ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

自分用に好き勝手作る

 

自分が使うものくらいは、自分で作るのがいいと思うんですよ。まあ程度の問題にもよりますけどね。

例えば「日々の経理業務を簡単にするために会計ソフトを作る」なんていうのはやりすぎです。そこは大人しくfreeeでも使っておけばOKでしょう。

また「家族との会話をオリジナルのメッセンジャーツールでやろう」っていうのもやりすぎです。そこは普通にLINEでも使ってください。

 

僕が言いたい自作は、もっと簡単に出来るものですね。具体的には、最近体重管理アプリを作ったんですよ。とりあえず自分用に。

これ「売れる・売れない」は関係なしに、自分が使うものだから自分で作った次第です。

 

思うんですよ。自分で使うものこそ、一番創意工夫が出来ると。

 

自分で使ってるだけあって、細かい不満や機能への要望も沢山出るじゃないですか。

それらに対応してるうちに、色んなことが出来るようになってると思うんですよね。

 

公開するしないも自由なんですけど、ある意味ユーザーが自分1人しかいないって状況は最強じゃないですか。

バグ出し放題だし、当然デザインも気にしなくていいので、色んなことをガンガン試せるときだと思います。

 

ユーザーのニーズから逆算してモノを作るのも楽しいんですけど、こうやって自分に必要なモノを小さく形にするのも、僕は楽しいと思います。

 

好き勝手に作れるってところがいいですね。すごく好きです。