ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

アプリに柔軟性を持たせる

 

主にツール系なんですが、アプリには柔軟性が大事って話です。

 

あれは半年くらい前かな?韓国語アプリを使ってくださってる方からの問い合わせで、柔軟性の大切さを知ったんですよ。

「単語で覚える韓国語 - ハングル勉強アプリ」をApp Storeで

単語で覚える韓国語 - ハングル学習アプリ - Apps on Google Play

 

僕のリリースしてる韓国語アプリって、単語学習アプリなんですよ。んで全単語に音声が付いてます。

基本的には音声を聴きながら発音まで勉強してもらいたかったんですが、一応読み仮名を付けてました。

これ日本語でもよかったんですが、英語の読み仮名を付けてたわけです。

 

f:id:gevvoihorry:20220410060425p:plain

 

妻が韓国人なこともあって韓国語に触れる機会は多いんですが、日本語の読み仮名は具合が悪い。ようは実際の発音と近くないんです。

それなら英語の方が俄然近いので、英語を採用しておりました。

読み仮名で発音を覚えること自体ナンセンスだけど、あえて付けるなら英語がいいと思って、そうしてたわけですね。

 

日本語表記の問い合わせも多かったんですが、英語表記を採用してる理由なども、アプリに明記しておりました。

んでそんな風にやってたんですが、半年くらい前に一件のお問い合わせが来ました。要約すると、こんな感じ。

 

日本語の発音が違うのはみんな分かってる。でも英語だと読みづらいユーザーがいる。日本語と英語、両方用意して選べるようにすればいい。頑固に英語のみとしててもユーザー減るよ。

 

これは衝撃でした。そうか、両方用意して選んでもらえばいいんだと気付いたんですよ。目から鱗が3枚落ちた瞬間です。

 

僕それまで変なこだわりを入れてたんですよ。自分のアプリに。でも選択肢を多く設けて、あとは選んでもらえばいいと気付きました。

これ他の開発者さんなら当たり前のことかもしれませんが、僕はやっと最近気付きました。そうか柔軟性か、と。

 

それから着手したのは、色んなツールに選択肢を多く入れることです。

例えば競馬収支アプリなら、今月やら今年やらの収支をチェックするじゃないですか。

今月いくら勝ってるかとか、今年トータルでどうなってるかとか。

 

f:id:gevvoihorry:20220410060600p:plain

 

でも僕は選択期間を多く設けてなかったんです。具体的には以下のような感じでした。

 

・今月

・過去7日間

・過去30日間

・過去90日間

・過去180日間

・過去365日間

 

これをこんな風に変更した次第です。

 

・今日

・昨日

・今月

・今年

・過去7日間

・過去30日間

・過去90日間

・過去180日間

・過去365日間

・全期間

・カスタム

 

画面でいうと、こんな感じです。

 

f:id:gevvoihorry:20220410060550p:plain

 

カスタムっていうのは、自分で任意の期間を入力できる仕組みですね。

AdMobでもあるじゃないですか。例えば去年の3月15日から、今年の1月25日までデータを取れる機能が。それもアプリに加えました。

 

それまで選択できる期間はシンプルな方がいいと思ってたんですよ。アプリによっては過去30日と90日のみでしたし。

でもたくさん設けて選んでもらえばいいっていうことをするようになりました。

その結果、選択期間に関する要望は、ほぼゼロになりましたね。

 

とにかく柔軟性。ラーメン屋の調味料のごとく、テーブルにあれこれ置いとけば、お客さんは自分の好きなようにやってくれます。

僕、家系好きでよく行くのに、選択肢の重要性には全然気付きませんでしたよ。

 

あの日、問い合わせしてくれた韓国語ユーザーさんには、めちゃくちゃ感謝しております。