ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

プログラミング初級者。歴2年。独学。てきとーなアプリを量産しています。現在の総ダウンロード数:7万

子供にテストプレイしてもらうと、自分のゲームが直感的に分かるようになってるのかどうかハッキリするって話

 

自分が作ったアプリを息子(6歳)にやってもらうことがあるんですよ。

ゲームって、直感で分かるに越したことはないじゃないですか。だから文字の読み書きも怪しい息子にやってもらうと、参考になるんですよね。

 

えー、これだいぶ前のやつなんですけど、例えばこんな画面。

 

f:id:gevvoihorry:20170808061452j:plain

 

ここで任意のボタンをしてくれるかどうかって、結構大事だと思うんですよね。

まあこの場合はSTARTしかないようなものなんですけど、ゲーム作ってるとあるじゃないですか。デザイン的に、そのボタンへ誘導するときって。

そんなことの確認をするために、息子にテストプレイしてもらうことがよくあります。

 

自分のゲームが直感的に分かるものなのかそうでないのかって、子供が触る様子を見てると、よく分かるんですよね。

本当正直ものなんで助かってますよ。

 

まあ僕のスマホを持つと、いつもあれですけどね。

 

PPKPばかりやってますけど

 

PPKP

PPKP

  • SHIMADA TOSHIHIRO
  • ゲーム
  • 無料

 

 

いやー、子供って本当正直。お父さんのゲームより、そっちの方が50倍楽しいってことを、よく分かってます。

 

以上、子供にテストプレイしてもらうと、自分のゲームが直感的に分かるようになってるのかどうかハッキリするって話、でした。