ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:11万

Androidアプリが「広告に関するポリシー違反」を理由にリジェクトされた件

 

Androidアプリをアップデートしたら、「広告に関するポリシー違反」を理由にリジェクトされてしまいました。

いや、でもこれ貼ってる広告はずっとAdMobなんですよね。Googleさんが提供する。

 

再審査を受けるための手順なんてものが、送られてきたメールに書いてあったんですが、それの1番がこれなんですよ。

 

選択している広告キャンペーンがアプリのターゲット ユーザーに適したコンテンツのみを表示するよう、広告サービスのプロバイダに確認

 

いや、プロバイダおたくじゃね?って思ってしまいました。

 

それで一応異議の申し立てっていうか、詳しい理由を聞くために問い合わせたんですけど、これどうなるんですかね?

AdMobしか貼ってなかったし、なんなら最初のバージョンから広告関係は一切変更してなかったんで、普通にビックリしています。

 

まあこれ僕の予想なんですけど、年齢制限のそれに引っかかってると思うんですよね。

レーティングでは3歳以上が対象になってるんですが、AdMobの広告ってたまに出会い系みたいなの表示されるじゃないですか。それが原因なんじゃないかと思っています。

 

返答待ちなのは確かなんですが、恐らくレーティングを上げて解決、みたいなことになるのかなと。

 

しかしAndroidのリジェクトはビビりますね。何回も違反してると、容赦なくアカウントBAN(削除)されるなんて噂も聞くんで怖いですよ。

情け容赦の無さはAppleさんを凌駕すると聞いてるんで。

 

他にもこれからアップデートしようと思ってたアプリがあったんですが、とりあえず返答くるまで待っておこうと思いました。

 

はー、リジェクト怖いわー。

ゲームは最初のつかみが大事

 

これを書いてる今日はUnityインターハイが開催されてるみたいですね。詳しくは知らないんですけど、高校生以下の学生が競う、ゲーム開発大会らしいです。それで主催がUnityって感じの。

しかしまあ、ツイッター検索してる限りだと、みんなやべぇっすね。超うまい。

Unityインターハイ2017

 

んで、このUnityインターハイ繋がりで、Unityインターハイブログっていうのがあるんですよ。このブログに超参考になる記事があったので、自分への備忘録がてら紹介したいと思います。

ようはあれです、ゲームは最初のつかみが大事だよってやつですね。

 

ゲームを始めて最初の1分の「つかみ」で人を楽しませる工夫をしよう – Unityインターハイ公式ブログ

操作説明やチュートリアルで初めてプレイする人が迷わず遊べるように心がけよう – Unityインターハイ公式ブログ

 

この「最初の1分で楽しませる」というのはモバイルゲーム(ソーシャルゲーム)やアーケードゲーム(ゲームセンターのゲーム)でも非常に、非常に気を使って作られている。チュートリアルでよくある「今だけゲージを満タンにして大技を使えるようにしたわ!」とか「今だけ強力な助っ人キャラが使えるわ!」とかはまさにこれである。最初に面白いところをプレイさせ、継続してプレイしてもらおうというテクニックだ。 

 

全部大事なこと書いてるんですが、あえて引用させていただくなら、ここでしょうか。めっちゃ適当だけどw

 

いやー、しかしこれは耳が痛い。僕、オープニングが無駄に長いっていう、致命的な欠陥を持ってるので、これは何とかしようと思いましたよ。今回こそマジで。

「タイトル画面での操作がそのままゲーム中の操作になっているといい」って書いてあったんですけど、ちょっとそれを取り入れてみようと思いました。

 

このブログ、何回も見返しちゃうかもしれません。金言に満ちておる。

アハアハ

 

アハ体験的なゲームが出来てきました。てか昨日Appleさんに提出しましたよ。

アハ体験的なゲームを作ります - ホーリーのプログラミング日記

 

f:id:gevvoihorry:20171022160509j:plain

 

これが面白いのかどうかは置いといて、ちょっとしたミニゲームは速く作れるようになったなと思っています。自分としては成長なので、感慨深いですね。

 

あと、ブログに初めてGIFファイルを添付してみました。

これ便利ですよね。動画っぽく出来るんで。

他のアプリ開発者さんたちがGIF貼ってるんで、真似してみた次第です。

(しかし最後の余白っていうか、その辺に失敗してますね)

 

えー、なんだ。書くことないなw

 

あ、そうそう。こういうちょっとしたミニゲームを沢山作ることが、何に繋がるのか、ちょっと興味を持ってます。

いや、普通に考えたら無意味なんですよ。今どき、ちょっとしたゲームが沢山ダウンロードされることなんてないと思うんで。

ただ、それがモノによっては多少ダウンロードされるのかとか、色んなジャンルをちょこちょこ沢山作ることで、自分が成長出来るのかとか、そういうのが気になっています。

 

