ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:20万

ダメシェフ

 

昨日ハップさんの新作アプリをやってたんですよ。ホーム乱太郎ですか。

 

ホーム乱太郎

ホーム乱太郎

  • hap Inc.
  • ゲーム
  • 無料

 

これがいちいち気持ち良かったんですよね。

色んなピッチャーが投げてくるボールをホームランにするゲームなんですが、その手触りが気持ち良すぎました。

 

タイミングちょっと早めで打つと引っ張って、ちょっと遅めだと流し打ちになる、とかもあるんですが、そんなところではなく、もっと基本的な部分が気持ちいいです。

成功すると「SUCCESS」って文字が出るんですが、こういう文字の出方ひとつ取っても気持ちいいんですよね。

普通にパッて出るのではなく、軽いアニメーションがされてるんですが、それがいい。「いいな~、すごいな~」と思いながら触っておりました。

 

思うんですけど、こういう手触り感を出すのって難しくないですか?

料理に例えて言えば、調味料みたいなものだと思うんですよ。

素材そのままでもいいけど、ちょっと塩振るとさらに美味しい、みたいな。

 

僕料理しないから、適当に書いてるんですけど、まあそんなもんでしょう。

 

そのアニメーションを真似することは出来るんですよ。

誰かのアプリを見て、同じようなアニメーションを実装することは出来ます。

当然のように全部じゃないですけど、簡単なものは何でも出来るでしょう。

 

ただ、それをどこで使うのかが分からないんですよね。

例えば何かひとつ処理があって、「ここはこういうアニメーションにすると、もっと気持ちいいだろうな~」って考えが出てこないです。

 

料理に例えるなら、塩コショウしたほうがいいのか、それとも醤油かけたほうがいいのかが分からない、みたいなものです。

なんなら、あえて何もかけない方が美味しいのに、そこを下手に味付けしちゃって、料理を台無しにするダメシェフですよ。

僕はアプリ界のダメシェフなんです。

 

だからそういう味付けというか、より気持ち良くなる処理が出来るようになるといいですよね。

今は全然出来ないので、これから勉強していかなければいけないなと思います。