ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約60本。総ダウンロード数:50万

可愛く動く is 正義

 

久しぶりにブログをちょこちょこ更新しているわけですが、これいざ書き始めると毎日更新したくなるから困りますね。

何か毎日書けないと、自分に負けた気がするんですよ。

今日まで負け続きの人生だから、別にいいんですが、変な意地が出てきてしまいますw

 

さて、そんなわけで書き始めたわけですが、どうも書きたいことがないですよ。何を書こうか決めずに、ここまで書いてしまいました。

 

えー、どうしよう。。

 

本当はこれ「プログラミング日記」ってタイトル付けてるので、プログラミングであったり、アプリ開発について書いたいんですが、1つ大きな欠点があるんです。

それは僕の技術が大したことなさすぎて、技術記事を書けないってこと。

 

いや、別に書こうと思えば書けますよ。例えばこの世にUnity関連の記事が一本も無いのなら、喜んで書きましょう。

しかし、それは沢山あるし、何なら大御所ブログみたいなのもあるので、全く持って不要なんですよ。

「ホーリーみたいなポンコツ野郎が、どうやってアプリ作ってるのか教えてくれ」なんてニーズも、極少数あるだろうとは思ってるんですが、マジで書くことはそんなにないんですよね。

 

===

 

エンジニアとして働いたことがないので、世間一般の事情を全く知らないんですが、僕は本当に大したことしてないんですよ。

変数、配列、if文、ループ文を使って、適当にコード書いてるだけですね。

もしかしたらProgateの上級コースを履修している人の方が、僕より技術力あるんじゃないでしょうか?そんな感じですw

 

関数やオブジェクト指向なんちゃらも使ってますが、自分でサービスを作り始めた当初は全く使っていませんでした。

僕が初めて作ったサービスは「ビルメンネット」っていう、清掃会社同士のマッチングサービスなんですよ。

 

これはWebサービスで言語はPHPで書きました。

鬼の営業で登録企業数300は超えたものの、あえなく閉鎖してしまったサービスですねw

 

んで、このビルメンネットはフレームワークを使ってないし、オブジェクト指向の概念もないし、関数も気持ち程度にしか書いておりません。

てかPHPのオブジェクト指向なんちゃらを知らないんですよねw

 

さすがに今同様のサービスを作るのなら、俄然スッキリしたコードを書けると思うのですが、常にその場のポンコツテクニックで何とかしてきました。

 

思うんですよ。「コードなんてもんは動けばいい」って。

具体的に言えば「自分の意図した通りに動けばいい」と思っています。

極論ですが、間違いはないでしょう。

 

しかも僕のコードは可愛く動きますからね。よく分からんスパゲティコードを書くのが常なんですが、動きはいつも可愛い。僕のために必死に処理を回してくれてるのが分かります。

 

可愛く動く is 正義

 

これで間違いないんです。

 

P.S.

可愛く動くのは、テキストエディタのフォントをmonacoにしてるのも大きいんでしょうね。あれ丸っこくて可愛いですから。

 

P.S.2

書きそびれてしまいましたが、僕のプログラミングの基礎は「気づけばプロ並みPHP」で身に付けました。

これ「いきなりはじめるPHP」の続編なんですが、マジで基本を身に付けるにはピッタリの一冊だと思っています。

 

気づけばプロ並みPHP 改訂版--ゼロから作れる人になる!

気づけばプロ並みPHP 改訂版--ゼロから作れる人になる!

  • 作者:谷藤 賢一
  • 発売日: 2017/02/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

いきなりはじめるPHP~ワクワク・ドキドキの入門教室~

  • 作者:谷藤賢一
  • 発売日: 2011/12/09
  • メディア: 大型本
 

 

速い人なら2冊やって1ヶ月かからないくらいじゃないですかね。

実際に開発してるときも、何度も見返したので、本当にボロボロです。途中のページが外れて抜けちゃうくらいは読みました。

 

んで、スマホアプリ開発は、主に和尚本で行っています。

「いたのくまんぼう」さんこと、和尚さんが書いた本ですね。

これも2冊あるんですが、どちらもボロボロになるくらいは読みました。

 

UnityではじめるC# 基礎編

UnityではじめるC# 基礎編

 
Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

 

 

学習のためだけに読んでる時間は短いんですけど、いざアプリ作り始めると、何度も見返しちゃうんですよ。本当に大事なことばかり書いてあるんで。

 

えー、僕の技術の半分は上記の書籍で出来ています。

あとはひたすらググって仕入れてきた感じですね。

 

買って読んだ本のあれこれとか、プログラミング学習始めた当初の話は、下記リンクにまとめてあります。

「これからプログラミング学んでアプリ作るどー!!」って方には、何かの参考になる、、、かもですw