ホーリーのプログラミング日記

ホーリーのプログラミング日記

エキセントリック・スーパーアプリクリエイター / アプリ総DL数 約130万 / 全然分からない 俺は雰囲気でアプリを作ってる / iOS : apple.co/3m3HxSm / Android : bit.ly/3ma0liZ

本気出せば3割増しの余裕

 

人生でも恋愛でもそうなんですけど、余裕って大事じゃないですか。

余裕があるだけで安心して生きられるし、余裕があるだけでモテるってものでしょう。

実際にあるかないかは別として、そういう雰囲気をかもし出すだけで上手くいくことってあると思うんです。

 

んで、アプリ開発における余裕といえばあれですよ。「収益化の余白を残すこと」だと思います。

もうガリガリに収益化してもいいんですけど、あえて余白を残すんですよ。それが自分の心の余裕に繋がり、ひいては楽しい開発ライフに繋がると思っています。

 

限界近くまで収益化してるにも関わらず、大して稼げなかったらショックじゃないですか。それでアプリ開発が嫌になることもあるでしょう。

そこでノーマネタイズとは言いませんが、収益化を緩くするんですよ。余白の部分を残してあげるんです。

するとあら不思議。心に余裕が出たわ。ってことになりますから。

 

その気になれば、俺はいつだって収益3割増しにできるんだって余裕。これ非常に大事ですね。

 

まあ

 

実際にその気になっても、3%くらいしか増えないんですが

 

この余裕こそ大事だと思います。

 

常にレッドゾーンまでエンジン回してたら、運転に余裕が持てないでしょう。

むしろそこまで回さずに落ち着いて運転したほうが、結果速いまでありますからね。

アプリ開発も同じようなとこあると思うんです。

 

まあ本人が気付いてないだけで、すでにレッドゾーン入っちゃってるってこともあるでしょう。

いざ本気でマネタイズしようとしたところで、エンジンは限界、何なら煙出してバーストする、までありますよ。

3%増しどころか、全てを失う可能性もあるんですが、なにはともあれ余裕が大事って話です。

 

本気出せば3割増しにできるんだぜ〜。

 

これですよ。これ。実際には3%も増えないんですが、このマインドセットが重要だと思います。