とりあえずアハ体験は、技術的に学ぶことは何もなかったんですけどねw

 

何だか最近は作りたいアプリが一気に増えてきたので、難しいことは考えずにビシバシ作っていこうと思っています。

ゴーゴーサマーをリリースしました

 

さあさあ、毎週1本のアプリをリリースしていく、One Week Challenge、記念すべき1本目が完成しましたよ。

One Week Challengeを始めます - ホーリーのプログラミング日記

 

ただ、、、

 

Appleさんにはリジェクトされたぞー

 

とりあえずサクッと作れるものにしようと思ってたんですが、「こんな単純なアプリ出すな」ってことで、あえなくリジェクトされてしまいました。

 

えー、そのアプリっていうのがこれです。ゴーゴーサマー。

 


まあこれ非常に単純で、ボタン押すとセミの声が鳴るだけですね。

 

これはAppleさんに通らないぞって思ってたんで、急遽BGMを付け足したんですが、ダメでした。

一応BGMのオンオフと、3曲から選曲出来るようにはしたんですけどね。

「Apple舐めんなよ」って勢いで、門前払いを喰らった次第です。

 

まあまあ、とりあえずAndroidではリリース出来たので、1本目はクリアと思っていいでしょう。

毎週日曜スタートの土曜ゴールってルールにしたので、毎週土曜日に新作アプリを発表していきたいと思います。

自分のアプリをiPadで見たら完全に崩壊してた件

 

たまにAppleさんの審査で、iPadに対応出来てないって言われることがあったんですよ。それを理由にリジェクトされることが。

んで、特に根拠はないんですけど、Unityで画面比率は適当に合わせてるつもりだったんで、何度か再提出してるうちに通ってました。

まあこれ、iPad以外にもリジェクトの理由があったんで、それを直しながら提出してると、いつも間にかiPadもOKなことになってたんです。

 

んで、最近になってふと思ったんですよ。僕のゲームってiPadでどう映ってるんだろうと。

自分では持ってないから、確認してなかったわけです。

 

それで友達に頼んで送ってもらった画像がこれ。

 

f:id:gevvoihorry:20171020195927j:plain

 

か、完全に崩壊しとる

 

なんてことだ。Unityでアプリを作るようになって、早一年弱。僕のアプリは今日までずっと崩壊していた模様です。

 

☆☆☆

 

ただ不幸中の幸いかな、これを見て原因が分かったんですよ。画像の基準点の問題ですね。これは。

 

f:id:gevvoihorry:20171020200229p:plain

 

先ほどの職安へ行こうだけじゃなく、こっちのアインシュタインも崩壊してるわけですけど、これ画像の設定がこんな感じになってたんですよ。

 

f:id:gevvoihorry:20171020200840j:plain

 

左下になってるものがあったわけです。んで、崩壊してるパーツを見ると、どれも左下のものばかりだったので、すぐに気づくことが出来ました。

(SpriteKitでアプリ作ってたときがあったせいか、左下基準の方が分かりやすいときがあるんです)

 

f:id:gevvoihorry:20171020201002j:plain

 

とりあえずこんな感じで真ん中に合わせると、、

 

f:id:gevvoihorry:20171020201348p:plain

 

うん。OK。横に黒帯入るけど、これでいいでしょう。

 

てかキャンバスをこんな感じに設定してるんで、多分横に黒帯入っちゃうんですよね。

 

f:id:gevvoihorry:20171020201557p:plain

 

画像の比率が合わないときに、縦横どっちに合わせるかって項目だったと思いますが、これを縦に合わせてるので、横に帯が出ちゃいますね。

ただ、僕のiPad対応は、現状これで満足です。てか今日まで気付かなかったのがヤバイですね。

iPadはまあいいんですよ。問題はAndroidでしょう。あれって画像の比率がiPhoneのそれと違うものが多いから、結構崩壊してたんじゃないんですかね。iPhoneは5以降、大体同じなんで問題ないと思うんですけど。

 

えー、そんなわけで、ただいま絶賛修正中でございます。

これからはiPadもちゃんと確認しようと思いました。

 

P.S.

そいやいっとき、横の黒帯を理由にリジェクトされてた気がするんですよ。SprieKitで作ってたときに、何度か喰らいましたね。これ。最近はもう大丈夫になったんでしょうか?

