ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター。プログラミング歴4年。独学。リリース本数:約30本。総ダウンロード数:20万

ヤーバドゥバドゥ

 

筋肉番付なのかな?そんな番組あったじゃないですか。

多分その番組なんですけど、ビリヤードの種目があったんですよ。

難しい配置9個をクリアするみたいな。

 

それにビリヤードの神様と言われるエフレン・レイズ、また世界最強のプレイク野郎であるフランシスコ・ブスタマンテが挑戦する回があったんですが、その動画が最高すぎました。

ビリヤードしない人でも全然楽しめる内容なので、ぜひとも見ていただきたいですね。

2人ともフィリピン人なんですが、とにかく陽気すぎる。言葉選ばずに言えば、アホ丸出しなんですよw

 

www.nicovideo.jp

 

 

www.nicovideo.jp

 

エフレン・レイズって、フィリピンではエフレン・バータ・レイズって呼ばれてまして、そのバータっていうのはエフレンのあだ名、「子供」って意味なんですよ。確か。

この動画見てると、それが思いっきり分かりますね。キュー持って構えてるときの表情と、それ以外のときのギャップがありすぎる。

マジで世界最強の男だし、生きる伝説と言っても過言ではないんですが、これはアホですね。

 

ちなみにフィリピンでの知名度も半端じゃないので、日本にいるフィリピンの方に聞いても全員が知ってると答えます。

個人的にはステージ4での奇声が最高でしたね。あれぞエフレンw

 

んで、もしかしたらエフレン以上にアホ全開だったのが、ブスタマンテ師匠ですよ。

異次元のブレイクショットと、独特のストロークを持つ師匠ですが、これも期待を裏切らない。

 

ヤーバドゥバドゥ

 

ですよ。ヤーバドゥバドゥ最高でしたね。

フィリピン語で絶好調のことらしいですが、師匠が連呼してました。

 

ほんとビリヤード知らない人でも楽しめる動画ですし、何か辛いことがあったときに、見返してもらえると幸いです。

どれだけ落ち込んでても、これ見たら元気になるでしょう。

 

===

 

僕はビリヤードが好きで、元々ビリヤードばかりしてたんですが、世界No.1とNo.2が上記の2人なんですよ。

今は歳も取ったから、そんなことはないんでしょうが、一昔前はそうだったんです。

 

んで、やっぱ思ったわけですよ。自分が好きなビリヤード、その世界のトップにいる人たちが、こんなにも楽しそうにプレイしてて良かったなと。

いや、そりゃ試合では真剣だし、あまりふざけた表情をすることありませんが、それでもめちゃくちゃにビリヤード好きなのが分かるんですよね。

(2人ともたまにふざけてます)

 

物事何でもそうですけど、本気でやろうとすればするほど、ピリピリしがちじゃないですか。

でも、本当は楽しんでやったほうがいいんですよ。

楽しむことが上達への近道なんだなと、この動画を見て改めて思いましたね。

 

だからプログラミングで言えば何だろ。あれですよ。

マジでくだらないゲームとか作ってると、上達するでしょう。

 

特に始めたての頃は、つい肩に力が入りがちなので、そこはバカゲーなど作って楽しんだ方がいいと思います。

「世界を変えるプロダクトを作りたい」とかでもいいんでしょうが、初期の頃におすすめなのは俄然バカゲーです。

 

ヤーバドゥバドゥですよ。ヤーバドゥバドゥ。

 

楽しんだもの勝ちってことですね。

 

ヤーバドゥバドゥ。