナサンですね。

行って2〜3時間仕事するんですけど、とりあえず行けさえすればOKなんで非常に気が楽です。

たまに寝坊するんですよ。それで30分くらいしかいれなかったりするんですが、それでもOKですからね。朝ジョナサンに行ってればOK。その日は頑張った判定になります。

 

行ってコーヒー飲んで漫画読むだけでもいいんですよ。とにかく朝ジョナサンに行ってさえすればOKの判定にしています。

 

このくらいまで毎日のハードルを下げてると、結果的に継続出来るからいいんですよ。

アプリ開発も大半をジョナサンでやってるんですけど、これ目標が高かったら途中で挫折してると思います。

「いついつまでに〇〇万円稼ぐ」とか「いついつまでに必ずリリースする」みたいな目標ですね。これは僕にとって高すぎる目標なんですよ。

 

こんな目標立てたら挫折するのは間違いないので、とにかく低くをモットーにしています。

 

朝ジョナサンに行く→今日も目標達成→テンション上がる→開発はかどる

 

みたいな感じでしょうか。

 

別に高い目標持つのは個人の自由ですけど、あえて低い目標を掲げるっていうのは、逆にクールでいいですよ。おすすめです。

「にねんせいのさんすう」をリリースしました。

 

「にねんせいのさんすう」というアプリをリリースしました。

これはなんてことのないアプリで、ただただ二桁の計算をすると言うものです。

前に出した「いちねんせいのさんすう」の続編ですね。

 

にねんせいのさんすう

にねんせいのさんすう

  • Taro Horiguchi
  • 教育
  • 無料


f:id:gevvoihorry:20181206162116j:plain

f:id:gevvoihorry:20181206162120j:plain

f:id:gevvoihorry:20181206162127j:plain

f:id:gevvoihorry:20181206162124j:plain


ツール系のアプリをまとめて何本か作りたいと思い、とりあえず学習系を何本か作ってるんですよ。

おらツール系作るだ - ホーリーのプログラミング日記

 

「にねんせいのさんすう」に続き、漢字アプリ6本と英語アプリ1本がザックリ完成したので、これからデザインを載せていこうと思います。

 

しれっと目標であった8本に手が届きそうなんですが、まあ僕が作る学習系は非常に簡単ですからねw

見て覚える学習画面があり、四択問題のテスト画面があって、それらが成績画面に反映される、みたいな。

 

どれだけのニーズがあるかも分かりませんが、今のところ全部小学生向けなんですよ。

息子(小2)という、ちょうどいいテスターがいるので、小学生向けの学習アプリから作ってるって感じです。

 

10本近くリリースして、全部を内部リンクで繋げば、そこそこの数字になるんじゃないでしょうか。分かりませんけどw

 

なにはともあれ、ポンポンリリースしていこうと思います。

 

P.S.

そいや小学生向けのアプリって、広告をビシバシ貼れないのが困りますね。

いや、貼ろうと思えば貼れるんですよ。でも小学生相手にそれはヒドイじゃないですかw

なので、気持ち程度しか付けてません。

 

どこかを一部課金にするとか、何か方法はありそうなんですが、それはまた今度考えたいと思います。

「いちねんせいの漢字」が大体完成しました

 

ツール系をちょこちょこ作ってみようということで、まずは小学1年生向けの漢字アプリを作ってみました。

おらツール系作るだ - ホーリーのプログラミング日記

 

ここ2〜3日暇だったんで、機能的には大体完成しましたよ。

(車を車検に出す用と、QUEENの映画を観に行く用しかなかったんです。。)

 

デザインを載せてないので、見た目はしょーもないですが、とりあえず出来ました。

 

f:id:gevvoihorry:20181129172149p:plain

 

タイトル画面ですね。まあこれはどうでもいいんです。

 

f:id:gevvoihorry:20181129172215p:plain

 

学習選択画面ですね。1年生で習う漢字は80個あるということで、8日間に分けてみました。

8日かけて全部を覚える内容になってます。

 

f:id:gevvoihorry:20181129172411p:plain

 

これが実際の学習画面。背景が白で分かりにくいんですが、漢字、音読み、訓読み、例文を表示させています。

例文を80個考えるのが地味に大変でしたね。

 

f:id:gevvoihorry:20181129172506p:plain

 

んでこれがテスト画面。読み問題と書き問題の2種類があります。これは読み方。

 

f:id:gevvoihorry:20181129172604p:plain

 

テストの結果は100点満点で出ます。んで、復習ボタンを押すと、間違えた問題を復習出来るって流れですね。

やっぱテスト後の復習は大事でしょう。

 

f:id:gevvoihorry:20181129172716p:plain

 

そんなこんなで、自分の成績も分かるんですよ。

 

えー、ザックリこんな感じで出来ました。デバックはまだですが、一応全部動きます。

 

ここからデザイナー (嫁)を召喚し、デザインを載せて、あとはレビューダイアログとかシェアボタンなどなどを実装していけばOKでしょう。

アプリってやつは出してみないと分からないことが多いので、このままサクッとリリースする予定でいます。