UnityでAppleさんのAPIを使ってレビューダイアログを実装してみた

 

iOSアプリのレビューをお願いするときは、AppleさんのAPIを使わなきゃいけなくなったと聞きました。

んで、早速やってみたんですよ。こちらのサイトを参考にさせていただいて。

 

Unity : iOS 10.3以上でレビューダイアログを表示するプラグインを作る - いんでぃーづ

 

とりあえずは出る。表示させるのは簡単ですね。これ。

 

 

ただ、いい感じに実装するのが難しい。

 

何でもこのダイアログは年3回までしか表示されないし、なんならレビューされたかどうかも、今のところ取得できないのだとか。

しかもiOS10.3以上でないと、これが表示されないので、その判定もありますよね。10.3未満に対しては従来のやり方で誘導して、それ以外はこのAPIを使うっていう。

iOS11からのアプリ内のレビュー誘導について - CrossBridge Lab

 

これ僕みたいなポンコツ開発者には、かなりハードルが上がった印象ですよ。

てかこのダイアログ、コメントするところがないんですよ。星評価しか付けられないとかなんとかで。

いやー、なんか改悪な気がします。またしてもAppleさんが暴走してる気がしますよ。これ。

 

まあいずれはコメントも付けれるようになるし、レビューされたかどうかも取得できるようになるんでしょうけど、今のところは結構難しい感じになってますね。

ただ、これ守らないとリジェクトの対象になるって言うんで、ここは厳守しないといけないっていう。

審査適当なのはみんな知ってるところだから、しれっとAPI使わずに出してみようとも思うんですけどね。一度くらい

 

実装に関しての詳しいやり方は、こちらのサイトに書いてあったんですけど、僕にはちょっと難しくて、よく出来ませんでした。

アプリ内でのレビューをUnityで実装【Unity】【iOS】 - (:3[kanのメモ帳]

 

とりあえずは簡単に実装してみて、また時間が出来たときにでも、ちゃんとやってみようと思います。

 

P.S.

そいやレビュー投稿画面を直接開けるようになったみたいですね。10.3未満に対しては、このリンクに差し替えるとよさそうです。

【iOS 10.3】3つの新機能で、ユーザにもっとレビューしてもらおう! | ギャップロ

RPGが作りたいであります

 

新しいゲームを作るときって、今日まで自分がやったことのないジャンルのものに挑戦したいんです。

てか最初の頃は特にそうでした。ジャンルが被らないように意識していた覚えがあります。

なんでそうするかっていうと、それは自分が成長するからですね。

 

一度やったことのあるジャンルのゲームをもう一度作るよりも、まだやったことのないジャンルのゲームを作るほうが、自分の技術力が上がると思っていたんです。

まあ今もそう思ってるので、極力ジャンルが被らないように出してるつもりです。

僕みたいなヘッポコ野郎は技術力が全然ないので、極力上げていきたいんですよ。意識的に。

 

んで、今日まで挑戦したことのないジャンルでやってみたいっていうのがあれ。RPGですね。

これはゲーム作ってるのなら、一度は挑戦したいジャンルでしょう。なんせ王道ですし。

 

ただ、RPGって作るのめっちゃ難しいですよね。てか作り方が全く分かりません。

分からないので、今日まで作ったことがないんですよね。

 

マップの配置もそうだし、そのマップに合わせて動くような処理も、自分にはよく分かりません。

さすがにボンヤリとは分かる気がするんですが、速攻で行き詰まるのが目に見えてるんで、作り始めたことすらない。

だから、RPGの作り方を書いた本が出たらいいなって思います。初級者にも分かりやすい内容で。

 

まあこれ、和尚本の第三弾に期待したいってことですね。くまんぼうさん、お願いしますw

 

 

こんなツイートもあるみたいですが、僕も完全に同意見ですw

 

もしもRPGの作り方が分かるようになったら、最初は脱出ゲームみたいなのを作りたいんですよ。「村八分からの脱出」ってタイトルで。

村があるんですけど、主人公はその村で仲間はずれにされてるんです。んで、色んな人と会話したりアイテムを使って、その村を脱出するってゲーム。

 

「いやいや、それRPGじゃなくて脱出やん」なんて声も聞こえそうですが、普通のRPGは作るの難しいでしょう。

小学生の頃にRPGツクールで遊んでた時期があるんですが、このときにRPGは作るのが難しいなって思いました。

それっていうのはダンジョンですね。ダンジョンを作るのが難しい。複数個のダンジョンを作り分けるのは、かなり大変だった覚えがあります。だから普通のRPGはとりあえず諦めてるんです。

 

村とか街もそうですよね。あれも何個も作るのは難しいですよ。ようはマップを何種類も用意するのが、僕にはハードル高い。

 

ただ、RPGのシステムを使って、何かゲームを作りたいんで、その作り方を知りたいんです。

 

結構色んなもの出来ると思うんですよね。

 

P.S.

今のRPGツクールには、ダンジョンのランダム生成があるらしいですね。ご丁寧にも教えていただきました。

 

 

書き忘れてましたけど、調べたんですよ。僕はめっさ怠惰な人間だけど、RPGツクールのことくらいは調べましたよ。ランダム生成は知らんかったけどw

2ヶ月前くらいにもツクールでやっちゃおうかと悩んでたみたいですが、やっぱ「ツクール」じゃなくて「Unity」でやりたいんですよね。

 

 

ランダム生成は熱いけど。