ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

個人アプリ開発者。プログラミング歴3年。独学。現在の総ダウンロード数:15万

アプリ界の王者Voodooがヤバイ

 

しかしApp Storeの無料ゲームランキングを見るとVoodooがすごいですよ。

ごいすー、でございます。

f:id:gevvoihorry:20180621193618p:plain

f:id:gevvoihorry:20180621193641p:plain

赤枠のゲーム、これ全部Voodooのそれですね。

1位はもちろん、10位圏内に3本も入ってますからね。マジでヤバイっす。

 

f:id:gevvoihorry:20180621194202p:plain

 

しかとVoodoo書いてあります。

 

んで、このVoodooなんですけど、調べてみたところフランスの会社らしいですね。

全世界で注目されているゲームパブリッシャー「Voodoo」とは? | スマホアプリのカスタマーサポート代行のアディッシュ

 

現在、スマートフォンゲームアプリ業界で注目されているゲームパブリッシャーの1社は、フランスの「Voodoo」社。2017年11月、Apple App Storeの全世界ダウンロード数で、「Google」に次ぐ第2位のパブリッシャーになっており、ゲームパブリッシャーではダウンロード数世界第1位です。

 

ダウンロード数でGoogleに次ぐ2位。ゲームパブリッシャーとしては1位ですよ。

 

んで、この記事読んで知ったんですけど、Voodooって自社では開発をしてないんですね。

 

「Voodoo」社は、本年5月から11月の7ヵ月間で、ダウンロード数100万を超えるゲームを8アプリ誕生させています。
これは現実的にあり得るのでしょうか? 大手のパブリッシャーでしかできないはずです。
では何故スタートアップの「Voodoo」にはできるのでしょうか? それは「Voodoo」社はゲームを開発していないからです。「Voodoo」社は、ゲームを開発しない代わりに、世界中のゲーム開発会社とコンタクトし、彼らが開発しているゲームを大量に収集して、それを分析・改良し「売れる」ものだけをリリースしています。これにより100万ものダウンロード数を達成できるゲームアプリを、短期間で多数リリースすることが可能となっています。
それを裏付けることとして、「Voodoo」のウェブサイトのトップページは「We help you create a hit game (SEND YOUR GAME)」(弊社は、貴社がヒットするゲームを作ることをお助けします。貴社のゲームを送ってください)となっています。

 

売れるゲームを探して、それリリースするのに徹してるんだとか。

 

んで、なんでVoodooのゲームがここまでダウンロードされるのかっていうと、これって広告の効果が非常に大きいんじゃないでしょうか。Voodooゲームって動画広告でよく目にしますよね。そんなことないですか?

Applovinの坂本さんもそう言ってるんで、多分間違いないんでしょう。

 

 

僕、言われるまで気付かなかったんですけど、Voodooゲームって基本的に無音なんですね。とりあえずリリース直後はそうなってることがデフォルトらしいです。

NASPAPAさんが、そのへんをツイートしていました。普通と逆だって。

 

 

いや、Voodooは勉強になることが多いですよ。とりあえずVoodooゲームは一通りプレイしてみようと思っています。

 

P.S.

Voodoo、ゴールドマンサックスから、200億円調達してるんですね。先月末に。

ゲームのブードゥー、ゴールドマンが出資 - NNA EUROPE・フランス・マスコミ・出版・広告

 

坂本さんからのリプで知りましたよ。

 

 

自分でVoodooに関すること書いといてなんですけど、もうどこへ行くのか分かりません。

 

この会社、どこまで行っちゃうんでしょうね。