ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:20万

広告怖い

 

あのー、あれですよ。こないだの広告直りましたよ。なんでだかアドモブが表示されないってやつ。

時空の歪みじゃな - ホーリーのプログラミング日記

 

リリース直前に実機で確認→表示されない→無事リリース→それでもまだ表示されない→しかしなぜだか嫁のスマホでは表示される→2日経過→表示された

 

こんな流れでした。アドモブ使い始めて2年くらい経つんだから、いい加減慣れろよって話なんですが、いざ表示されないと不安になりますよね。

てか気付いたんですけど、ちょうど1年前にも同様の現象で悩んでいたようです。

 

むーん。アドモブの動画リワードが表示されないな。テストコードだと100%出るし、なんなら今日まで他のアプリで使ってるコードそのままなんだけどな。なんでこのアプリで出ないんだろ。時空の歪みでも発生してるんだろか。

— ホーリー (@gevvoihorry) December 1, 2017

 

全くもって進歩がないですね。この人。

 

===

 

それで思った話なんですけど、アプリに広告貼るのって、異様に難易度高くないですか?

こう思うのって僕だけじゃないと思うんですよね。

 

サイトとかブログにアドセンス貼るのはめっちゃ簡単じゃないですか。コードをコピペするだけだから。

任意の場所に埋め込んでおけば、それだけで表示されるでしょう。

 

でも、アプリに広告貼るのって、それの20倍難しいと思うんですよ。

まあ20倍は言い過ぎにしても、確実に10倍は難しいと思います。

 

普通みんな思わないですよね。アプリ作ること自体はハードル高いと思っても、まさか広告貼るのまで難しいとは思わないでしょう。

僕は今日まで独学で来てて、人に直接教えてもらったことがないんですけど、今誰かに教えを乞うとしたら、まず聞くのは広告のことかもしれません。それくらい分かってないです。

 

まあだからこそ、広告のことって、今日まで結構後回しにしてたんですよ。

アプリ自体の数字がしょぼいので、ここで広告に力を入れるのは非効率じゃないかと思って。

多分、軍資金10万で株を始めるくらい、コスパが悪いと思うんですよ。

 

いや、もちろんそんな状態で株を始めても、勉強にはなるんですよ。確実に経験値は貯まるでしょう。

でも労力とリターンを考えると、もっと後でいいなと思うんです。

上がるにせよ下がるにせよ、グッと動く感じじゃないと、時間を割く意味がないと思うんですよね。

 

だからアプリの広告も同じっていうか、誰かに教えてもらってサクッと出来るのならやりたいですけど、自分で調べて実装するとなると、かなりの時間がかかることが予測されるので、全然手を付けておりません。

具体的に言えば、以下2つのことをやってみたいんですよね。

 

・Applovinの実装

・AdMobメディエーションの実装

 

これ2つに興味があるんですが、現状は後回しになっています。

時間が出来たときにやってみようかなってくらいですね。

 

===

 

そんなだから今日まで広告ってそこまで触ったことないんですよ。えー、何個だろ?

iAd、Nend、AdMob、UnityAdsって感じの4個ですかね。

 

初めては当時Appleが配信していたiAdを組んだんです。これ「絶対に挫折しないアプリ開発」みたいな本に載ってたんで、そのまま組み込んでみました。

Appleのそれだから、Xcodeから簡単に設定出来た覚えがあります。

 

それでiAdが終了になったんですよ。なので次に手を出したのがNendですね。

ここで最初の挫折を味わいましたよ。インタースティシャルを表示するのに丸2日かかったのは、誰にも言えない自分だけの秘密です。

 

んでNendがイマイチだったので、手を出したのが王道のAdMobですね。

なんだかんだで、これがメインになってます。

 

さすがにAdMobには慣れてて、バナー、インタースティシャル、動画リワードと出せるんですけど、イベントハンドラって言うんですか?あれを取るようになったのは、割と最近だった気がします。

Just make 10からですかね。動画が最後まで見られたのかとか、閉じられたときに他の処理を走らせたりするようになったのは、ほんと最近のことですよ。

 

えー、あとはUnityAdsか。生まれて初めて使った動画広告がこれですね。

これはさすがに実装は簡単なんですけど、どうにもダッシュボード(管理画面)が見づらいので、ちょっと敬遠しています。

 

最初分かりづらいのは、まあいいとしても、UIがコロコロ変わってたんですよね。

慣れたと思ったことに変わってたので、「ふんぬー!!もうええわー!!」って感じであまり使わなくなりましたw

 

収益の発生もAdMobより不透明な感じでしたしね。ちょっと今は距離が出来てます。

 

僕の広告の歴史はこんなところでしょうか。アプリ開発者の中では全然時間を割いてないというか、創意工夫をしてないほうだと思います。

(創意工夫出来ないが正しいw)

 

んでそうそう。アプリをリリースしてると、たまに広告会社の方から連絡くるじゃないですか。「うちでこんな広告やってるんで、よければ使ってみませんか?」みたいな連絡。あれも今日までは敬遠しております。

だっていざやりだしたら、きっと難しいんですもん。「SDKを入れるだけだから簡単すよ」とか書いてるんですけど、そんなことはないでしょう。

 

俺にはそれが難しいのだよ

 

と思いながら、いつもそっとメールを閉じています。

 

仮にSDKを組み込めたとしても、他のSDKとぶつかって上手くビルド出来なくなる、みたいな未来も見えてますからね。

 

ああ、怖い。広告怖いですw

 

めっちゃ怖いんですが、来年からは、もう少しあれこれやってみるんじゃないでしょうか。

 

多分。