ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

調子が悪いときの自分を許してやる

 

ブログを再開して1ヶ月くらいたったと思うんですが、基本的には朝書いてるんですよ。

起きて真っ先にやることが、ブログを書くことなんですが、これ頭の体操になっていいですね。ちょっとしたラジオ体操みたいな感じで出来るのでおすすめです。

 

んで、そうやって毎朝同じことやってると、調子の波を感じるんですよ。

スイスイ書けちゃう日もあれば、なかなか書けない日もあったりして、その日の自分を感じることが出来ます。

 

ちなみに今日は調子の悪い日ですね。ここまで書くのに15分くらい費やしてるので、俄然調子が悪いですw

 

昨日BBQして痛飲したせいか、頭が全く働かない。

「んー、何書こう?何を書けばいいんだろう?むーん、、」とやってたら、15分ほど経過しておりました。

まあこういう日もあるんですよ。そりゃ人間誰しもあるじゃないですか。調子の良し悪しってもんが。

 

んで、重要なのは「調子が悪いときの自分を許してやる」ってことです。

真面目な人ほど、この罠に陥りやすいので注意が必要ですね。

 

例えば「毎日3時間アプリ開発する」って決めたとするじゃないですか。でも調子が悪くて出来ない日もあるんですよ。

そんなとき真面目な人ほど「俺はなんてダメなやつなんだ。。」って落ち込んじゃうでしょう。

これはダメなんですよ。むしろ「落ち込むくらい真剣に向き合ってる」ってことで、評価しないといけない。そんな自分を前向きに捉えないといけません。

 

物事を継続しようと思ったとき、一番重要なのはマインドなんですよ。つまり気持ちの持ちようです。

自分で高い目標を掲げた挙げ句自滅するなんてのは、愚の骨頂。一番やってはいけないのがこれです。

「いいよいいよ。俺よくやってる。今日調子が悪いのは、毎日頑張ってる証拠だね。休むのも仕事のうちってことさ」って感じにならなきゃいけないんですよ。

 

調子が悪いときの自分を許してやる。継続のコツはこれです。